天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

ウィーンフィル室内楽〜オペラを謳う

19日、以前から楽しみにしていたコンサート、ウィーンフィル室内楽」を聴きに行ってきました。私は音響に関してそれほど熱心ではなく、とにかく聴ければ良いと言うタイプの人間なので、最安値のステージ後ろ側で聴きました。

 

全体を通して、弦楽器の方々が奮闘しておられました。プログラムはウィーンフィルや国立歌劇場とのご縁がある(あった)作曲家が中心でした。R.シュトラウスワーグナー弦楽合奏は非常に良かったです。

 

室内楽に抵抗がある方、生の良い演奏を聴くと楽しさがわかると思います。録音だと奏者のかけあいが見えないためつまらない曲も、生演奏に接してはじめて面白さを発見できるかもしれません。ボーイングによる音色の違いや、長〜〜〜く伸ばす音(保続音だけではなく)を受け渡すことによって、奏者による音色の違いをアピールしていたりなどなど・・・いろんな気づきが得られます。

 

私も得るものがありました。R.シュトラウスワーグナーのオペラや声楽作品の数々をもっと勉強すべきと感じました。私の大好きなカルロス=クライバー氏もR.シュトラウスの良き録音を残してくれていますしね。今はカラヤンのしかもってませんが、こいつを売っぱらって、クライバー氏のCDを買おうかと画策中。別に売っぱらわなくても良いのですが、CD置き場が広くなるというけち臭い考えなのです。

 

ワーグナートリスタンとイゾルデという名作がありますけれど、この作曲家が調性崩壊を意識して、前衛的作品にしようと思ったのではないと、感じました。半音階的進行やエンハーモニック転調なぞを、使わなければ表現できないテーマを描きたかったんですね。どこかで読んだ覚えがあるのですが、彼はトリスタンを理屈抜きで書いたとか。

 

だからアーティストなんだと思いました。私は結構思い詰める部分がありまして、演奏会でも、考え事をしながら聴いております。音の洪水に思い切り身を委ねることはできないタチなのです。

 

前置きはこれくらいにして、演奏会の覚書を記しておきます。

 

R.シュトラウスカプリッチョ弦楽六重奏

シュトラウスウィーン国立歌劇場音楽監督も務めていたそうでございます。コントラバスの方が、日本語で説明されておりました。

 

美しい曲でございました。弦楽器の音色と曲があっており、夢のようなサウンドが流れておりました。弦楽器が6個もありますと重厚な響となることが多く、私だけかもしれませんが、耳が疲労します。しかし、音色の甘やかさがこの曲を引き立てておりました。1曲目から別世界にきたような感覚です。

 

ワーグナーローエングリン前奏曲

この曲は第二バイオリンの方々で演奏されました。お一人はビオラと持ち替えでした。

アレンジが秀逸でございました。最初に記しましたように、長い音符を一人で弾ききらないで、何人かで受け渡していくこと、加えてユニゾンで音を重ねる。ビブラートのかけ方も個々で違うため、立体感が生まれておりました。

 

他にボーイングの違いによる音色の変化など、繊細なアレンジだと思いました。

 

ワーグナー「ヴェーゼンドンク歌曲集」より 夢

歌の部分をヴァイオリンでとり、バックは室内合奏でした。私、今トリスタンとイゾルデの全曲を勉強中なのですが、この曲には大いに共感を覚えました。はトリスタンと並行して書かれた曲であり、トリスタンの習作と名付けられているとか?

 

こちらの歌曲集も勉強します。

 

他に、ビゼーカルメンコントラバス4重奏、バーンスタインのウエストサイドストーリーより、「シンフォニックダンス」を打楽器アンサンブルなど。他には、演奏家の作品も2曲。演奏家の作品についてですが・・・ショパンのようなスピリチュアルな作曲家はおいといて、多くは演奏することが中心となっているように思います。(曲主体ではない)今回もウィーンフィルの団員を指導されていたというチェロ奏者の作品がありましたが、違和感を覚えました。

 

ショパンやリストは何か目に見えないものの力のバックアップがあったのかもしれません。私の思うスピリチュアルとは、ふわふわした非現実の世界ではなく、夢が現実になることだと思っています。巷に溢れるスピリチュアルカウンセラーのような世界ではありません!!

 

ショパンなどは、天の啓示を音にしていった部分もあると強く、感じます。特にエチュードは、凡人では書けません。リストも日本では軽視されている部分もあるけれど、後期の作品や宗教音楽は格別なものです。

 

音を扱う人は、天からの啓示を得られるか得られないかによって、違ってくると私は思います。ワーグナーも天からの啓示をいただいた方だと思っています。

 

そういえば、ワーグナーの奥さんはリストの娘さんでしたね。リストの娘さんは、クラマービューローの作曲者の奥さんだったのに、ワーグナーにしてやられたんですね。明治時代にリストがまだご存命であったことを考えると、ワーグナーにもリストにも親しみを感じます。

 

上記のように、種々雑多なことを思い起こさせてくれるコンサートでした。

 

 

 

 

 

 

 

薄利多売、厚利少売

 最近CDを売却する機会がございました。一枚は昔付き合いのあった美人演奏家のCD。中古と言いましても、1度拝聴させていただいただけで、傷も汚れもございません。定価は約¥2000でした。

 

内容的には有名曲をイージーリスニング風にアレンジしてあるもの。映画音楽やクラシックの名曲ですね。これらをベースとピアノとパーカッションをバックに、フルートで演奏しております。

 

ちなみにこの方はメジャーレーベルで長く活動されておりました。全国でお名前が知られているかどうかはわかりませんが、横浜、湘南地方では有名で、コンサートをやれば黒字になることも多かったと伺っておりました。(過去形であるのは、現在はわからないからです。)

 

メジャーレーベルでやれていたということは、お客さんをもっているということだと思います。メジャーでやるには、癖がなく一般受けして、しかも美形の方が向いているのではないでしょうか?彼女はこの3点にあてはまっていました。

 

もう一枚は、ゲームミュージックのCD。こちらは全くの新品で、定価は¥3000でした。このCDは私も一枚噛んでおりましたが、今は制作会社とのつきあいがなくなってしまい、タンスの奥に眠っておりました。

 

このゲーム会社は極小でマイナーです。一般の方はまずプレイしないような、いわゆるマニア向けのゲームを作り続けていました。根強いファンがついていて、イベントをやれば全国津々浦々から、駆けつける賑わいであったことを、覚えています。

 

ゲームがゲームですので、毒々しい音楽を求められたことを覚えています。私にとっては困難を極める仕事であったことを忘れることができません。

 

さて、この二枚のCD。どちらが高値をつけ、すんなり売却できたでしょうか?ご想像どおり、ゲームミュージックのほうが超高値をつけて売却でき、美人演奏家のCDは値下げし尽くしても、今だに売却できておりません。

 

美人演奏家のCDは広く一般を対象としているために、音楽に詳しくなくても多少は手にとってもらえるような構成になっています。ただ、私が拝聴したところ、クラシックの大衆化を狙いすぎているのか、無理なアレンジが多いように思いました。

 

西洋クラシックは難しいから、砕けたスタイルにしたら売れるのではないか?とでも思われたのでしょうか?

 

ちなみに私は最初500円に設定しましたが、無理そうなので現在は300円に設定しております。それでも全く動きがございません。このCD、アマゾンやヤフオクに中古がたくさん出ていますが、あまり動いておりません。売却自体難しいCDなのかもしれません。

 

ゲームミュージックのCDの売却価格は、¥30000強でございました。ヤフオク、メルカリでも¥40000近い値段で取引されておりました。マニア向けで、希少価値のある物は大変強いと感じました。

 ----

上記を音楽のお仕事にあてはめてみましても、同じようなことが言えると思います。薄利多売(一般向け)は大手向き、厚利少売(マニア)は個人の商売向きと考えます。

 

個人の場合、客を増やすには限界があると思います。たとえば100人のライトなファンがいたとして、その中の数人(場合によっては1〜2人)が根強いファンになってくれるのです。その根強いファンに向けて、あなたでなければ作れない音楽を、ある程度高額な値段で(値段以上の内容)提供することが音楽で生きていく秘訣ではないかと思います。

 

これは、絵でも他のアートでも同じことが言えるのではないかと、考えます。

 

今年、ある個人の方から編曲を依頼されまして、値段交渉をいたしました。私が思っている値段では、(個人の方なので)高いのではないかと、値段を低めに設定して交渉しましたところ、「もう少し払っても良いから、ベストな物を作ってほしい」とおっしゃいました。

 

とてもありがたく受け止めました。

 

このお仕事により、割の合わない仕事を請けてはストレスを溜めていた自分が、間違っていたことに気づきました。加えてNOと言えない自分にも大いに落ち度があったことを反省いたしました。

 

このような経験と最近始めたマーケティングの勉強により、多少は賢くなったように思います。

 

くどいようですが・・・個人で音楽活動をやるには、安売りしては良いことはありません。そのためにはクオリティ重視であることはもとより、どこにもない個性が求められます。少数でも良いので、あなたをずっと応援してくださる人を楽しませることが、成功への近道だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして

音楽創作活動を30年以上も続けてまいりました。自作品を主流とした活動に切り替えるために、七転八倒、紆余曲折の連続が約8年間。この間毎日が自問自答の日々でしたが、2018年秋に入ってから、ようやくはっきりした方向性を見出せたことを記念して、Hatena blogを立ち上げることにいたしました。

 

FC2でもいくつかblogをやっております。過去にはあまり良き思い出がなかった、教育用作品への愚痴めいたことが多く、また自作品を世に出そうとすれば、何かしら邪魔が入り、予告が嘘になっていた部分が多かったのでした。

 

FC2は存続はするものの、メインはこの「天空の縁側」とし、新たな切り口でやっていくことにしました。天空の縁側とは、天空と地上をつなぐ入り口とでもいいましょうか?タイトルに似つかわしい、スピリチュアルと現実とをつなぐような記事も書いていきたいとの思い・・・西洋クラシックの楽曲ならば、よくある学問的楽曲分析ではなく、作曲家の内面を想像し音と結びつけるような読み解きをして、みなさんに楽しんでいただきたいと思っています。

 

最近になって、私はスピリチュアルな部分を自覚するようになりました。理屈より感性が先走るとでもいいましょうか?それは持って生まれた体質であり感覚だと思っています。

 

過去には意味をつなげたり、四角四面な部分を意識して押し出していましたが・・・どこかぎごちないところがありました。自分らしさを前面に出し、自由に生きることが楽なのではないか?と思ったのです。

 

こちらではかつてのとらわれ(過去への執着)を除外し、新鮮な気持ちで書き綴っていく所存でございます。何やら堅苦しい挨拶になりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。