天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

個人レッスン再開、3ヶ月経過

f:id:mizuki-shiro:20200904002050p:plain

今年はコロナの影響で約束をしていても予定通りスタートできないことがありますね。猫目石一家も同じでして、個人レッスンの依頼を受けて3ヶ月遅れの6月からのスタートとなっています。スタジオを借りてのレッスン予定でしたが、よく消毒できてなくてうつれば大変なことになりますので、おおいちょう(猫目石自宅)で、暫定的にレッスンしております。

さて・・・趣味で楽器を習うといっても、さまざまなレベルがありますね。

  • おけいこごとの範囲で済ませたい
  • 他人に聴いてもらうために、立派な演奏を目指している
  • より高度なレベルまで、引き上げたい
  • なんでもいいから楽器をかき鳴らしたい(ストレス解消)

 

猫目石一家では、趣味であってもより高いレベルまで引き上げたい できうる限り良き演奏を望んでいる・・・ などなど、向上心溢れる方は歓迎です。今までは間口を広くしてきたことが、教えることから撤退する原因であったと思います。ごくごく少人数で本当に勉強したい人に向けてのレッスンを続けていきますよ。こういうのって、深夜の猫族の集会のようですな・・・

さて、前置きはこのくらいにして、猫目石のレッスン、アドバイスの一部をご紹介いたします。

 

暗譜が不得意

第一に譜読みの方法を変えることです。一音一音しらみつぶしに拾い、センテンスとして捉えていないために、読譜も遅く、いつまでも覚えられないのではないでしょうか?できれば、最初から暗譜しつつ、前に進めていくことを推奨しております。

第二に曲の構造を知ることです。大抵覚えるのが苦手な方は、フレーズや転調など、全く意識せず弾いておられるようです。どこに区切りがあるか?文章と同じく、曲にも段落があります。段落の切れ目(フレーズ終わり)まで覚えて弾くこと。このような練習を積み重ねます。

そのためには、楽曲分析理屈を耳に結びつける修練が大切と、猫目石は考えております。

 楽曲分析には基本的知識が必要

楽曲分析を行うには、まず音楽の文法である楽典の知識が必要です。楽典も書籍を読み、覚えるだけではなく、音を出し聴くことを中心にレッスンを進めておりますよ。

楽典では、音程 音階 調性 転調などに関して、実際の楽曲を観つつ、進めます。われわれはそのためのピアノのレッスンと考えております。最終的には生徒さん独自のアレンジをやることになりますので、かっちりと曲を仕上げられなくても構わないと思っております。つまり、ピアノのレッスンは、曲を知ることによって引き出しを広げる目的ですね!

楽典を完璧にマスターした後、ハーモニー(和声)に入ります。こちらも音を出し(譜面を離れてピアノで弾く)、聴くことを中心に展開していきます。その後は対位法他についても、勉強し、だんだんと自分独自の分析ができるようになっていきます。

独自の分析=独自の演奏 創作につながっていくのです。

 

独学でやってきたが・・・

独学=音楽書を読むことと考えている方は多いでしょう。本を読む能力は必要ですが、音楽は感覚の世界ですので、耳の力がもっと大切です。耳の力=音をコピーする力ではなく、心の耳で判断する能力です。心の耳を育てるには、とにかくピアノで音を出し、聴くことです。

ここまで独学でできる方は、生まれもった何かがありますが、いかがなものでしょうか?

独学でやってきて、ご自身がどの立ち位置にいるかはわかりにくいでしょう。そのためには、一度、本格的に勉強したどなたかにみていただき、方向付けしていただくこともよろしいでしょうね。

西洋クラシックについては独学は難しいと思います。モーツアルトでさえ、師匠についたと言われています。天才でもないわれわれは、やはり、ご自分の求めているものと合致できる先生につくべきですね。

遅々として進まないのは・・

 昔は全く気づかなかったことですが、教える側の意図が理解できず、そのままやりすごしてきた方も多々おられること。この原因は、基本の「き」をはしょってきているからです。たくさんの良き師匠についても、言われたことの本当の意味がよくわからず、言葉尻だけで判断してしまう・・・この繰り返しで長年過ぎてしまった・・ということでしょう。

音楽用語を例にあげれば、in tempo など。われわれは無意識に使っていますが、先生によっては全くお使いにならない方もいるのでしょうか?もしくは「in tempoってわかりますか?」と尋ねつつ、レッスンを進める先生ばかりではないのやもしれません。

この極めて簡単なことでもおろそかにしていれば、土台を作ることができません。一見つまらないことをいかに大切にできるか!

遅々として進まず、堂々巡りであれば、一旦今までの方法をリセットし、脳をリフレッシュすることです。このように記しますと大げさすぎるように思われるかもしれませんね。しかし、まっさらなご自分になり、一からスタートすれば、隠れた能力に気づかれるやもしれません。何事も原点回帰ですね!

 

レッスンについては今後も続けて、書いていきます。

ご質問があれば、↓までどうぞ。

astro-music.link

 

 

またもやお久しぶりです

猫目石一家の近況でございます。前回から書く、書くといって機会を逃してしまいました。

 

規則正しい生活実践中

われわれ、最近は規則正しい生活にするため、生活時間を修正中です。規則正しいとは、リズムのある生活を送ること。これが健康に直結していることを知りました。わかっていても、身体が動かないのは、わかってはいないのです!

やはり、早めに寝て、(一般的な皆様よりは遅いとは思いますが)8時30分〜9時30分までに起きることは効率的でありますね。遅寝遅起きは、疲れが十分にとれないせいか、何事ものろのろしてしまいます。それでも若いうちはよろしいのですが、われわれのように高齢になりますと・・・全くだめ。若い時のすばしっこさはなくなるだけではなく、本当に体調を崩してしまいます。疲れのせいで、思わぬところに故障が出ます。

ばぁさんは、中指の皮がぼろぼろと剥がれたり、口の端が切れたりなど、肌荒れ的な状態になっておりました。しかしビタミンB2の補給と早寝のせいで、ほぼ100%治ってきておりますよ。肌って健康状態が如実に現れるところやもしれませんぞ。

久方ぶりのピアノのレッスン

前回の記事にも書きましたように、本当に久しぶりに、教える仕事を始めました。われわれ高齢になりましたゆえ、教えることには疑問を感じておりました。その理由は、他の先生方もご経験があると思いますが、時間の変更、突然の休み、遅刻などなど・・・音楽以外の基本的な約束を守れない方々に対処することを、苦痛に感じた経験が多々あったからでございます。まぁ、仕方がないことではありますが・・・

それにもかかわらず、再度教え始めたのは、依頼されましたことが大きいですね。最初はあまりやる気はありませんでしたが、生徒さんのほうが一生懸命であるため、続けてやってみてもいいかな・・と思った次第です。最終的には、人前で立派に弾けるところまでもっていくことにしましたよ。

内容について・・・ピアノのレッスンではありますが、自由に弾きたいというご要望がありますために、作って弾くことを中心に据えております。クラシックピアノのように、譜面どおりに弾くのではなく、自分のテクニックの範囲内でアレンジしたり、メロディを素材として発展させていくことを目的としております。

生徒さんのほうも、今までのレッスンのように、譜面どおりに弾いて曲を持っていったらよいのか?と思っておられたのに、猫目石のレッスンは全く違うので、とまどわれていたようです。今は納得して、基礎固めをしておりますよ。

クラシックの名曲は、例えばショパンエチュードなどは、指の基本ができてなければ、易しい曲でも全く弾けないですね。そこを無理して、曲が好きだからとレッスンにもっていっても、暖簾に腕押し的な状態になって、全く進みません。で・・・この曲は無理だから他の曲をということになり、別の曲になる。別の曲も完璧には弾けず・・・また別の曲・・と堂々巡りになってしまいます。これでは面白くないですよね?

楽しい、面白い=できるということなのです。できないこと、向いていないことをやっても、時間の無駄でございます。そういうこともあり、猫目石一家は創作の延長線上にある教授法といたしまして、アレンジピアノというレッスンを立ち上げました。

アレンジピアノって何?

  • 上に書いたようなクラシックの難曲を現在のご自分のセンスやテクニックに応じてアレンジし、人前で弾けるようになりたい。
  • あるメロディ(クラシックではなくても)を聞き映えのするアレンジで、弾きたい。
  • 何人かとセッションをしたい。

etc.

と・・・常に他人を意識し、人前で弾くことを目標としたレッスンです。

ただやはり・・・こういうことにも積み上げが大切。譜面を追うだけではなく、楽典や和声、場合によっては対位法的なお勉強をすることによって、感覚に自信を得ることができます。感覚だけでやっていっても長続きはしませんしね・・・それでも良い方もたくさんおられることと思いますが、そのような方は対象外です。

 

日本の伝統である、守破離 まず守(型を覚える)からスタートします。決まりにのっとることは、他にエネルギーを向ける余裕ができるんです。ただし、決まり=理屈ではありません。身体に覚えさせることが大切。ですからアレンジピアノのレッスンでは、本を読むことより、ピアノで音を出すことが9割がたです。

 

そんな感じでしょうか?長くなりましたので、今日はこれで終わりにいたしますが、後日詳細なご紹介を記事にいたします。

f:id:mizuki-shiro:20200813185617j:plain

 

 

 

 

久しぶり

しばらく義理母の動向から離れておりました。

コロナウイルス の件があり、2月末より5月末まで、施設では面会禁止となっておりました。しかし、われわれ差し入れだけは4月中旬まで続けておりました。6月から施設のほうも、少しづつ面会可能になりましたが、以前のように、ご家族がたくさんきておられるような印象は見受けられません。

義理母は声が小さくなりました。また、テーブルでは目が見えないせいで、自力では食べていないように思います。人に食べさせてもらっているのだと思います。ただし、寝転んだ体勢では、以前と同じく自分でみかんなどをつまんで食べております。

普段の食欲は落ちたようですが、われわれの訪問時には元気が出るのか、喜んでお菓子やら果物やらをぱくついております。やはり、その場の雰囲気が食欲を左右するように思います。

記憶力についてはムラがあります。それでも話が通じますね!猫友のことも覚えておりますしね。猫目石一家の創作活動について興味深そうに耳を傾けたり、差し入れの「音楽」(iphoneでわれわれが自作自演したものやアレンジもの)を聴いては「これ金平ちゃんが弾いているの?」と尋ねたりして、興味を感じているようでございます。音楽の理解は、体験と記憶力ですから、義理母の脳細胞は音楽で活性化しているのか?とも感じますね。

音楽療法ってありますが、興味のない歌などを全体主義的に歌ったりしてもだめで、個人に合わせる必要があるやもしれませんね。音楽が嫌いな方は他のもののほうがいいと思いますよ。そこのところをわからず、仕事としてやっておられる方が大半だと思います。

 

最近は、「自宅に戻りたい」と話しております。以前からも同じことを言っておりましたが・・・猫目石一家の住むおおいちょうに呼び寄せるのもいいかな?と思っております。介護度が上がったとき、おおいちょうの区役所へ申請だけ出して置こうかと思っております。近所であればわれわれが、楽になると思いますので。

今の場所は遠すぎて、行き帰りに最低でも3時間、(マが悪ければ4時間くらい)加えて義理母と面会していれば、4時間半(マが悪ければ5時間半)ほどかかります。ばぁさんも年ですし、他にやることもありますので、正直きついです。

施設へ平均週一で通い始めて、2年ほど経ちました。そのまえは、義理母の自宅でしたが、朝が早くやることも多くて大変でした。この時期を合わせれば、3年ですね。

f:id:mizuki-shiro:20200722233458j:plain

 

ところで・・・

われわれは介護施設というシステムには、お世話にはなりたくないと思っております。最近は特にその思いが強くなりました。2年も通っておりますと、だんだんと内情もみえてきます。共同生活ですので、介護士さんに気遣いをする必要もあります。義理母も高齢ながら、言いたいこともぐっと我慢しているようです。他の方もそうではないでしょうか?

身体が動かなくなっても、ボケたりしても人間関係の煩わしさが付いて回るように思います。

 

最近も、猫目石ばぁさんがトラブルに巻き込まれました。介護施設でのボランティアってありますね?その中の一つ、ピアノ演奏。しかし、この施設にはピアノはございません。借りてくださるということでしたが、間に合わない楽器でして、お断りいたしました。

このボランティアについては、何一つわれわれが提案したことは、ございません。介護士さんのひとりが提案され、いつのまにかやることになった次第ですが・・・

最も気をもんだのは、どんな楽器なのか?ということです。楽器がなく、編曲が必要な曲目の数々(文部省唱歌など)。果たして猫目石の編曲にみあった楽器なのか?

 

演奏する以上は皆様に気持ちよく聴いてもらいたい・・しかし、それが通じないような雰囲気でした。猫目石の言い分としては、予算もないのに演奏をやる必要はないと考えます。振り回されたわれわれは、非常にストレスがたまりました。

楽器を借りる必要があるかもしれないと思い探したり、相手方に予算を伺ったりなど、演奏以前の問題で非常に、疲れました。

 

このような面倒なことがあり、ストレス過多で疲れ果ててしまいました。なんでわれわれが、このような嫌な目に合わなければいけないのか? こちらを陥れようとしているのか?とも思ったほどです。さまざまなことがあり、猫目石一家は介護施設に入所することは、向いていないと思った次第です。

 

がらっと話題を変え、音楽活動。水面下で動いております。上記のような音楽とは関係ない、バカバカしい事柄にもめげず、進めております。昨年だったか?こちらに書きましたピアノ編曲。マインドフルピアノ歳時記というシリーズを始める予定で、アレンジ中。

頓挫しているスピリチュアル的楽曲分析、バッハの平均律も進め中。

新しく始めたアレンジピアノ(仮の名称)のレッスンなど、新たな情報の紹介はおいおい記していきます。

 

 

マインドフルネスを始めて8ヶ月後(note)

f:id:mizuki-shiro:20200705205813j:plain

 

なかなか記事が書けませんが、ようやく1記事書くことができました。このところマインドフルネス瞑想の効果が、現実として見えてきました。本来の猫目石がやるべきことが現実化されてまいりました。しかも、営業をかけたわけでもなし、自然とわれわれがやる流れになったのです。

われわれも喜ばしく、みなさんも喜ばしい。このような流れになりました。先月のことですが、亡き義理父が人生が変わると予告しておりまして・・・その通りになってきています。今後のことは自然の流れに任せることにいたしましょう。

今すぐというわけではありませんが、演奏活動もやることになりそうです。ピアノ専門の方のようなタイプの演奏会ではなく、聴衆が気軽に聴ける催し、猫目石一家もスニーカーにTシャツのような、楽なスタイルで演奏できることを望んでおりまするよ。

最近は、少数に限りピアノのレッスンも再開しておりまする。ただし、こちらもカクテルピアノ的な気楽なスタイルで、弾けるようになりたい方を目的としておりまする。譜面にガチガチにこだわらず、かといって譜面なしでアドリブばかりではなく、目的とする相手にわかるような演奏を目指しています。

現状では募集はかけておりませんが、一段落ついたとき(今多忙ですので)何らかの形でPRページをお作りします。少々お待ちくださいませ。下記記事、暇な時にみていただければ幸いです。

↓ ↓ ↓ ↓ 

 

note.com

 

HPを更新(マインドフルネス瞑想の準備)

猫目石一家、以前よりHPの記事は書き綴っておったのですが、何度か書き直しし、ついつい前回から時間が経ってしまいました。本日、どうにか、下記のとおりアップしましたので、ご興味があるならご覧くださいませ。

今回はいよいよ、具体的な瞑想への準備方法について書いております。お寺さんなどでは、「おりん」を鳴らされますね。猫目石家では、明珍風鈴(火箸をつるした風鈴)なるものを、鳴らします。これにはちょっとした意味がございます。

f:id:mizuki-shiro:20200612225007j:plain

オーフィアス組曲中のお話に、亀が金貨を生むシーン(この金貨は心の輪としてご縁のある動物たちに受け渡されていくのです)がございます。このシーンのメロディに明珍風鈴を使います。明珍風鈴のメロディがテーマとなり、最終的にはオーフィアスバリエーションという楽曲が生まれます。

われわれにとっては大切な意味があるだけではなく、音も美しいので非常に気に入っております。火箸の叩き方によって音色が変わるのが良いです。

 

astro-music.link

 

われわれ、やっとのことで結跏趺坐(座禅の足の組み方と同じ)ができるようになりました。かなりきついのですけれど、15分は続けて組めております。そのうちnoteにも書きます。

音楽のほうは、長くかかりましたが1曲ピアノソロの楽曲がとれましたので、編集作業に入りつつ、次の曲のアレンジをします。滝廉太郎の「花」をピアノデュオ用か多重録音で、隅田川の景色が眼に浮かぶような曲調にします。

も含め、日本の曲を主流とした編曲の数々をシリーズとしてアップしていきます。ゆくゆくは譜面を出したいと思っています。

表現の不自由展から感じたこと

www.jiji.com

猫目石一家は、少し前まで表現の不自由展については、内容をよく知りませんでした。今でも絵に関する創作は詳しくありませんので、間違っているやもしれません。金平の想像によれば、

どなたかの創作物が日本国の象徴を侮辱したものであった。それを税金で賄うのは許せない。

 

ということが発端であったと思うのです。twitterをみていますと、この件に関して、討論が行われたとか?そこに高須院長も出席なさっておられるのですね!

われわれも、討論会のほんの少しを聞きかじりました。中では、作品について、創作者の主張(テーマ)を言葉で説明しておられたように思います。これは、討論会ということでわざわざ言葉で説明されてたのだと思いますが、作品を言葉で説明しなければわからないのか?わざわざ難解に作った作品なのか?ということです。

 

本当に優れた作品ならば、言葉は必要ないと、猫目石一家は思っております。音楽でも絵でも。もしくは現代作品ってゆーのは、わからないことを狙って作っておるのですか?

芸術というのは、共感をよばないものなのでしょうか?

 

全く違う話。ベートーベンは芸術家であったけど、専門家だけにわかる音楽を書いていたのではなく、大衆にも人気があったそうです。>その時代 ベートーベンってその時代だけじゃなくて、現代でも面白いなと感じさせてくれるところがいっぱいあるんです。音楽の「お」の字もわからない人でも理屈抜きに惹きつけてくれる、何かがあるんです。われわれに共感を与えてくれるんです。手を差し伸べてくれるんですね。

だからこそ、時代を超えて演奏され、聴かれているんです。芸術って、次世代にまでつながっていくものではないでしょうか?時間は無限であることを、教えてくれるのが芸術やもしれません。

われわれの考えている芸術と、表現の不自由展における芸術とは階層が違う感じがしました。

 

f:id:mizuki-shiro:20200603001935j:plain

あと・・・またもや違うことですが・・・パフォーマンスとかインスタレーションとか、はやっていることが新聞には書いてありましたが、われわれにとっては全く興味を惹かれないこと。現代ではあたりまえの芸術形態であっても、ご縁がないと思っております。(才能がないということです)われわれは現代芸術ではなく、実用分野を極めていくことを再確認いたしました。

音楽をいかに生活にとけこませるか?実用として役立てるか?ということを、極めますよ。これは以前からやっておったことですが、今はジャンルが変わっただけですね。やはり、全く血の中に流れていないものを手がけることは無理でしたね。

 

ところで・・・はじめて自分でピアノ録音をしてみまして、非常に勉強になりました。録音も作曲や編曲と同じです。曲調(欲しい音)によってマイクの立て方やチャンネルを変える必要があることを思い知りましたね〜 過去に人さまにお願いしていてもうちょっと・・・と思った理由がわかりました。約一ヶ月半かけて一つだけ、理解いたしました。われわれ、わかることに時間がかかります。言い換えれば、不器用で頭がよくないということですね。

猫族ですので仕方ないのかもしれません。絵と文章を貼り付ける作業はこれからです。気が向けば、こちらでもご紹介したいと思いますわ。

 

 

 

魚をフライパンで焼く

猫目石家では何年か前にリフォームしてから、ガスコンロというものをなくしました。ガスで調理をすると周辺が汚れるのでやめてしまいました。→今はIH調理器をポンと置いてあるのみです。埋め込み式のキッチンもあったようでございますが、壊れたときに大変だということで、調理器のみを買って、置いておるのです。IHが壊れた場合は、結構修理代がお高いようですね。それも考えてのこと・・・不動産屋さんに伺ったそうですよ。

猫目石のうちでは、ばぁさんができるだけ楽に掃除をしたいといった考えでございます。これは料理だけではなく、全ての面におきまして・・・

ですから、何かを買うにあたって、最も重視することは、掃除のしやすさなのです。そのせいで、うちにはトースター、オーブンレンジなるものがございません。ばぁさんによれば、トースターはパンの粉が落ちるのが嫌いだとのこと。そのせいで、猫目石一家では、パンはフライパンで焼くことにしております。

また、オーブンレンジはあれば便利だが、フライパンよりおいしく仕上がるのか?疑問を感じること。猫の額の猫目石一家は、場所をとる調理器ならば、フライパンで調理テクニックを磨くのが良い。との独自の解釈で生きております。

パンだけではなく、がんも、あげかま、魚の切り身、厚揚げなど、全てをフライパンでおいしく焼くことに成功いたしました。最近は鰆を塩焼きにして、われわれは非常に満足いたしました。金平も一切れ全ていただいて、満足。本当においしい魚ですね。>鰆

ただし・・・単にフライパンで魚を焼いてもおいしくありません。そこで、下記のような「くっつかないアルミホイル」をフライパンに敷いて焼いております。

 

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 利点はたくさんあります。フライパンを洗う手間が少なくなります。アルミホイルのせいでほぼほぼ汚れません。味も良いです。ただ、焼き方にコツがあります。

魚の切り身の場合、標準的には皮目を下にして6分 ひっくり返して蓋をして4分・・・6:4の時間配分でやくのがミソです。火加減は弱火くらいです。猫目石一家では標準より少し長めにしまして、8分:6分で焼いておりますよ。

ひっくり返してから、蓋をして焼くのが大切です。蓋をすることにより、蒸し焼きになってふっくらするのですね。もちろん、焦げ目もちゃんとつきます。

昨日は、鶏のスペアリブを焼きましたが、金平はあまりのおいしさに、腰を抜かしました。まるでマタタビを嗅いだみたいだね、とばぁさんに笑われました。

ところで・・・厚揚げ。最近は生姜じょうゆだけではなく、ネギ+自家製味噌で食べておりますよ。これがおいしいのです。隠しておりましたが、ばぁさん、今年も味噌を仕込みました。

単に趣味ではなく、「食べる瞑想」レッスンを習いに来られる方がおられまして、その方のために作ったのです。「食べる瞑想」レッスンのためには、梅酒も仕込むことにしております。いつもは、日本酒なのですが、今年はウイスキー黒糖焼酎などでも仕込む予定。

他に、「食べる瞑想」関連では、近所のお豆腐屋さんの商品を味わっていただくことにしております。何度か味わいましたが、金平はお豆腐は、何もつけないのが好きなのだそうです。豆の主張が強いので、醤油や鰹節など、全てが負けてしまうのだそうですよ。

他には、がんもや厚揚げや、豆乳で作ったお菓子なども提供したいと思っておりまする。

 

最近音楽の話題がありませんので、???と思っておられる方もいらっしゃるやもしれません。いろいろと考えるところありまして、次の記事では猫目石一家なりの考えを書いてみたいと思っておりまする。少々お待ちください。