天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

文化庁助成金(コロナ関連)申請

ここ1週間、文化庁助成金のことでバタバタしておりました。この助成については、1次募集のときから存じ上げておりましたが、詳しく内容をみることもなく、放置しておりました。偶然目にしたyoutubeにより、3次募集が行われていることを知り、猫目石一家にも挑戦する資格があると知りました・・・これは、ひとえにyoutuber=税理士栗原邦夫さん?だったかのおかげでございますね。名前間違っているやもしれません・・・

助成に応募しようと決めましたのが、9月の22日頃でした・・・30日17時締め切りということでして、ばぁさんはお尻に火がついたようでございます。金平のお世話は二の次になりまして、お風呂を2日間も省略され、辛い思いをいたしました。

われわれにとって一番のメリット、新事業に向けて使ったお金の助成をしてもらえるということでした。2/26〜10月末までであれば必要経費が最低でも2/3認められるのです。(ネットに必要な機材が1/6を超えれば3/4!)20万円と150万円のコースがありまして、事業の大きさ、それぞれが使えるお金によって決められるんですね。猫目石一家は、なにぶん申請が初めてであることと、現状では150万は使わないだろう・・・との結論に達しました。加えて、20万円のほうがとっつきやすいと思ったのですね。時間もないことですし、初めての申請でまごまごしてられなかったですからね。

22日といえば、連休の時期。文化庁の募集案内にあった、申請のための番号=確認番号をいただくにも、統括団体の事務所が開いておりません・・・ずいぶん迷いました。確認番号をもらうのではなく、過去の仕事の資料を探し出すべきか?事務処理的には、統括団体の確認番号があったほうが申請がスムーズに進むとのこと。=金が早くもらえるということではないか?と勝手に思った猫目石一家でございます。また、団体所属により、怪しい猫族ではない!とのお墨付きをいただいたほうが、有利になるとの思いもありました。とにかく最短距離を走ることを望みました。

で、熟考した結果、われわれはとある団体に入会することにいたしました。連休が開けるのを心待ちにして、お電話しましたところ、入会すれば確認番号を発行していただけるとのこと。郵送のみではなく、対面でも入会届けを出して、確認番号を即発行できると伺い、事務所に足を運びました。(もともとこの団体には、入会予定だったんです。入会金、年会費はかかりますが、メリットが十分にありますのでね。)

 

f:id:mizuki-shiro:20201001202429p:plain

義理父が亡くなったときにも、税理士さんの知り合いがおらず、大わらわでした。このような経緯もあり、税金、法律相談などもとりあえず無料でできるということもあり、入会させていただきました。今後、今回のような募集があった場合も相談にのってもらえたり、確認番号についても心配しなくて良いのは、とふんだのです。

ネットをみておりますと、会費がかかるからやめておくと書いておられる猫さんたちもおられますね。しかし、一歩でも前に進むには、必要なお金は使った方が良いと思いますよ。(大金ではありませんので)うまくいくものも、まわっていきません。

f:id:mizuki-shiro:20201001202917j:plain

 

お金のことは関係ないとおっしゃられる猫族、人族はいますね。我々はこの考えには反対です。今回の募集においても、イベントや個展などで、収入が得られている=専門家に限っての募集だと思いました。(収入が得られていることが基準となっているので、作品の価値が高くても、買ってくれる人がなければ、だめなんですね。スポンサー必要でしょうね。)

経済無視は、血液が循環していないと同じですね。われわれもかつて金銭的苦労を経験いたしまして、土台は経済だと強く思っております。経済がうまく回っていますとね、心の余裕もできて、肩の力も抜けて、みなさんが幸せなんですよ。何か一つでも支えがないと、前に進めません。

もちろん、才能、技術は必要ですが、それだけでは生きづらいですよね?広い意味での専門家としてやるには、ビジネス的お勉強のほうがより、大切ではないでしょうか?

練習ばかりしていても、作ってばかりいても良い結果は得難いとわかっているのは、過去の経験からです。(大学の教員は別です。あくまで一般社会においてです。)自分の弱い部分、たとえば営業面などの勉強のために、外に出ていくことを中心に据えれば、新しい世界が開けることは確実と思っておりまする。

外に出ることは、環境変化への糸口となりますね。人間関係の変化によって、経済的にもうまく回り出すかもしれませんよ。

 

偉そうに書いておりますが、われわれも大変勉強になりました。まだ採択されるかどうかはわかりません。提出してから4日しか経っておらず、心身の疲れもとれておりませんが・・・申請を機に、春に計画したことの具体化を急ぎます。うちには、施設入所中の93歳の義理母がおりまして、心が重く、見舞いに遠方に出かけたりしますと、身体にも響きます。しかし、ずっととらわれていれば、人生猫生を棒にふってしまいます。そういう結果にならぬよう、心にケリをつけることにしました。

f:id:mizuki-shiro:20201001202533j:plain


 長くなりますが・・・ひとつ感じたこと。youtubeをみていまして、プロ(税理士さん)の実力を思い知らされました。どのようなジャンルでも、素人と玄人は歴然とした差がありますね!申請の文章へのアドバイス相手が何を望んでいるかということを中心に、教わりました。これは、独りよがりにならないことでもあります。常に相手のことを考えて、仕事をするのが成功の秘訣でしょうな・・・

芸術家は自分を押し出す必要がありますので、全く逆ですね。われわれは芸術的なものは好きですけど、そーいう世界にどっぷりつかることはありえません。学生時代から(高校時代くらいから)この考えは変化しておらず、今後もそうでしょう。「音楽は学問ではない」との考えの元に歩んでいきますよ。

 

 

何事も思想が土台になる

f:id:mizuki-shiro:20200919204905j:plain

猫目石一家は、保守派と呼ばれている思想に近いものがあります。保守派=簡単にいえば、日本国を大切に思うという考え方です。すぎやまこういち先生の考え方には共感をもっております。対して、芸術家や芸能人、マスコミ関係者などは、改革に偏った人々が多いようですね。お話を伺っておりますと、日本に対して敵対感をもっているように感じます。

 

われわれ、過去をふりかえってみると、どのように歩み寄ろうとしても無理であったり、おつきあいをこちらから断ち切らせていただいた方々は概して改革派であったように思います。以前は相性が悪いか、音楽の指向性が違うか、音楽に無知であるか、三つのうちのどれかだと思っておりましたが・・・違ったようです。

奥の奥には民族や、思想の違いがあると、思うようになりました。

以前仕事をしておりました方、朝日新聞のファンであるとおっしゃられておりました。(天声人語が入試に出るような時代ではなく、ここ10年くらいのお話です。)当時は、猫目石一家も世情に疎く、他猫さまがたの心の奥底を覗き見することはできませんでした。何気なく聞き流しておった言葉の数々、今となれば惜しいことをしました。もう少し過去の歴史や、社会的出来事を勉強しておれば、摩擦は防げたやもしれません。

 

芸術家 大学の先生などお偉い方々の考え方にも、ついていけない猫目石一家でございます。政府を真っ向から批判、原発反対、戦争反対(話せばわかるとのこと??)といった運動をされている方も多いようです。安倍政権時にも、マスク、定額給付金、オリンピックへの批判を一生懸命されておりました。

批判するならば、定額給付金やマスク、受け取る必要はないと思います。われわれはマスクにしても、定額給付金、持続化給付金にしてもありがたくいただきました。持続化給付金は、確定申告時には雑所得として、申告する必要があるから✖︎だとか? 申告したらいいと思いますよ。今後の音楽活動、仕事に必要なものですから、必要経費として認めてもらえばいいと、われわれは思っておるのです。

 

何から何まで批判することを良しと考えておられる方、芸術家と称する猫族 人族の中にもおられる。このような方々は、「芸術家は(自分は)世の中で特別の存在だ。偉いもんだ。」と考えておられるのやもしれませんが・・・芸術家などというものは、皆から認められてこそのもので、自画自賛してもどうなるものでもないと、猫目石は思います。

 

上記のようなこともあり、最近は特に、芸術家と称しておられる猫族 人族には距離を置くようになりました。主義主張が違うモノたちが、共に仕事をすれば必ず摩擦が起きると思います。一人と一匹、気持ちの合う族と楽しくゆるやかに、仕事をしていくほうが、心身のためにも良い影響がありそうですな・・・

f:id:mizuki-shiro:20200919204928j:plain

ところで・・・音楽のお話です。アレンジピアノの個人レッスンについて、来月あたりご案内を発表いたします。HPだけではなく、youtubeサウンドクラウドに音を貼り付けてのご案内です。以前にやるやるといっておりました、マインドフルピアノ歳時記日本古来のメロディ、海外の懐かしい曲のピアノソロを中心とした編曲は、アレンジピアノのレッスンご紹介でもあるのです!

また、オーフィアス組曲中の楽曲にも、マインドフルピアノ歳時記の曲を使うことにいたしました。編曲ものとオリジナル曲をとりまぜることになります。編曲と言いましても、本来のメロディや楽曲を発展させていく形となり、猫目石一家のオリジナルとして、著作権協会にも登録することにいたしました。譜面を出す予定でおります。

このような感じで、少しづつ前に進めております。

 

 

マインドフルネスを始めて10ヶ月経過(note)

f:id:mizuki-shiro:20200916215519j:plain

早いもので、マインドフルネス瞑想を始めて10ヶ月以上経ちました。これほど続いたことは、音楽以外のジャンルではありません。猫目石一家には、マインドフルな生活は必要なのだと思います。日が経過するごとに、変わっていくことが自覚でき、心身ともに落ち着いていきます。焦り、拘りから離れて、新たな方向へと何者かに動かされていることがわかります。

以下に10ヶ月後の生活を書いてみました。暇なときにでも読んでみてくださいね。>金平

note.com

HP更新のお知らせ

f:id:mizuki-shiro:20200907155349j:plain

長いこと更新できませんでしたが、ようやくマインドフルネス瞑想の新記事を追加いたしました。良かったら下記の記事、読んでみてください。

最近の猫目石一家は、記事にもありますように、結跏趺坐が楽に行えるようになりました。同時に今何をやるべきか、明確に自覚できるようになりました。やはり身体が安定する(結跏趺坐の座り方が最も安定している)と心も安定し、希望的観測ではなく、方向も定まります。2017年に義理父が亡くなって以来、体調不良や義理母介護のための時間のロスなど、さまざまな壁にぶつかりながらも、偶然マインドフルネスに出会ったことで、歯車が回りはじめました。

金平ともども、猫目石一族は音楽の仕事に徹していきます。

astro-music.link

個人レッスン再開、3ヶ月経過

f:id:mizuki-shiro:20200904002050p:plain

今年はコロナの影響で約束をしていても予定通りスタートできないことがありますね。猫目石一家も同じでして、個人レッスンの依頼を受けて3ヶ月遅れの6月からのスタートとなっています。スタジオを借りてのレッスン予定でしたが、よく消毒できてなくてうつれば大変なことになりますので、おおいちょう(猫目石自宅)で、暫定的にレッスンしております。

さて・・・趣味で楽器を習うといっても、さまざまなレベルがありますね。

  • おけいこごとの範囲で済ませたい
  • 他人に聴いてもらうために、立派な演奏を目指している
  • より高度なレベルまで、引き上げたい
  • なんでもいいから楽器をかき鳴らしたい(ストレス解消)

 

猫目石一家では、趣味であってもより高いレベルまで引き上げたい できうる限り良き演奏を望んでいる・・・ などなど、向上心溢れる方は歓迎です。今までは間口を広くしてきたことが、教えることから撤退する原因であったと思います。ごくごく少人数で本当に勉強したい人に向けてのレッスンを続けていきますよ。こういうのって、深夜の猫族の集会のようですな・・・

さて、前置きはこのくらいにして、猫目石のレッスン、アドバイスの一部をご紹介いたします。

 

暗譜が不得意

第一に譜読みの方法を変えることです。一音一音しらみつぶしに拾い、センテンスとして捉えていないために、読譜も遅く、いつまでも覚えられないのではないでしょうか?できれば、最初から暗譜しつつ、前に進めていくことを推奨しております。

第二に曲の構造を知ることです。大抵覚えるのが苦手な方は、フレーズや転調など、全く意識せず弾いておられるようです。どこに区切りがあるか?文章と同じく、曲にも段落があります。段落の切れ目(フレーズ終わり)まで覚えて弾くこと。このような練習を積み重ねます。

そのためには、楽曲分析理屈を耳に結びつける修練が大切と、猫目石は考えております。

 楽曲分析には基本的知識が必要

楽曲分析を行うには、まず音楽の文法である楽典の知識が必要です。楽典も書籍を読み、覚えるだけではなく、音を出し聴くことを中心にレッスンを進めておりますよ。

楽典では、音程 音階 調性 転調などに関して、実際の楽曲を観つつ、進めます。われわれはそのためのピアノのレッスンと考えております。最終的には生徒さん独自のアレンジをやることになりますので、かっちりと曲を仕上げられなくても構わないと思っております。つまり、ピアノのレッスンは、曲を知ることによって引き出しを広げる目的ですね!

楽典を完璧にマスターした後、ハーモニー(和声)に入ります。こちらも音を出し(譜面を離れてピアノで弾く)、聴くことを中心に展開していきます。その後は対位法他についても、勉強し、だんだんと自分独自の分析ができるようになっていきます。

独自の分析=独自の演奏 創作につながっていくのです。

 

独学でやってきたが・・・

独学=音楽書を読むことと考えている方は多いでしょう。本を読む能力は必要ですが、音楽は感覚の世界ですので、耳の力がもっと大切です。耳の力=音をコピーする力ではなく、心の耳で判断する能力です。心の耳を育てるには、とにかくピアノで音を出し、聴くことです。

ここまで独学でできる方は、生まれもった何かがありますが、いかがなものでしょうか?

独学でやってきて、ご自身がどの立ち位置にいるかはわかりにくいでしょう。そのためには、一度、本格的に勉強したどなたかにみていただき、方向付けしていただくこともよろしいでしょうね。

西洋クラシックについては独学は難しいと思います。モーツアルトでさえ、師匠についたと言われています。天才でもないわれわれは、やはり、ご自分の求めているものと合致できる先生につくべきですね。

遅々として進まないのは・・

 昔は全く気づかなかったことですが、教える側の意図が理解できず、そのままやりすごしてきた方も多々おられること。この原因は、基本の「き」をはしょってきているからです。たくさんの良き師匠についても、言われたことの本当の意味がよくわからず、言葉尻だけで判断してしまう・・・この繰り返しで長年過ぎてしまった・・ということでしょう。

音楽用語を例にあげれば、in tempo など。われわれは無意識に使っていますが、先生によっては全くお使いにならない方もいるのでしょうか?もしくは「in tempoってわかりますか?」と尋ねつつ、レッスンを進める先生ばかりではないのやもしれません。

この極めて簡単なことでもおろそかにしていれば、土台を作ることができません。一見つまらないことをいかに大切にできるか!

遅々として進まず、堂々巡りであれば、一旦今までの方法をリセットし、脳をリフレッシュすることです。このように記しますと大げさすぎるように思われるかもしれませんね。しかし、まっさらなご自分になり、一からスタートすれば、隠れた能力に気づかれるやもしれません。何事も原点回帰ですね!

 

レッスンについては今後も続けて、書いていきます。

ご質問があれば、↓までどうぞ。

astro-music.link

 

 

またもやお久しぶりです

猫目石一家の近況でございます。前回から書く、書くといって機会を逃してしまいました。

 

規則正しい生活実践中

われわれ、最近は規則正しい生活にするため、生活時間を修正中です。規則正しいとは、リズムのある生活を送ること。これが健康に直結していることを知りました。わかっていても、身体が動かないのは、わかってはいないのです!

やはり、早めに寝て、(一般的な皆様よりは遅いとは思いますが)8時30分〜9時30分までに起きることは効率的でありますね。遅寝遅起きは、疲れが十分にとれないせいか、何事ものろのろしてしまいます。それでも若いうちはよろしいのですが、われわれのように高齢になりますと・・・全くだめ。若い時のすばしっこさはなくなるだけではなく、本当に体調を崩してしまいます。疲れのせいで、思わぬところに故障が出ます。

ばぁさんは、中指の皮がぼろぼろと剥がれたり、口の端が切れたりなど、肌荒れ的な状態になっておりました。しかしビタミンB2の補給と早寝のせいで、ほぼ100%治ってきておりますよ。肌って健康状態が如実に現れるところやもしれませんぞ。

久方ぶりのピアノのレッスン

前回の記事にも書きましたように、本当に久しぶりに、教える仕事を始めました。われわれ高齢になりましたゆえ、教えることには疑問を感じておりました。その理由は、他の先生方もご経験があると思いますが、時間の変更、突然の休み、遅刻などなど・・・音楽以外の基本的な約束を守れない方々に対処することを、苦痛に感じた経験が多々あったからでございます。まぁ、仕方がないことではありますが・・・

それにもかかわらず、再度教え始めたのは、依頼されましたことが大きいですね。最初はあまりやる気はありませんでしたが、生徒さんのほうが一生懸命であるため、続けてやってみてもいいかな・・と思った次第です。最終的には、人前で立派に弾けるところまでもっていくことにしましたよ。

内容について・・・ピアノのレッスンではありますが、自由に弾きたいというご要望がありますために、作って弾くことを中心に据えております。クラシックピアノのように、譜面どおりに弾くのではなく、自分のテクニックの範囲内でアレンジしたり、メロディを素材として発展させていくことを目的としております。

生徒さんのほうも、今までのレッスンのように、譜面どおりに弾いて曲を持っていったらよいのか?と思っておられたのに、猫目石のレッスンは全く違うので、とまどわれていたようです。今は納得して、基礎固めをしておりますよ。

クラシックの名曲は、例えばショパンエチュードなどは、指の基本ができてなければ、易しい曲でも全く弾けないですね。そこを無理して、曲が好きだからとレッスンにもっていっても、暖簾に腕押し的な状態になって、全く進みません。で・・・この曲は無理だから他の曲をということになり、別の曲になる。別の曲も完璧には弾けず・・・また別の曲・・と堂々巡りになってしまいます。これでは面白くないですよね?

楽しい、面白い=できるということなのです。できないこと、向いていないことをやっても、時間の無駄でございます。そういうこともあり、猫目石一家は創作の延長線上にある教授法といたしまして、アレンジピアノというレッスンを立ち上げました。

アレンジピアノって何?

  • 上に書いたようなクラシックの難曲を現在のご自分のセンスやテクニックに応じてアレンジし、人前で弾けるようになりたい。
  • あるメロディ(クラシックではなくても)を聞き映えのするアレンジで、弾きたい。
  • 何人かとセッションをしたい。

etc.

と・・・常に他人を意識し、人前で弾くことを目標としたレッスンです。

ただやはり・・・こういうことにも積み上げが大切。譜面を追うだけではなく、楽典や和声、場合によっては対位法的なお勉強をすることによって、感覚に自信を得ることができます。感覚だけでやっていっても長続きはしませんしね・・・それでも良い方もたくさんおられることと思いますが、そのような方は対象外です。

 

日本の伝統である、守破離 まず守(型を覚える)からスタートします。決まりにのっとることは、他にエネルギーを向ける余裕ができるんです。ただし、決まり=理屈ではありません。身体に覚えさせることが大切。ですからアレンジピアノのレッスンでは、本を読むことより、ピアノで音を出すことが9割がたです。

 

そんな感じでしょうか?長くなりましたので、今日はこれで終わりにいたしますが、後日詳細なご紹介を記事にいたします。

f:id:mizuki-shiro:20200813185617j:plain

 

 

 

 

久しぶり

しばらく義理母の動向から離れておりました。

コロナウイルス の件があり、2月末より5月末まで、施設では面会禁止となっておりました。しかし、われわれ差し入れだけは4月中旬まで続けておりました。6月から施設のほうも、少しづつ面会可能になりましたが、以前のように、ご家族がたくさんきておられるような印象は見受けられません。

義理母は声が小さくなりました。また、テーブルでは目が見えないせいで、自力では食べていないように思います。人に食べさせてもらっているのだと思います。ただし、寝転んだ体勢では、以前と同じく自分でみかんなどをつまんで食べております。

普段の食欲は落ちたようですが、われわれの訪問時には元気が出るのか、喜んでお菓子やら果物やらをぱくついております。やはり、その場の雰囲気が食欲を左右するように思います。

記憶力についてはムラがあります。それでも話が通じますね!猫友のことも覚えておりますしね。猫目石一家の創作活動について興味深そうに耳を傾けたり、差し入れの「音楽」(iphoneでわれわれが自作自演したものやアレンジもの)を聴いては「これ金平ちゃんが弾いているの?」と尋ねたりして、興味を感じているようでございます。音楽の理解は、体験と記憶力ですから、義理母の脳細胞は音楽で活性化しているのか?とも感じますね。

音楽療法ってありますが、興味のない歌などを全体主義的に歌ったりしてもだめで、個人に合わせる必要があるやもしれませんね。音楽が嫌いな方は他のもののほうがいいと思いますよ。そこのところをわからず、仕事としてやっておられる方が大半だと思います。

 

最近は、「自宅に戻りたい」と話しております。以前からも同じことを言っておりましたが・・・猫目石一家の住むおおいちょうに呼び寄せるのもいいかな?と思っております。介護度が上がったとき、おおいちょうの区役所へ申請だけ出して置こうかと思っております。近所であればわれわれが、楽になると思いますので。

今の場所は遠すぎて、行き帰りに最低でも3時間、(マが悪ければ4時間くらい)加えて義理母と面会していれば、4時間半(マが悪ければ5時間半)ほどかかります。ばぁさんも年ですし、他にやることもありますので、正直きついです。

施設へ平均週一で通い始めて、2年ほど経ちました。そのまえは、義理母の自宅でしたが、朝が早くやることも多くて大変でした。この時期を合わせれば、3年ですね。

f:id:mizuki-shiro:20200722233458j:plain

 

ところで・・・

われわれは介護施設というシステムには、お世話にはなりたくないと思っております。最近は特にその思いが強くなりました。2年も通っておりますと、だんだんと内情もみえてきます。共同生活ですので、介護士さんに気遣いをする必要もあります。義理母も高齢ながら、言いたいこともぐっと我慢しているようです。他の方もそうではないでしょうか?

身体が動かなくなっても、ボケたりしても人間関係の煩わしさが付いて回るように思います。

 

最近も、猫目石ばぁさんがトラブルに巻き込まれました。介護施設でのボランティアってありますね?その中の一つ、ピアノ演奏。しかし、この施設にはピアノはございません。借りてくださるということでしたが、間に合わない楽器でして、お断りいたしました。

このボランティアについては、何一つわれわれが提案したことは、ございません。介護士さんのひとりが提案され、いつのまにかやることになった次第ですが・・・

最も気をもんだのは、どんな楽器なのか?ということです。楽器がなく、編曲が必要な曲目の数々(文部省唱歌など)。果たして猫目石の編曲にみあった楽器なのか?

 

演奏する以上は皆様に気持ちよく聴いてもらいたい・・しかし、それが通じないような雰囲気でした。猫目石の言い分としては、予算もないのに演奏をやる必要はないと考えます。振り回されたわれわれは、非常にストレスがたまりました。

楽器を借りる必要があるかもしれないと思い探したり、相手方に予算を伺ったりなど、演奏以前の問題で非常に、疲れました。

 

このような面倒なことがあり、ストレス過多で疲れ果ててしまいました。なんでわれわれが、このような嫌な目に合わなければいけないのか? こちらを陥れようとしているのか?とも思ったほどです。さまざまなことがあり、猫目石一家は介護施設に入所することは、向いていないと思った次第です。

 

がらっと話題を変え、音楽活動。水面下で動いております。上記のような音楽とは関係ない、バカバカしい事柄にもめげず、進めております。昨年だったか?こちらに書きましたピアノ編曲。マインドフルピアノ歳時記というシリーズを始める予定で、アレンジ中。

頓挫しているスピリチュアル的楽曲分析、バッハの平均律も進め中。

新しく始めたアレンジピアノ(仮の名称)のレッスンなど、新たな情報の紹介はおいおい記していきます。