天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

文化庁継続支援事業A-2採択

おひさしゅうございます。このセリフを何度書いたことか・・・先週末、2年ぶりに結膜炎になり、休んでおりました。現在はほぼほぼ治ってきております。先月は中旬以降、またまた1週間ほどかけて、文化庁の継続支援事業(150万円コース 内訳は50万円分がコロナ対策費で、消耗品や人件費などは実質100万以内)の書類書きに神経をすり減らしました。「簡単だった」と書いておられる方もおられますが、猫目石一族にとってはかなりの難関でした。

それでも、前に一度A-1(最高で20万援助)というグループで挑戦していたものですから、多少は楽でしたね。でも相当気疲れしつつ、身体にも負担がかかる・・・今年はこの事務処理的な事、ネットの動画を見たりするのに時間をとられ、雑事も含み、疲れたのだと感じます。若い方にはなんでもないことが、60代にもなると、如実に体調に現れます。

結果ですが、25日に採択されました。11/26に提出し、一度訂正し(数字の0と1を間違えたのみ)それから1週間で決まりました。前回の20万円コースよりは、早かったと思います。質問事項のメールも即返ってきてましたしね。しかし!150万円ともなれば、購入物品も多くなりますし、希望者も多いことから、文化庁から依頼された事務局は相当大変だったと思いますよ。

猫目石一家の事業はそれほどたくさんの物品を買うわけではありませんでしたので、早かったのやもしれません。A-1+A-2全体で、45万円+@補助してもらえることになりました。実際の金額だと60万円ですね。ですから、75%ぶんの援助。物品が75%引きで購入できるということです。猫目石の感覚では、非常にありがたいと思えるんです。お金、落ちてません!

来年年明けには、半額振り込んでもらえるようなので、期待して待っておりまするよ。

f:id:mizuki-shiro:20201227152800j:plain

 

われわれ、6月ごろの時点では、まさかこの支援事業に参加するとは思ってもいませんでした。第一に、猫目石一家ごときが相手にされるような事業ではないと思い、諦めておりましたね。絶対無理! 無理 無理 無理 無理・・・こういうのは、雲の上の存在の偉い猫族だけが関われるじゃないの?と決めつけておりました。しかし、昨年から続けておったマインドフルネスのおかげで、前に進めることができたのです。

年末になってみて、本当にあのとき(9月末)決断してよかったと思います。もしやっていなくても、新事業を進めることはできたと思いますが、ひどく遅れたと思います。(事業計画書に、事業の予定を書いて、実践していくという決め事があるので、やらないわけにはいかないんです。)他には、書類の書き方や、相手の望むことを第一に考えて文章を書くことなど、いろいろな面で勉強になりました。事業とは、客の困っていることを解決することなんですよね?それはどの経営の先生も同じことをおっしゃいます。今までは先生のお話を聞くだけで、行動にうつしていなかったわれわれですが、今回の行動でやっと理解の糸口がつかめたような気がしています。

セミナーなぞに行くより、行動することが前に進む秘訣だと思いました。最近は、「お金のブロックをはずす」などといったセミナーを仕掛けておられる猫族もいますが、われわれなりに分析してみますとね、「お金は生かして使え」ってことだと考えます。お金のブロックをはずす=無駄遣いじゃなくて、必要なところには投資しないと、利益にならんぞということです。

たったこれだけのことを知るために、高い金をセミナーに放り込むのは、お金を生かして使っていないのではないか猫目石なりに思っています。

 

現状は、この事業計画書に記したことを、実践中。われわれの事業は、マインドフルピアノ歳時記とオーフィアス組曲ですので、そのための勉強と準備をしている段階です。音楽配信といっても、iphoneでさっと撮ったようなものをあげるわけにはいきませんし、譜面も浄書しなければ、使い物になりませんしね。まずここからの出発で、収益につなげるのはもう少し後の作業だと思っています。

いずれにしても、われわれにとっては、お金の援助だけではなく、事業の勉強にもなり、大いなる収穫が得られた時期でした。文化庁のみなさまや事務局の方々には感謝しております。今後ともよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

バッハ平均律1巻8番 Fuga 〜楽曲分析概略と提示部〜

 

概略

平均律1巻8番はPreludoがes-moll  Fugaはdis-mollで記譜されています。ピアノで弾くことを考えれば、Fugaもes-mollで記譜したほうが読みやすいと思います。また、出版社によってはes-mollで記譜されているものもあります。ただ、disという弦楽器的でしかもビロードのような調性の色合いは生かしたいものです。異名同音であっても、響きは違うのです。

なぜ異名同音で書かれたか?などと論議するつもりはありません。論議より音楽そのものを味わい、その結果個々に判断すれば良いことだと思います。

前置きはこのくらいにしまして・・・この楽曲はストレッタという手法を使った緊張と、テーマの拡大などを使い、弛緩を暗示する部分の組み合わせからできています。ストレッタとは、追い上げのテクニックです。テーマを歌い終わらないうちに、再びテーマが歌われ、重なっていきます。

前半から中盤にかけてはストレッタとテーマの提示が繰り返し現れます。嬉遊部(つなぎの部分)ではテーマ中の材料がカノン的であったり、音列だけを反復したりなど、様々な方法で緊張を高め、テーマの提示へとつないでいきます。

中間部分は、ストレッタのみ。テーマの頭と頭の間隔が少しづつ狭まっていき、クライマックスをむかえます。

その後は、テーマの拡大が現れ、変形されたテーマとともに絡み合い、緊張が解かれていきます。

全体は大きくみて3つに分かれますが、6〜7部分程度に分け、見やすさを優先することにしました。今回は提示部までを記します。

提示部

譜例1

f:id:mizuki-shiro:20201225015328p:plain

8番フーガ提示部〜譜例1〜

フーガの分析は「スピリチュアル的楽曲分析」ではお初になりますので、まず用語から説明いたします。

  1. フーガのテーマは、主唱答唱がひと組みとなっております。この二つをつないだり、嬉遊部(展開部)へのつなぎは、コデッタという短い旋律を作って流します。
  2. テーマには対旋律が絡みます。テーマを支え、且つ印象的な要素を含みます。
  3. 答唱とは概ね、主唱を完全5度上に移調したものであります。また、主唱冒頭に属音があるもの(8番のフーガはこの例にあてはまります)、属調部分を含む主唱の答唱は、これらの部分を完全4度上に移調します。前者を正応、後者を変応と呼びます。

 テーマの特徴

さて、平均律8番のフーガのテーマの特徴は畳みかけと逆行にあると思います。(譜例2参照)これはストレッタに意味をつなげ、自由声部(テーマ以外の部分)のモティーにも受け継がれ、緊張を持続させていきます。

f:id:mizuki-shiro:20201225011616p:plain

テーマ主唱〜譜例2〜

譜例2赤の囲みは下記のリズムの繰り返しです。

f:id:mizuki-shiro:20201225011840j:plain f:id:mizuki-shiro:20201225011859j:plainf:id:mizuki-shiro:20201225011946j:plain

 

テーマの再現、ストレッタにより、このリズムは繰り返され、畳み掛けを強めていきます。それから、黄緑色の部分逆行音列も中心的要素です。これらは曲が進むにつれ、明確に見えてきます。

例1ピンク色で囲んだ音、これらは、対旋律において、テーマの畳み掛けのイメージを凝縮して表している音型です。

 第一嬉遊部へつなぐ

提示部の最後、答唱の変形が現れる部分譜例1 二段目の最終小節から)の自由声部は、テーマの材料がさまざまな形で言い換えられています。

まず、答唱の入りに向けて、アルトの声部で答唱を誘い出します。こちらは譜例1青線を引っ張った部分です。詳しくは下記の譜例3をごらんください。

f:id:mizuki-shiro:20201225195652p:plain

答唱の入りに向けて〜譜例3〜

答唱と同じ音列がアルトにありますね?

そして次の小節(譜例13段目1〜2小節目にかけて)、テーマの材料である逆行を、繰り返したり、声部を超えて模倣することにより展開し、次の第1嬉遊部へとつないでいきます。(譜例4譜例5を参照)

f:id:mizuki-shiro:20201225200617p:plain

逆行音列の畳み掛け〜譜例4〜

f:id:mizuki-shiro:20201225200708p:plain

音階の逆行形〜譜例5〜

 

次回は第一嬉遊部属調のストレッタを分析します。

 

オンラインレッスンのお知らせ

 現在、オフラインでアレンジピアノのレッスンを行っています。これとは別に、オンラインに限定し、楽曲分析和声を含むキーボードハーモニー楽典(和音と調性判定を重視)聴音(特に2〜4声中心として)の個人レッスンを来年度より行う予定です。これはコロナなどの伝染病が理由ではありませんので、伝染病が終息に向かったとしても続けます。詳細は別記事として、アップいたします。

 

 

 

 

 

マインドフルネスをはじめて1年一ヶ月経過(note)

f:id:mizuki-shiro:20201129201530j:plain

久しぶりにマインドフルネスのnoteでの記事を更新いたしました。しばらく忙しくて、文字を書きたくない状態でしたので・・・遅れてしまいました。今は一段落つきまして、曲をすすめています。もうすぐ終わりですが、今まではこの「もうすぐ終わり」をどうしても終わりにすることができませんでした。

ここのところマインドフルネス瞑想も不定期になっており、身体も疲れ気味でした。マインドフルネスをやりますと、自律神経が整います。気候の変動で身体がついていかないとき、気温が低下するときなどにも、大変良い作用があります。

よくできていれば、1回でも楽になれます。でも続けることによって、もっと楽になり、生活も変わります。道に迷っている方、何をやっていいかわからない方、結局は自分が動くしかありませんが、動き方、方向をマインドフルネス瞑想を続けることによって、知ることができます。

自分の道でなければうまくはいかないのです。その道をいつ知ることができるか?それは人に与えられた時間によって変わります。まず、自分の足で歩いてから、次に進みましょう。何もしなければ、何も起きず、良きことも悪きことも起こりません。良きことも悪きことも一つとしてとらえることが楽に生きる秘訣です。

note.com

文化庁補助金追加申請を計画中

本日、補助金の全額交付のお知らせが届きました。下記の記事は、補助金に採択されたお知らせでしたが、今回は実績報告が終わり、全額でいくら振り込まれるかというお知らせでした。ちなみに、われわれはすでに半額をいただいております。全額いただけるということは、ありがたいですね。感謝、感謝の日々でございます。

mizuki-shiro.hatenablog.com

 で、追加支援の連絡(既に申請している者にも大きなメリットあり)もまいりまして、いろいろと物品など検討中の猫目石一家でございます。うちのような零細な一族は、少額しか支援していただけないと、決めつけておったのですが、どうも強制的に150万コースへと回されるようでございます。ただし!すでにいただいたお金を差っ引いてということですね。

それでも大きい金額です。ただし、補助金であり、給付金ではありませんので、25%程度はわれわれの持ち金を差し出すことになっております。しかしながら、結果的にコロナで弱った音楽業界・・たとえば楽器メーカー、コンピュータ屋さん、楽譜の会社、ドレス屋さんなどを回すことにつながりました。われらも、業者さんも喜ぶ企画、素晴らしいと思っております。

最初のうちは、猫目石なぞ該当してないと諦めており、全くやる気はなかったのですが、ダメモトで挑戦してよかったです。お役所相手の文章などとんとご縁がなかったものですから、難しくて肩こりが激しく、寝込んだこともございました。今はだいぶ慣れ、少しは楽に進めることができそうと、お気楽な考えになっておりまする。

購入するものは、だいたい決めております。なかでも、midiキーボードをデジタルピアノ(ポータブルなやつ)に買い換えられるのは嬉しいですね。デジタルピアノですから、ピアノタッチ。これにBluetooth譜めくりを足しまして、足で譜めくりの操作をいたします。そのために、電子譜面端末を購入しておりますが、いかんせんA4で小さいのです。A4×2として見開きにしたい・・・それには追加でもう一個必要になります。これを補助してもらえればありがたいのですが・・・わかりませんわ。決まったら嬉しすぎますね。

f:id:mizuki-shiro:20201113211436j:plain

 

上に記しましたデジタルピアノは、近い将来予定されておりまする、母のいる高齢者施設でのピアノ演奏にも持参いたします。母も弱ってきておりますし、なにより母が望んでいることですので、演奏に向けて予定を組みます。以前の計画では日本の童謡を中心にしておりましたが、これを機に、クラシックやシャンソン(少しだけ日本の曲)を中心に据えることにいたしました。とは言いましても、みなさんによく知られた楽曲、カルメンなどですね。これらを、ピアノソロかピアノ2台にアレンジいたしまして、演奏予定です。

なぜ2台なのか?

購入予定の機種は、録音機能がついておりますし、Bluetoothオーディオにも対応しておるからでございますね。多重録音、オケを作っておきまして、一人二役ができるのですよ。このような機能がついた機種は他にもありますが、いかんせん重量がすごい。一人で運べること、機能面、タッチ、midi接続(usbポート)を考えると、それほど多くの機種があるわけではないんです。先日試奏してきまして、これだ!と思える機種にめぐりあいました。

midiキーボードとして打ち込みに使えますので、マインドフルピアノ歳時記オーフィアス組曲も大活躍。

うんうん・・・良いねぇ 金平が相槌を打っております。

なんだか独り言満載になってしまいました。一週間ほどで念入りに文章を考えつつ、補助金再申請に向けて動きます。

 

 

個人レッスンのご案内ページ

ようやく、個人レッスンの案内ページをHP内に作りました。

astro-music.link

よろしければご覧ください。

 

それから、初のレッスン規約を作りました。われわれにとっては、かつてない試みでございます。あちこちで訴訟問題などトラブルも起きておりますので、教えるほうも教わるほうも、気持ちよく、常識をもって動けるよう設定いたしました。

 

われわれがピアノを習っていた頃、レッスンを始めた頃は、ピアノも高く、レッスンにしても、コンクールにしても、音大入試にしても、誰でもが望めば受けられる時代ではありませんでした。それだけ教師の権限が強かったのですね?このように、音楽が花形の時代を経験してきましたわれわれといたしましては、今の時代にあわない人族、猫族と自覚しつつ・・・日本の音楽の世界が、何らかの形でより良い方向に向かえば、と思っております。

f:id:mizuki-shiro:20200904002050p:plain

 

今回はレッスンだけ独立したものではなく、マインドフルピアノ歳時記という企画、オーフィアス組曲アップと連動しております。この3つの企画を、文化庁からの助成金を元に、すすめておる最中でございます。ちょうど良い時期に、助成が受けられることになり、文化庁さまさまでございますね。われわれにも、良き風が吹きつつあるのやもしれません。

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

母が以前にも増して衰えたと・・

コロナで8月〜10月中旬まで外部との面会ができなくなっておりました、義理母。猫目石一家も、少しでも面会できればと気をもむ毎日でしたが・・・国の決まりでもあり叶わず、たまに義理母の好物などを届けておりました。以前は毎週行っておりましたが、猫目石ばぁさんも、体調を崩したり、文化庁補助金の件で振り回されたり、様々な理由で少し間があいておったのですね。

今月中旬より、15分間だけに限って、しかも前日予約、時間制限ありということで、面会がはじまりました。われわれは遠方に住んでおりまして、義理母施設のある仙谷渓谷にいきますには、1日がかりを覚悟していかなければなりません。そのため、最近はgoto トラベルを利用いたしまして、泊りがけで訪れておりまする。時間制限がありますと、なかなか思うようにたどり着けませんからね〜

f:id:mizuki-shiro:20201030192215j:plain

で・・本日猫目石ばぁさんの妹(金平にとりましては義理妹)が面会にいってきたところ、義理母の状態はひどいありさまだったようですわ。われわれが最終に訪れた7月末には、静かにお話できておりましたし、おやつも食べ、普通の状態でした。ところが、本日の状態は、全く話が通じなくなっており、義理妹(実の娘)のことも理解できていない状態であったそうです。

何かを尋ねても、同じことしか話せない。そして始終わけのわからないことを、ブツブツ話していたようでして・・・たぶん。。この状態は9月頃から始まったのではないか?と睨んでおりますよ。施設から届く「義理母の状態のお知らせ」が突然なくなりました。以前は「何事もなく過ごしておられます」という紙が入っていたのですけれど、なにもなし。

要するに悪い状態を書かなかったのでしょうね。こういうものなのでしょうか?

まぁ、要介護4の93歳にもなった老人のことですから、そうそう先は長くないことは覚悟しておりますが・・・

義理妹がきいてきたところ、嚥下機能にも衰えがあり、とろみをつけたものを食べているようです。食欲はあるので、今すぐにどうのこうのということはないようです。がしかし、当然のことながら、全体的に弱ってきている状況だということでした。

毎日毎日能天気なことばかり言っている猫族、金平もきょうは元気がなく、眠りこけております。元気だった義理母を知っておりますし、近々面会に行きたいと申しておりましたのでね・・・金平のことなど、影も形もなく忘れておるでしょうし、だいたい猫という生き物さえ、忘れてしまったやもしれませんわ。

f:id:mizuki-shiro:20201030192109j:plain


猫目石ばぁさんは、仏教(禅 マインドフルネス)を勉強中ですので、全ては変化の中にあると申します。何事も一つに止まることはない。自分の母親もその一つの現象にすぎない、と申しております。ですから、今自分が手にしておるものも永遠ではない。何一つ自分の物にすることはできないと言っておりますよ。このような境地に至るには、現実の体験を通してでしょうな。ものの本を読んでも、共感は得られませんね。

われわれは、義理母が大昔、大金をはたいて購入してくれたセミコンを大切にしつつ、幼少の時代から続けてきた、独自の世界による創作を続けていきます。そういう意味で、先日の文化庁補助金は、有意義なものでした。この補助金による活動=マインドフルピアノ歳時記(オーフィアス組曲も含む)でして、大変ありがたく頂戴いたしております。

HPにも少しづつ手を加えております。大幅な改定については、都度こちらでお知らせいたしますので、ご興味ある方はみていただければと思います。今後ともよろしくお願いいたしまする。

 

文化庁補助金、採択

文化庁補助金無事採択でき、現在はこの資金を今月末で使う必要があるため、バタバタしておる猫目石一家でございます。申請するのが遅かったため、お金周りを考えるのが大変だったです。昨日調律を終え、色々考えるところありました。

長きにわたって、調律をさぼっていたせいで、ピアノの中には埃が溢れ、大変なことになっております。近々、ピアノ内部のお掃除と音の調整もお願いすることにしております。調律も来月以降に2度目をお願いいたしますわ。

少しは清潔にしろよ!

昨晩は金平に大声でぎゃうぎゃう言われてしまいました。

f:id:mizuki-shiro:20201020123837j:plain

考えるところとは・・・楽器が良くなれば音楽も変わってきたり、変えたくなるということ。われわれはいちお、音楽を専門としておる一家ですので、内面的にも大きく変わるんだろうな・・ということですね。毎日ではないですが、音楽と向き合っておりますしね。日々マインドフル瞑想をしておるようなものです。ですから、この向き合うものによって、人生猫生変わるということです。当たり前のことがわかっておらなかった、猫目石一家です。

すでに、昨日より楽器に(ピアノに)向き合う時間が長くなっております。今後はピアノ中心、シンセはほんの少しという方法で進みますので、ピアノ整備にお金をかけることにいたしました。以前は電子楽器中心でしたのを、方向転換です。

 

他に・・・文化庁の申請で思いましたこと。自分のほうから積極的に動かなければ、何も進まないと、再確認です。補助してもらうことに、抵抗がある方もいらっしゃると思います。しかも、補助された人族猫族は、公表されるようですし・・・

ご自身の望むことが前に進むのであれば、カッコ悪くてもやるべきでしょうな。不採択もあるようですし、(商業作品は難しい部分もあるとか?)手慣れていないと他の仕事にも響く可能性あり。そういう方は、行政書士さんなどの専門家にお任せするほうが、良いと思います。特に150万円のコースを選ぶ一族は、専門家に任せた方がストレスかかりません!

文化庁補助金は、一般的には落とすためのものらしいです。不備があれば、一発で終わり。こーいう難しいのには、うちは専門家にお任せするつもりでおります。しかし、今回のは不備に対しても事務局から差し戻しレクチャーがありましたので、かなり素人 素猫向けでしたね。

ところで・・・パソコンをパワーアップするために、1週間ほどネットから離れることにしました。 パソコンが戻ってきましたら、個人レッスンのお知らせ、楽曲分析、マインドフルネスについての更新、マインドフルピアノ歳時記・・・今まで保留にしてきたことを年末に向けて詰めていきます。