天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

グーグルアドセンス

f:id:mizuki-shiro:20210822131636j:plain

約3年こちらのblogを続けてまいりました。2019年あたりは更新も頻繁でしたが、今はサボり気味になっていますね。金平には「こんな感じじゃダメ」と怒られています。

 

ただ、楽曲分析や音楽の専門的内容の記事を発信するには、時間が必要。その時間をはじき出すためには、われわれの楽しみである嗜好品摂取の時間を削るのが良いと、以前から思っていました。今回はそちらの方向にすんなりと進めそうです。マインドフルネスやっておりますと、全ての依存から楽に脱却できるのですよ。

 

それはともかくとしまして、この無料blog、3年間まったくもって、報酬のことを考えず、続けるだけ続けておりましたが・・・ある人族の記事を拝見いたしまして、遅ればせながらも、グーグルアドセンスをやってみようと思い立ったのが3日ほど前。難しいと聞いていたのに、拍子抜け。すんなり通過いたしました。HPのアドセンス申請も、(だいぶ長いこと放置)通過しておりました。

よくわからないですね〜

 

ところで・・・

当blogのアクセスは、Googleから来られる方が6割くらい。他にはヤフーが2割くらい、1割が他の検索システムで、はてなブログから来られる方は少数なんです。また、アクセスは楽曲分析の記事への流入が最も多く、次に演奏家や作曲家 マインドフルネス記事への流入ですね。

 

この結果を踏まえて、楽曲分析や音楽理論クラシック音楽に関する記事を中心とすべきだと思いました。またマインドフルネスについても必要としておられる方がおられるようなので、引き続き記事にしていくつもりでおります。

 

近々、「楽典」についても記事にします。見ていただければ幸いです。

 

(グーグルアドセンスに受かりましたので、トップの表示を元に戻しました。)

しばらく記事が見にくい状態続きます

f:id:mizuki-shiro:20201103210317p:plain

ちょっとした理由で、トップの画面が変わっております。見にくいとは思いますがご容赦くださいませ。また、以前のスッキリしたページに戻しますので、少々お待ちください。

 

今後は以前にもまして、皆様のお役に立つような記事、楽しくて面白い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします。

 

猫目石一家より

音楽の機材 2回目ワクチン接種予約

遅ればせながら、高齢人族2回目のワクチン接種のお願いを区役所にいたしました。(2度目キャンセルしましたので)猫目石在住の区役所では、2度目を打ち損ねた高齢人族に電話で一軒一軒確かめつつ、予約をとっておるようでございます。1〜2週間待つ必要があるとのことです。

 

猫目石のばぁさん、1度目がきつかったので2度目のチャレンジには痛み止め、お水、プロテインなどを用意するようで、金平のメモ帳に書き込んでおりました。プロテインは少し前にいただきまして、あまりに良かったので・・・リキッドタイプ ゼリータイプがわれわれには向いていました。

 

ところで・・・

 

昨年から機材を買い足し、高齢人族猫族のささやかな音楽活動に役立てております。良い機材を購入すれば、日々の生活にも楽しみが増えます。2013〜2017年くらいまで&教育用作品の仕事をしていた1997〜2010年あたりまでは、積極的に機材などを買い足す気持ちもなくなり、わけのわからない閉塞感に苛まれる毎日でございました。

 

この閉塞感あふれる時期にはコロナの「コ」の字もなかったですよね?振り返ってみれば、その頃に(2009〜2010)やめておかなければ、今の活動にとりかかり、将来の展望まで広げることは全くできなかったと思います。教育用作品&音楽以外のジャンルについては、最初から抵抗があり、他猫他人に押されてずるずると続けたものの、向いていないことだったのでしょう。

 

無理をしてこれらの仕事を続けていたとしましても、先はなかったと今になって断言できるようになりました。コロナ禍の今、またコロナ後も前の時代に戻ることはあり得ないでしょう。

 

猫目石にとってはコロナが引き金となり、先に進めたことは確実です。本当に何が幸いするかわかりません。しかし、過去の活動も財産となり、別の形で役立っております。何事も無駄なことはないと思い知らされております。

 

 

前置きはおいといて機材!色々買いましたが、良かったものを下にあげます。

 

デジタルノー

 

 

 

 

 

 

猫目石一家は2つのメーカーのものを持っています。楽譜として使う場合、A4見開きでなければ、見難いです。そのため、クアデルノデジタルペーパー2点を買いました。

機材のマニュアル。1000ページくらいあるのをいちいちコピーとっていたらやってられませんよね?これを、即座に電子ノートに入れることができます。しかも直接書き込みもできる。

 

楽譜の場合、PDFにしておけば良いです。弾きながら譜面をめくっても、音がしません。譜めくりを人に頼まなくて良い。もち運びもタブレットなぞより軽いです。自宅録音時も非常に便利で、youtubeの音源アップにも重宝しております。

 

ピアノの譜面台に置いて、スマホ片手にオンラインレッスンを軽々こなすこともできるようになりました。ちなみに猫目石のうちには、タブレットなるものはありません。必要ないからです。パソコン2台で十分事足りておりまするよ。

 

この商品はネットにつないでパソコンと連動させ、データーを入れたり捨てたりもできます。これも重宝していることの一つです。クアデルノ 、デジタルペーパー ほとんど同じで、使用方法も酷似しております。

f:id:mizuki-shiro:20210808165051j:plain

デジタルペーパー試し書き

 

キーボードスタンド代りの机

 

 

 これも考え抜いて買ったものの一つで、重宝しております。まず!猫目石の住まいは猫の額なのでございます。そのため、サイズが合わなければ全く使えません。また、金平の手を借りるとしましても、簡単に動かないものは困りますし、組み立てに腕力がいるものは、高齢人族猫族には不向きでございます。

 

そのため、キャスター付きのキーボードスタンドを探したところ、1つみつかりはしたもののサイズが合わず、しかも鉄製なので使い勝手が悪そうでした。で、これに代わるもので、ピアノの下に収納でき、簡単に動かせて、天板を降ろしたとき50センチ以下、10キロ+@の重量に耐えられるキャスター付きのテーブルを探しましたら、こちらの商品にたどりつきました。

f:id:mizuki-shiro:20210808164100j:plain

机にキーボードを乗せたところ

 

f:id:mizuki-shiro:20210808164135j:plain

ピアノの下に収納したところ

猫目石はこのように使用しております。
 

ブルートゥーススピーカー

 

 こちらはパソコンスピーカーとしては高額ですが、われわれにとってはなくてはならないもの。しかも生活全体を大きく変えてくれたものの一つです。

ブルートゥース5.0なので、パソコンやスマホブルートゥース5.0以下だとつなげないことには、注意するべきです。猫目石一家は、今年MacminiM1を買いましたので、こちらにつないだり、iphoneにつないでおりますね。

 

音質には非常に満足しております。ブルートゥースなのであちこちに移動させることもできて、使い勝手が良いです。マイクつきであり、電話を受けたり、かけたりもできますね。今のところやってないですが・・・

 

最近は音楽鑑賞の時間を設け、youtubeのリストを再生しつつ、今まで聞こえなかった音を確認できております。特にシプリアン=カツァリスさん、今は亡きフー=ツォンさんの演奏を聴いてはインスピレーションをもらっております。

カツァリス さん若き日のライブ、ラフマニノフ3番。フーツォンさんの中国での演奏会で、隠し録りをされていたショパン。どちらも個性的で色々と教えてもらっています。

 

フーツォンさんは曲を、言葉として発信している部分もあるように感じてます。このスピーカーに変えてから低音域がよく聞こえるようになり、地底でうごめく何者かの声が、取り憑いているようにも感じておる、猫目石一家でございます。

 

若き日のカツァリスさん、オーケストラの引っ張り方がすごい。最後までついつい耳を傾けてしまう迫力とスリル、面白さがありますね。最近は毎日聴いています。猫目石に影響を与えてくれた演奏家の一人です。

 

 

約3ヶ月ぶりの面会

mizuki-shiro.hatenablog.com

↑にも書きましたように、5月中旬より一切の薬を断ち、治療を受けておりません。

 

施設を訪れましたのは、8/4。   緊急事態宣言中でもあり、しかも新宿を通るので緊張して行動いたしました。金平は猫族ですので、安心して荷物持ちに連れてくることができました。猫族にはコロナは無縁のようです。今後はわかりませんが・・・

 

5月中旬に延命措置をしないという書類を提出いたしまして、約3ヶ月弱すぎました。義理母は小さくはなりつつありますが、シミも消え、肌がきれいになっておりました。意思の疎通もきちんとできました。ただし、喉が弱っております。5月よりも一段と声が出なくなり、咳が多い。

 

嚥下機能がより弱っているように見受けられました。

 

目ばりは良いです。薬をもらっていたときは、ずっと目を閉じていましたのに、今はちゃんと見開いておりますね。耳は以前から良く、変化しておりません。

 

老衰の認知症ですが、昔の家の近所の人のこと、昔の家は楽しかったこと、この家にあったピアノのことを覚えていたり・・・今の猫目石一家の住まいに来たかったことなどを話しておりました。金平にも話しかけてくれましたよ。

 

義理母は緑内障によりほぼ目が見えません。それでも娘である猫目石ばぁさんの顔は「見える」と言っておりました。眼ではなく、脳のどこかでみているのでしょう。声だけで自分の娘だと判断することができているようです。

 

「身体が楽になった」とも申しておりました。薬を使ったり、いろんな処置をすることは、身体に負担がかかるのだなぁと思いました。われわれ自然死の選択をしたことは良かったと思いましたね。

 

音楽も聞かせました。どちらかといえば、普通の曲より、ガツンとした曲が好みになってきたようです。(われわれがyoutubeアップしている曲目は、一般的な曲と、誰もが聴かなさそうな難解な曲、個性的な曲を織り交ぜつつやっているのです。数多くアップはできないのが悩みのタネです。)

f:id:mizuki-shiro:20210806184701j:plain

 

義理母黙ってじっと聴いておりました。

 

最後に出ない声を振り絞って「また来て欲しい」と玄関でわれわれを見おくりつつ言っておりました。このような比較的元気な状態で面会できるのは、最後になるやもしれんと金平と話しつつ、帰り道をトボトボと歩きました。

 

また下旬にでも行ければと考えていたのですが・・・翌日施設から通達が参りまして「緊急事態宣言のためしばらく施設を閉鎖する」とのこと。タイミングが良かったようです。今回を逃せば車椅子に乗ってでも移動できる状態の義理母と会うことはなかったやもしれんと推測しておりまする。

 

もしかしたら、われわれのやるべきことは少なくなってきつつあるのやもと思っております。時に応じた役割が、皆に与えられているのですね。

 

「すみれの花咲く頃ピアノソロ 」楽譜発売

f:id:mizuki-shiro:20210728210112p:plain

 

Piascore 楽譜ストアですみれの花咲く頃の発売を開始しました!

store.piascore.com

 

音源は下記の記事内、上記のサイトにもあります。

ポピュラーミュージックとクラシックとの中間というところでしょうか?ピアノ発表会、高齢者施設での慰問演奏、パーティのBGMなどにもむいていると思います。上記サイトでは、全てピース販売となります。

 

今後も有名曲の編曲もの、自作品少々をおりまぜ、続けていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

mizuki-shiro.hatenablog.com

youtube更新 「すみれの花咲く頃ピアノソロ」

youtu.be

マインドフルピアノ歳時記、約2ヶ月遅れの昨日アップいたしました。5月中から予告していましたが、コロナウイルス 注射の副作用などがあり、6月中旬まで休みをとり、作業がだいぶ遅れてしまいました。

 

見ての通り、有名な楽曲です。こちらをピアノソロ にアレンジいたしました。昭和初期の時代を意識して、ノスタルジックな雰囲気にしました。映像はフレンチブルドッグのクリスティーさん、15歳の誕生日を記念して、作りました。

f:id:mizuki-shiro:20210718114002j:plain

 

 

近々譜面を販売します。サイトの許可を取り次第、またお知らせいたします。

 

マインドフルネスを始めて1年8ヶ月過ぎ(note)

note.com

上記の記事にもありますように、われわれ今までどうやっても無理であった規則正しい生活を実践できつつあります。一般の猫族 人族にしたら、「何をほざいておる! 当たり前だ!」とお怒りになることでしょう。この当たり前のことができず、おかしな方向に進んでいたことに気づきました。

 

今は実践継続中です。気持ちも楽になり、体調もよろしいです。潜在意識の通達がそのまま現実として現れててきつつあります。

 

マインドフルネスは身体に注意を向けます。生命と意識とは表裏一体であるからですね。身体を整えることにより意識も変わること、さまざまな分野にも応用できます。音楽なら楽器演奏の時の身体のフォーム、耳の訓練など。

 

良い指導者ほど、身体から入りますね?

 

マインドフルという名前は使っていなくても、素晴らしい人族猫族は無意識のうちに実践し、選ばれし他猫他人に伝えておるのです。

f:id:mizuki-shiro:20210709145739j:plain

トップのnote記事、お時間があるときにでも、お読みいただければ幸いでございます。