天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

動画完成形「マ・メール・ロワ」(小田原室内管弦楽団)

f:id:mizuki-shiro:20220417225158p:plain

2月末に下記の記事をアップ致しましたが・・・あの時の動画に手を加えて、最終段階にまで仕上げたのが、数日前とのこと。改めて記事アップです。

mizuki-shiro.hatenablog.com

 

演奏はこちら

↓ ↓ ↓

J-LOD Live2 採択公演 Odawara Chamber Orchestra Ma Mere L'Oye 小田原室内管弦楽団 マ・メール・ロワ HD 1080p - YouTu

 

今回は前回触れなかったことについて、書いておきます。

 

この楽曲(マ・メール・ロワ)は大変有名ではありますが、耳になじまない猫族人族も一定数おられるようです。特に曲といえば、「ショパン」などとおっしゃるような方々にとっては、敷居が高くて難しいと、伺いました。(ピアノ曲であってもメロディだと思っている方にとっては)

 

われわれもいやというほど体験したことですが・・・歌と器楽の楽曲を同じようにして聴かれる方も多々おられます。また歌についても(合唱含む)歌詞で聴く。音楽は置いといて、歌詞に重心を置く。よくあることでした。

 

だからと言って「違います」と言ってもお互いに良い思いは致しません。ですから少し話してみて話が通じないと思えば、黙って離れていくことにしておる、(すでに離れてしまった)猫族人族でございます。

 

歌詞のついていない楽曲は理解し難い族が多いようですね。

 

弦楽器の響きに慣れていなくて難しいとも思える族もおられるようです。猫目石は、この楽曲は現実(生)と幻想(死)の世界を行ったり来たりするのでは?と勝手に思い、今回の演奏会では、そのような試みを施した部分もあります。(この世界はわれわれが10年ほど前から作りかけては壊しておる、オーフィアス組曲と似ております。オーフィアスでは特殊能力をもつウサギ族が中心となり、生と死の世界を行き来する体験をするのです。)

 

編曲について・・

弱音器による独特の音色が、おどろおどろしい世界を表しているように思ったのです。原曲はRavelのオーケストラ版があり、計算されておるのですけれど、それとは別に猫目石の感じたものを、取り入れました。

 

1曲目の眠れる森の美女のパヴァーヌは、お話を聞きつつ、眠りに落ちていく風景が見えました。なかなか良い感じに演奏されていると思います。ストーリーと音楽が直結しているというか・・・

 

3曲目のパゴダの女王レドロネット この楽曲は、みなさんが似ているけれど違うことをやる。ヘテロフォニーではありませんが、似たような効果がでればいいなと思った次第です。同じメロディーであっても楽器を変えたり、奏者が変わることによってイメージが変わり、且つ共に演奏することで、音の厚みと音色の変化が得られるのではないか?と。

 

4曲目の美女と野獣の対話 相当悩んだ楽曲です。コントラファゴットでやるべき旋律は半音階がほとんどなので、ピアノに置き換えても良かったとおもいますが、それでは面白くない。コントラバス特有の、荒々しくも弾力に富む音があれば、野獣の隠し持った荒々しさ具合も表せるかと思ったんです。

 

譜面には打楽器を入れませんでしたが、入れていただきました。ありがとうございます。

 

5曲目の妖精の庭は、眠り(死)の世界から、現実(生)に戻ってくる情景。途中でピアノと弦のソロだけになるシーンは、眠りの世界を惜しみつつ、現実に徐々に引き戻される。最後は眠りの世界から解き放たれる。ハッピーエンドですね!

 

妖精=ピアノの高音域が、弦の庭に舞い降りる?とも受け取れました。

 

それから2曲目 親指小僧 猫目石一家のお気に入りの曲でして、良い曲だねぇと猫族金平とともに何度も聴かせていただきました。この渋さと不安さがわれわれの好みなんです。物語について何も知らないわれわれにも、不安や恐れが伝わってきますね。

 

われわれ物語の詳細についてはよく知りませんでしたが、後で調べてみて、訴えてくる感覚がそのままだったので、改めてRavelの音楽の力に脱帽いたしました。

 

大変素晴らしい演奏ですので、みなさま是非ともお聴きくださいませ。スマホやノートパソコンのスピーカーでも聴きやすいかと思います。

 

 

 

 

 

 

YouTubeで「初級和声の動画」を限定公開中

f:id:mizuki-shiro:20201103210317p:plain

レッスンのための動画を作っても容量が大きくて、メール送信できず、かといって相手方がネットやコンピューターのことに詳しくなくて、グーグルドライブなどの使い方を教えるにも手間取ってしまうことってありますよね?

 

で、vimeoやyoutube限定公開機能を利用してみました。非常に便利です。この記事では、これらの動画のうち、一部を特別に期間限定で公開いたしまた。内容としては密集と開離とオクターブ配分のピアノでの押さえ方や、配置転換の方法、近親調からの借用和音についての説明を少ししています。

 

動画は、基本のキ超初心者の人様に向けて作っておりますことを、ご理解くださいませ。オンラインレッスンはこのように進めているということを、わかっていただければ幸いです。

 

下記動画、しばらくすると削除となります。(現在2022年6月中旬)見たい方はコメントをつけてください。urlをお知らせします。

 

和声初級〜1〜

 

 

 

和声初級〜2〜

 

 

上記の動画を見ていただいて、こちらで作成した課題を解いてもらい、メール送信をお願いしています。そしてまたその課題の出来に応じて動画を作り、渡しています。おかげさまで、本を読むことが苦手な生徒さんからは、良き評価をいただいております。

 

 

和声の1巻を使いながらも、内容にとらわれすぎず、進めております。また肩の力を抜いてもらうためにも、決まりを前面に押し出すことなくやっております。耳 響きがまず先にあり、次に決め事ではないでしょうか?

 

オンラインレッスンのお知らせは以下のサイトにございます。

astro-music.link

 

下記は1レッスン制のご案内です。

音楽個人レッスンのご案内です。 | Labo-Chiron - Part 3

 


 

 

 

 

 

マインドフルネスを始めて約2年5ヶ月

われわれにとっては、マインドフルネスは必需品となってきておりまする。頭の整理整頓には欠かせません。特に他猫族、他人族との軋轢というと大袈裟ですが、われわれにないものをお持ちの方々と接する場合には、多大なるストレスが押し寄せます。そんなおり、大抵体調が崩れます。

 

マインドフルネス瞑想はまず、身体なんですね。身体(呼吸を観察し、呼吸を通して内面を観察する)を正しく使うことにより、精神も安定する。その結果、頭が整理整頓されて、悩み苦しみに上手に対処できるというものです。生き抜く術を自分で体得するのですね。

 

呼吸を観るといえば、いかにも簡単そうですが、奥が深いものです。しかし、継続していけば、悩みから抜け出す知恵を体得できます。

 

mizuki-shiro.hatenablog.com

↑に書きましたように、レッスンの形態を変えることにしました。我慢して今までのやり方を続ける必要もないと悟りました。対面でやられている先生方は多いでしょうが、われわれは独自のやり方で実践していくことにしました。

 

このような知恵を授かったのも、マインドフルネス瞑想のおかげだと思います。

 

ところで、3/22は猫目石一家義理父の命日でございました。昨日は雪で窓が開けにくいため、急遽予定を変更し、本日23日にいたしました。窓を開けて線香をあげ、般若心経を唱えました。般若心経は意外と息が続きません。

 

どこまでを一息で続けるかが、難しい。で、金平と共に、いつもマインドフルネス瞑想をするときの姿勢、腰を意識して声を出してみました。腰に声を響かせるのです。すると、声が透き通ってまいります。声を出すにも姿勢が大切なんだなぁと改めて思いました。

 

あちこちのお寺で、坊さんがお経をあげておられますが、苦しそうではないですね。しかし、元吹奏楽部の坊さんのお話によれば「管楽器の息の使い方が、お経にも役立っています」と言うことでした。楽器と同じ息遣いが良いようです。

f:id:mizuki-shiro:20220323161427j:plain

 

猫目石一家の現状。

ネットを最低限にし、曲を進めたいと思うようになりました。考えてみれば、時間の無駄です。TVと変わりません。youtubeを見ていても、プロの話し方とは違い、その道の専門家の話し方は内容は良くても、大変聞きづらいものです。その結果イライラして、気分が悪くなる。

 

また、音楽にしても素人人族猫族、素人に近い族が間違ったことを教えているのはよく見ます。音楽だけではなく、投資に関しても断片的知識を提供している族が多いので、本気にしない方がいいです。それなら考えに近い、アナリストの書籍を購入した方がいいです。

 

われわれは、とある猫族アナリストの書籍とメルマガ、日経(全て正しいわけではなく、間違ったことも書いてある)を勉強の道具として使っておりまして、大変役立っておりまする。1年ほど前までは、裁定取引のことも全く知らず、ましてや裁定買い残りなど知る由もありませんでした。その前に、短期金利長期金利があって、どちらを中央猫銀行が動かせるのかもわかりませんでした。

 

そのくらいの初心猫族人族でしたが、やっと本腰入れてポートフォリオを組んでみようかと思えるようになってきました。猫族なのに生意気やもしれませんが、やる気十分なのです。

 

マインドフルな生活とは自分を見失わないこと(依存からの脱却)でもありますので、われわれは少しづつそちらの方向に動いてきたと思っています。

 

曲は昨年書いた部分に手を入れ、シンプルに且つ感性重視にいたしました。編曲といっても、色々ありまして、原曲に自分の考えを盛り込む方法がありますね。われわれはこちらに近いでしょうか?おそらく聴き手を選ぶでしょう。

 

音楽体験の少ない人族猫族は敬遠なさるでしょう。多くの他人族、他猫族さまに気に入ってもらうのではなく、一部の共感を得られる猫族人族と新たな出会いが得られれば、嬉しいです。

 

 

 

 

2022年4月から1レッスン制開始

過去記事にオンライン添削レッスン1レッスン制の心づもりがあることを記しました。

mizuki-shiro.hatenablog.com

この時はまだまだ先の予定であると記しておりましたが、前倒しすることを決定いたしました。オンライン添削については2022年5月より、スタートいたします。

現状ではオンライン通話を使ってのレッスンをしておりますが、廃止することに決めました。課題の出来を見ていますと、最も効果があるのが動画の提供です。これならば、何度でも見られますので、理解も深まると思いました。

 

よく忘れる方、何度言っても同じ間違いを繰り返す人族猫族には、最適だと思っております。

また、こちらにとっても上記のような生徒さんはストレスの種になります。生徒さんにとっても同じことを繰り返して注意されるのはストレスを感じると思いますので、思い切って顔を合わせずのレッスンを選択いたしました。

 

昔はこのような方は、お断りしていたのですが・・・猫目石一家も多少は心が広くなり対処方法を変えました。

 

レッスン内容についてはリンク先を参照してください。

astro-music.link

 

加えて1レッスン制の導入。われわれの体力には、1レッスン制の方が合う場合もあると感じておりまして・・・これも来月(2022年4月〜)より受付することに決めました。主流はオンラインですが、ご要望があれば音楽スタジオ(東京恵比寿 赤坂)でのレッスンもいたします。

 

詳細は以下にございます。

astro-music.link

 

f:id:mizuki-shiro:20220319194522j:plain

ところで、3月初旬の確定申告提出の後から体調を崩して、休憩しておりました。ばぁさんも66歳になり、あまり無理をしたくないなぁと思い始めたそうでございます。レッスンもその一つでして、普通にお話が通じる人族ばかりではございませんので、そのような方は今後は早いうちに、手を打つ方向で考えておりまする。

 

体調を崩したことがきっかけとなり、われわれの時間を大切に、集中したいと考えました。今、「会議は踊る〜ラプソディ」の最終段階に入っておりまして、あとは浄書と音を中心に、映像は少しと考えております。

 

紙に音符を書いているだけなら、体力なんざいらないのではないかと思われる方もたくさんおられるでしょうが・・・逆でして、体育会系のような体力が必要です。ですからなんでもバリバリ食べて、運動して、よく眠りといった、ストレスゼロの生活が必要なのです。

 

年を取りますと、運動不足にもなりますし、なんとなく年だからダメか〜などと、思ってしまうのですね。これを解消するためにも、考えない生活を選ぶことにいたしました。そのため、レッスンは縮小し、われわれの好きなことを全面に押し出すことにしました。

 

いつまで生きられるかわかりません。それはもう自然の成り行きです。この自然の成り行きというものをもっと意識しようと思っています。

 

 

令和3年度分の確定申告(E-Tax)

今年は例年に比べて、迷いが酷かったです。昨年までは申告書の紙をお手本にしてできるような方法がE-taxにはありましたが、今年になったらリニューアルされていて、全く新しい方法になっていました。

 

昨年も途中で迷いましたが、今年は入口で立ち往生しました。昨年までの経験があるので、数字を記入する前に、やり方を確認しておこうとサイトに入りました。しかし、数字を記入しなければ、前に進めないのです。

 

一番わかりにくかったのは、どこに何を書くかということです。事業所得+所得税という入り口、所得税のみの入口がありまして、猫目石一家は当然ながら、事業所得+所得税の入り口だと思ったのです。しかし、事業所得+所得税の入り口をすすんでも、どこにも所得税を記入する場所がありません。

 

で・・・よくよくサイトを見ると、中ほどに「ご利用ガイド」という部分があり、

それぞれの申告に応じた説明書きが PDFにしてまとめてあったんです。その間、国税庁のサイトに行って昔ながらの「紙の申告書」を見て、どうしてもできなければ紙に書いて郵送でもしようかと考えたくらいでした。

www.keisan.nta.go.jp

最終的には、入力例を見てわかりました。要するに、所得税のサイトは別にあるので、

事業所得を入力すれば、自動的に所得税のサイトにデーターを紐づけることができるという流れでした。PDFにはこのように書いてありましたので、猫目石一家、押し流されるように

数字を入れて、勝手に計算してもらいまして、無事に出て参りましたが・・・・わからない上に、間違えたらまた一からやり直しという緊張感から、非常に神経を使いまして、ばぁさんは便秘になりました。

 

便秘になるほどだったのは、M1チップのmacには対応しているということで、安心していたら、またしても難関が待ち受けておったことがあります。safariしか使えないのですが、バージョンアップしてあると△が出て、推奨されないバージョンであると、囲みが出ます。うちはバージョン15ですが一つ前のバージョンまでしかダメだ、とのお達しが書いてありました。

 

おまけにカードリーダーがインテルマック用だと対応していないということで、あまり使わないのに、M1チップ対応の新たなカードリーダーを購入する羽目になってしまいました。iphoneをカードリーダーがわりに使えるとありましたが、非常にめんどくさそうで、もっと時間がかかりそうだったので、下記の機種を購入いたしました。

 

 

 

疑心暗鬼になりつつ、戦々恐々と進めましたが、何の問題もなく使えてホッとしております。この機種には延長コードまでついており、いちいちコードを探さなくてよくて、嬉しかったです。

 

結局safariは税務署のお達し通りではなく、最も新しいバージョンでも問題なく入力できたことをご報告しておきます。金平にも、ばぁさんの緊張が伝わってきたらしく、普段より食欲がなかったです。良からぬ雰囲気を感じたのでしょうな・・・

 

毎年毎年、E-Taxでは迷いますので、こちらに記事として残しました。また来年の申告の参考にしたいと思っておりまする。

 

 

 

 

 

マ・メール・ロワ(小田原室内管弦楽団)

数日前に、アップされたyoutubeの中に、1/15に行われた小田原室内管弦楽団ニューイヤーコンサートの動画を見つけました

 

↓ ↓ ↓ 

 

J-LOD Live2 採択公演 Odawara Chamber Orchestra Ma Mere L'Oye 小田原室内管弦楽団 マ・メール・ロワ HD 1080p - YouTube

 

 

昨年12/3日に義理母を亡くしまして7日間経った頃の依頼でして、相当バタバタいたしました。12月の電気代は、いつもの倍になっておりまして、夜起きておる時間が長かったのだなぁと思っておりまする。

 

義理母の施設の手続きやら、事務処理に遠方まで出かけまして、自宅のある大いちょうの洞穴を出たり入ったりの中の「書き」でございましたね〜 コンピュータ使いましたが、鉛筆ならもっと疲れたかと思います。金平にもご飯の用意などを手伝わせたり、年末ですのでピアノの下を掃除させたりと猫族にしては無理なことも言いつけました。

f:id:mizuki-shiro:20220226192330p:plain

 

その後・・・・猫目石ばぁさんの名前が検索にひっかかったことで偶然youtubeにたどりつき、演奏を拝聴させていただき、達人たちの腕の素晴らしさに納得いたしました。

 

管楽器のパートを弦楽器に移した部分が多く、弾きにくいとも思われますが、すんなりクリアしていただきました。一つ一つの楽器が独立しており、はっきり聞こえました。室内楽の醍醐味が味わえる演奏でして、この演奏ならばどこに持っていっても、賞賛されるのではないでしょうか?

 

われわれ、いままで関わった仕事では、心配が絶えなかったり、不満が残るものも多かったのですが、今回の演奏は一部の隙もなく、満足できました。こちらの楽団のことは全く存じ上げませんでしたが、能ある猫族は爪を隠すという諺通り、名手の隠れ場所であったわけですね?

 

繊細かつ、幻想的な表現が伝わる演奏で、感動いたしました。加えて縦の線と横の線のバランスがよく、響きが耳に心地よかったです。

 

くすんだ色合い、明るい色合いとの対比がくっきりとしており、大人の音楽になっていたと思いました。おとぎの世界と現実の世界をいったりきたりする雰囲気もよく現れておりました。

f:id:mizuki-shiro:20220226193156p:plain



ところで・・・

最近になりまして、原曲オケスコアの大きなミスを発見いたしました。書いている途中にも、音があちこち違っておりましたので、手直ししつつ進めましたが・・・5曲目、リタルダンドの位置が1小節後にずれておったのです。その時は気づかなかったです。

 

このミスも修正していただいておりました。

 

いずれにしましても、すばらしき演奏です。こちらを訪れるみなさま、お時間を作ってお聴きくださいませ。猫族人族、こぞってコンピュータの前に座ってくださいませ。

 

 

 

心の風通しをよくする

前回の記事に心の風通しをよくすると書きました。

mizuki-shiro.hatenablog.com

 

今、心の風通しをよくする時期に来ていることを如実に感じ、しかも同居猫の金平にも指摘されましたゆえ、対処いたすことにしました。

われわれ2020年あたりから、個人レッスンを行っておりましたが。最近になりまして、現状のレッスンには線を引き、形態を変えるなりして、猫目石一家の心の風通しをよくする必要があると感じております。

 

投資も勉強しつつ実践しておりまして、結構な時間を割いておりまする。(生前中の義理父の意見を受け入れ、本腰を入れて!)

また義理母が亡くなり、われらの時間を最大限に生かせる時期が来ているにもかかわらず、本来の道とは違う事柄に時間を使うのはいかがなものか?と気づいたのです

 

われわれも自然の中で生きておりますゆえ、いつ何時、見えない存在として意識の世界に行ってしまうかわかりません。他猫他人に合わせて、神経をすり減らすのは、将来的に残念な結果になると考えました。

 

心に壁をつくらなければ対処できない事柄、人間関係には距離をおくべきではないか?

 

それにはわれらの方から、さっさと風通しのよき場所に出向いて行ったり、引っ越しはせずともリフォームや建て替えなどを検討すべきであるのです。環境を変えるには、時期と見極めが大切。それが今ではないか?とも思ったのです。少し前に多少不都合なことを投げかけられまして、この出来事をチャンスと受け止めました。

 

われわれ、結論を出しました。

 

  • 2023年末を最終として、対面個人レッスンから撤退。
  • オンラインレッスンは形態を変え、添削レッスン&動画制作を中心とすること。(今までは電話を使用しておりましたが、中止。)ただし、理解に至らない、難しい場合のみ、電話などの通信手段を使う。
  • 2024年からはオンラインレッスンのみ。
  • 依頼があれば、スタジオで1回のみのレッスンに、応じることもある。

 

対面レッスンは来年のいずれかの時期で終了です。

f:id:mizuki-shiro:20220214131205j:plain

 

マインドフルネス瞑想をしていますと、世の中に折り合いをつけて、うまく渡っていく知恵がつきます。多少考え込んでも、尾を引かないっていいですね。仏教は個人主義的な哲学の上にあるのやもしれません。その辺がわれわれの気持ちに合うのです。

 

余談ですが、亡き義理母の父(われわれの祖父)は滋賀県彦根市彦根仏壇という伝統工芸の職人をしておりました。義理母の幼少の時に他界いたしまして、われわれは義理母から、「すごい技術の持ち主だった 京都の国宝の寺の仕事もしていた」などと良い話をたくさん聞いておりました。彦根市は仏教の盛んな土地柄でして、その血をわれわれも受け継いでおることから、マインドフルネス瞑想につながったとも考えられます。

hikone-bunkaisan.net

 

また、義理父の先祖にも、お寺さんがあり、仏教に繋がりが深かったのではないかと、思います。

加えて!義理母の知り合いも輪島で有名な曹洞宗の寺院でありました。(インスタグラム、twitterにもアカウントあり。)義理母は、毎年奥様から年賀状をいただいておりましたね。

 

このように、仏教にご縁のある一家であることから、般若心経なども唱えることができており、義理両親の供養に役立っております。

 

そのうち、猫目石一家の本籍地、彦根市を訪れること、計画しております。心の風通しをよくするきっかけになりそうで、楽しみです。猫目石ばぁさんは、幼少の頃滋賀県の義理母の母のおうちに預けられていたことがございますので、懐かしさもあるようです。このような形で、馴染みのある土地と新たなご縁ができることは喜びでもありまする。