天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

個人レッスン改訂とnoteについて

 

個人レッスン改訂

ここ数年、対面レッスンを行ってまいりましたが、2022年11月末をもちまして、終了いたします。今後はオンライン添削レッスン1レッスン(都度払い)のみとなります。

 

アレンジピアノ、ピアノのレッスンはなくなり、和声や楽典などの音楽理論 創作に限ってのレッスンに衣替えいたします。生徒さんについては、課題を手がける時間的余裕のある方に限らせていただきます。時間的余裕が全くないのにレッスンをスタートさせることは、無理があり、生徒さんのご要望にそうこともできなくなります。

 

音楽関係のレッスンは、課題が出ますのでそちらをご自身でやり、復習することが必要です。義務教育で学ぶような基本的学習能力や、自学自習の力が必要ですね?このような基本的な力や意気込みがない方には、到底無理なことと考えます。

 

おけいこごと専門の先生につき、理解しておられない方もいらっしゃいますので、改めて記させていただきました。

 

astro-music.link

 

note復活

マインドフルネスの記事について。しばらく非公開にしておりましたが、今また再公開しております。今後もマインドフルネスを継続しての気づきを、不定期で書いていきます。今も書きたいことは山積みなのですが、雑事多く前に進んでおりません。

 

現実の状態としましては、頭の中の整理整頓が3年前、いや1ヶ月前に比べて、格段によくできるようになったと思います。

 

われわれは今まで何を考えて、時間を食い潰していたのだろう!?夢をみてたのではないのか?

 

と思うほどです。

 

不思議なことですが、念じたわけではございませんのに、苦の種が遠ざかっていきました。

仕事の一環ですので、苦痛なのは仕方がないと思っておりました。またそれほどのストレスは感じていないつもりでしたが、離れてみますと、「ものすごく無理をして相手に合わせていたのだなぁ」と感じました。

我慢にも限界がありますね。我慢=苦しみ癖です。 そういう癖をもっているからこそ、我慢の種がどこからか近づいてくるんですね。完璧に遠ざかったということは、猫目石の悪い癖が脱却できたと考えて良いのでしょう。

 

マインドフルネスでは、セルフコンパッション(慈悲の瞑想)というものを行います。

わたしが幸せでありますように。

わたしが苦の種から解放されますように。

 

 

と心の中で唱えます。この通りになりました。怖いほどですね(笑)

念じるのではなく、もうひとつの自分から、現状の自分に語りかける。(話が長くなりますので、後日noteに書きます。)

 

過去を思い起こしても、我慢や取り越し苦労の考え方を経て、どうなったか?結局想像したような悪いことは起こらず、我慢をしてもしなくても結果は同じでした。それなら楽しい時間を過ごした方が良いと、強く思っております。

 

結果は決まっておるのですから、先のことを案じるより、今をいっぱいいっぱい、楽しく過ごしましょうね。

 

 

 

 

 

 

小田原室内管弦楽団「こどものための音楽会」

10/22 南足柄文化会館で行われた小田原室内管弦楽団「こどものための音楽会」に行ってまいりました。

今回は、楽器紹介にRavelの「ボレロを使うということで、このための編曲と、くるみ割り人形の演奏会用組曲を全曲編曲させていただきました。

 

くるみ割り人形は、小学校の音楽の時間に聴かされて以来、頭を押さえつけられるような重苦しさと、われわれの血の中にないモノを感じておりました。そのためか?最終の花のワルツまで聴き終えるのが辛かった思い出があります。

 

しかし、子どもの頃の体験はどのような道をたどろうとも、大きな意味を持つと思っております。歳を経て「あのときわからなかったコト」が理解できるようになれば面白いし、逆であってもその頃の精神状態を思い起こすことができる・・と思います。

 

ですから、今回の演奏会のような少し背伸びしたプログラムを鑑賞することは、お子さんだけではなく、大人においても将来の何かに役立つと思います。気づくことって、一瞬の記憶から始まるようにも思うんですよ。

 

それはともかくとして・・・

今回「くるみ割り人形」の譜面を細かく眺める機会を得られまして、子どもの頃に感じた近寄りがたさを音符を通してみることができました。この楽曲は映画「マトリックスの世界に似ているのではないか?と思いつつあります。

現実と思い込んでいる世界=幻想の世界であり、本当の自分(もう一つの自分)がいる世界は別にあり、別世界から幻想の世界を観察している作品であると感じます。そうなれば、子どもの頃に感じたわけもなく重苦しいと思える世界にも説明がつくかな?と思えました。

 

あのときは真正面から曲を聴いて、音の渦の中でもがいていたんですね。

 

楽譜には、しのびよる怪しい足音や、化け物(ねずみの集団?)のコサックダンス、箸をぽきぽき鳴らしつつ踊る中国の操り人形、偽物の金平糖(本物はウイルス?)のダンス、薬物(イスラム教徒にとってはコーヒーは薬だったそうな・・・)を飲んで踊るアラビアの世界、などが描かれ、われわれの脳にこれらの怪しい世界が刻み込まれていくことを、密やかに楽しんでいるように見えました。

 

メロディが覚えやすく、繰り返しが多いために、親しみやすいと思われがちですが、それは表の世界。

裏には現実と空想を分けることができなくなった病的な意識が溢れており、その辺を整理整頓するために、創作に力を注いでいたのかもしれません。

 

チャイコフスキーの本心、サガ(性)が、童話の世界を通して描かれておるのだと、勝手に決めつけております!

 

凝縮して音を使用してあるため、旋律を強める効果が高い。たとえば行進曲の提示部と再現部はGとDの音 中間部分はEの音(つぎの金平糖の踊りのbassのEを匂わせる)を中心とするなど、統一がなされているんですね。

 

で、トレパークは5度の動きを受け継ぎ、アラビアの踊りも5度の保続音的な音型、そして途中のつなぎの部分には、この5度を横の線として使い、楽器を受け渡します。つなぎが大変印象的。

子どもの頃はなぜこの部分があるのか、理解不能でした。学校では、コーヒーはアラビアだから、こーいう雰囲気なんだと先生が説明していた覚えがありますが、わたしはそれだけではないだろう・・と自問自答しておりました。

 

↓ ↓ 「くるみ割り人形より」アラビアの踊り(この動画を見ながら編曲のアイデアを膨らませました)


www.youtube.com

 

5度が最終曲の花のワルツにも受け継がれていき、華やかに終わりを迎えます。が・・・しかし 本当の終わりではないぞ といった曲集だと思っています。

 

↓ ↓チャイコフスキーの弟子が編曲した、ピアノソロの「花のワルツ」

カツァリス氏の演奏は大好きで、毎日聴いております。

youtu.be

 

 

ボレロなど、他の曲については、音源がアップされてから、別記事に書きます。

 

当日の演奏に対する印象です。

 

0歳からのお子さんを対象としていることで、原色の世界に彩られておりました。どんなに賢い子どもでも幼少の頃は、目がはっきりせず、  にしか反応できないときいたことがあります。それは音楽においても同じで、高度な芸術作品をもってきても、お子さんには理解不能なことが多いと聞いております。

 

人の原理に基づいた演奏であったと思います。

 

具体的には黒白はっきりしており、明るい雰囲気でした。テンポも早く、小さなお子さんたちや日頃音楽を聴き込んでおられない方々にとっては、爽快でわかりやすい演奏だったのではないでしょうか?

 

曲目も工夫されており、チャイコフスキーラヴェルの他に、アメリカの作曲家アンダーソンの作品もとりいれ、加えて、童謡のプログラムもあり、肩のこらない演奏会でした。

 

教育用作品をだいぶ昔に書いておりましたが、こんなに充実した感じではなかったです。費用もかかることですが、継続することが楽団の成功につながることと思われます。(結成して3年目と伺っております)

 

まだ、音源がアップされておりませんので、細かいことはアップされてからお伝えしましょう。

 

 

しばらく休んでいました

note.com

近況をnoteにアップしました。

多忙のためこちらを留守にして、数ヶ月経ちました。その間に季節もひとつ進みました。今は一休みしつつ、別の仕事も片付けたところです。

 

最近になって、身体的にも「まだ大丈夫かもしれない」という自信めいた気持ちが出てまいりました。それは歯の治療を終えたこともあると思っております。以前は疲れると顎のリンパが腫れたり、歯茎が腫れたりして、不安に思っておりましたが・・・数ヶ月かけて歯の治療を終えてから、このような不具合が全くなくなりました。歯ぐらいで身体には響かないと思っておったのですが、不調の原因は歯からきていたのかもしれないとも思っております。

 

でもやはり、無理は禁物なので、朝型に移行中です。こちらの記事も頻度は少なくなると思いますが続けます。今後は音楽制作によりいっそう力をいれていきます。

 

 

 

 

 

音楽は教養なのか?

noteを更新いたしました。

note.com

 

昨日3日は義理母の月命日でございました。昨日は歯科治療のための外出がございまして、般若心経は本日に回し、線香を灯すだけにいたしました。

 

ここに具体的なことは書きませんが、数ヶ月も前から知らされていたことが時期も含めて現実となり、驚いております。この一件のみが現実となっただけなら、偶然の一致で終わりでしょう。しかし、他のことも、97%の確率で現実になっておることを考えますと、予感といいますか?脳裏に浮かぶ一瞬を見逃すことはできないと思っております。

 

このような能力は、マインドフルネスをはじめてから体得したと思います。脳を休ませるために、20分程度の時間をとっておりますが、無駄ではない。誰にでもある能力なのに、使わないことはもったいないと考えるようになっております。

 

ところで・・・「教養としての西洋クラシック音楽とか「初心者向け西洋クラシック音楽入門書」といった書籍が数多く出ておりますね。数日前に検索をかけておりましたところ、驚くような書籍を発見いたしました。

 

bookmeter.com

 

こちらの書籍。この本のタイトルや音楽に対するアプローチの方法を眺めただけで、「これは???」と思うところがございました。特にブラームスの弦楽6重奏曲(ピアノ版もあり)などは、われわれピアノ版をブレンデルさんの演奏で日常的に聴いておる楽曲でございまして・・・全く感じ方が違ったことに驚きを隠せません。

 

われわれの生まれる前「恋人たち」という映画にこの楽曲が使用されたようです。これが元となり、エロスという枠にはめられたのか?献呈したお相手のクララ=シューマンシューマンの奥さんであったことから、エロスに発展したのか?それはわかりません。

 

われわれ厳しい音楽であると思っておりました。全くもって甘い感じはしなかったです。ガラガラと崩れ落ちる音型が途中のバリエーションには出てきますが、だからといってこの音型が何に通じるのか?当てはめて考えることはしませんでした。

 

ブラームスが表現したかったことは、その当時のご自身の「今」だったのではないか?と思います。そこに無理やり後世の聴衆の考えをこじつけるのは、流動性がないなと思った次第です。

 

一般の方々が、「不倫の末に感じたことを曲にした」と知識を得て?聴くのはあまりよろしくないと思います。先入観を得ずに聴くことが望ましい。そのほうがより、自由な聴き方ができ、ご自身の音楽に関する成長を確認することができると思います。

 

文章ではなく、音楽です。音楽は目に見えない世界ですので、そのへんのことを理解するには、本など全く必要にすることなく、好きな曲を聴いていけば良いと思います。加えて、音楽は体験でありますから、好きな楽曲を楽器や歌でなぞってみるのもよろしいかと思います。

 

ベートーベンのピアノソナタ23番は、猫目石的には、ピアノのさまざまな響き(和声の厚みや音域も含め)を通して、明暗の世界を感じております。最初に2octのユニゾンがでてきます。こちらが1octでないところが重要。

 

2oct離れていることで、奥深い響きがする。テーマのあちこちに休みや空白の部分があります。こちらは無音や弱音の中にも、余韻や聞こえない響きがあることを感じ取ってほしかったのでは?と思います。

 

われわれはこの楽曲に、内なる情熱(花火のような)をみました。



昔、メシアンで有名なピアニスト、エマール氏がドビュッシーなどといっしょに、この楽曲をCDにいれておりました。もしかしたら?響きという点で、ドビュッシーに通じるものを感じ、ベートーベンらしくないアプローチをされたのやもしれません。

 

われわれは文学についてはど素人ですが、音楽をやっている人族猫族としましては、音楽的教養を得たいならば、別の方法をとったほうが、たしなみとしてはよろしいのではないかと思った次第です。

 

ベートーベンピアノソナタ 32番 1楽章

youtu.be

 

 

 

芸術とは?(note更新)

 

note.com

note(日記)を更新いたしました。

 

 

最近の猫目石一家、歯の治療をはじめました。住処の近辺でも先生は大勢おられますが、様子がわかりません。何を言われるかわからない先生のところにいくのは、勇気がいりまする。

 

前に奥歯を抜いた時に、インプラントを勧められました。頼んだわけではないのに、口腔外科医として大学病院で修行をしていた、とのご紹介に預かった先生が「今やるべきです。年くったらできませんよ」おっしゃいましたしかし、われわれは、外科手術はやりたくもありません。絶対にお断りです。手術って、うまくいくかどうかわかりませんもの。

 

過去に(20代のとき)ばぁさんは子宮筋腫の開腹手術をした経緯があり、その時の痛みがあまりにきつかったので、手術はやりたくない!!と思っているようです。筋腫が大きく、出血多量であったがために、増血剤を打ちつつ2週間経過してもまだ少し貧血で、輸血の容易もしたんです。

 

輸血も簡単ではありません。血液が合わなければ、身体が腐ったりすることもあるよ、看護師さんに言われました。そういうこともいやですしね。その頃は義理母がまだ元気で、近所の手術経験猫族に「痛かったですか?」と聞きにいったようです。その方「お産より痛かったです」とおっしゃったようです。

 

ばぁさんの場合は、歯の治療の30倍くらいの痛みが24時間続き、その間水も飲めず、どうしようもなかったと、言っておりました。

 

インプラントと身体の手術は別ものでしょうけれど、メスを入れることは痛みに繋がるに決まっているし、生活まで変わってくると思います。

 

われわれの猫生人生ですので、ご縁のない一族の欲のために、生活を犠牲にはしたくありません。

 

過去に不快な思いをしておりますわれわれ、インプラントを扱っていない(反対派)先生にコンタクトをとりました。良き先生は言葉少なです。お電話でお話しして、この先生が良いのではないか?と感じ、お願いすることにいたしました。

 

時間もきちんととってくださいますし、(流れ作業式ではなく)料金に関しても非常に良心的で、しかもオーソドックスな治療を丁寧にやっていただけます。先生ひとりで対応していただけるのが良いと思いました。

 

亡き義理父(医師)も60代以降はたったひとりでやっておりました・・・やはり、親のやり方と同じだとか、接し方が似ていると「この先生が良い」と思ってしまうのですね。

 

全ての面で、親の存在の大きさを、思い知らされております。

 

猫目石が良いと思うことでも他の猫族には合わないかもしれません。先生との相性は大きいでしょうね。そういう面も含めて、歯の先生選びをすると良いと思います。

 

 

日記更新

note.com

前回に引き続き、noteに日記をアップしました。ソフトバンクair5Gも、なんとか動かせるようになりました。それでも標準のスピードには至っておりませんね。有線で繋ぐのがネットの標準的な方法だと思います。

 

そのうちリアルタイムで猫族ライブでもすることがあれば???有線に戻すと思います。

多くの高齢猫族人族の方々が、70代 80代になってもお勤めをされておられます。義理父も90歳で亡くなる少し手前まで、働いておりました。これは義理父を頼ってきてくださる人族さん、猫族さんがいらしたために継続できたこと。

 

義理母訃報のご連絡をさしあげたときにも、わざわざお返事を下さった人族さんもおられまして、改めて今は亡き義理父の徳を思い知らされました。

 

われわれも亡き義理父のように、一生働き続けたいと思っております。猫目石一家は、財は乏しいのですが、健康であるがために一生働く運命であると思っております。このような一家がひとつくらいあっても良いのではないか・・・と一人と一匹話しております。

 

具体的には過去にやってきたジャンルを再び手がける、時間と環境を手に入れつつあります。体力的にもまだ大丈夫そうなので、このまますすめて、もっと高齢になったときのための糧としましょう。

 

お仕事の中には、オーフィアス組曲の中の編曲もの(編曲した楽曲)も含めます。今まで自ら楽譜集を出したことはありませんでしたが、まとまったら出す予定です。「買います」と言ってくださる殊勝な人族さんもおられますので・・・

 

オーフィアス組曲のオリジナル曲は、われわれがほんものの高齢となった折、大いちょう界隈の猫屋敷に、ひいきの仲間に寄り集まっていただいて、お披露目したいですね。物語の最終章でこのような演奏会をやる場面があります。物語が現実となれば非常に嬉しいです。それまで何かと鍛えておかなければなりません。

 

 

 

 

猫目石note

noteの件。以前はマインドフルネス瞑想についての経過を記しておりましたが・・・とある理由によりこちら(はてなぶろぐ)に全ての記事をうつしました。

 

代わりに月に一度くらいですが、noteで日々の出来事を記しております。

note.com

 

↑の記事のように、最近は環境の整備の最中です。過去にやらなければいけなかった、ソフトのバージョンアップ、考え抜いたあげくの譜面作成ソフト購入。投資商品の組み直しなどやっておりまする。→近々起きる尋常ではない不景気に備えて

 

生活を派手にせず、ある程度倹約する。生活費はほぼ今まで通りですけど、モバイルを変えることを検討ちぅ。ソフトバンクは悪いこともないけど、良いこともありませんし、今後は電話でどうこうする仕事はしませんので、音質悪くても問題なし。

 

オンラインレッスンは、オンライン添削に鞍替えしまして、リアルタイムで話すことはやめております。1ヶ月経過した結果、同じ人間ならばオンラインでもオフラインでも同じ。注意することが全く変わらないことを知りました。何にしても生まれ持った力が必要なのでしょう。

 

それはともかくとして、経済をあまりに締めすぎて、不満がたまって体調悪くなったらもっとお金がかかります。過去を思い起こせば大概我慢のしすぎや、苦しみ癖が高じて、どこかが悪くなっておりました。ストレスが最も身体に悪影響を与えるようです。

 

そのため、電話代のようなあってもなくても良いようなものを、けちっておくのが一番かと思っておりまする。菅総理のときに、せっかく携帯電話にメスをいれてもらいましたのに、活用しないのはもったいない。

 

はてなぶろぐは何となく3年以上も続いておりますが、取り立てて何かにつながったことは皆無でございます。何かにつながっておるのは、youtubeですね。全く宣伝もせず、新作アップもほぼしておりませんのに、どこからか見つけて来てくださる方がおるのは、不思議です。

 

来月あたり調律をして、また譜面と一緒に新作アップです。(曲はできているので)

 

遅すぎかと思われるでしょうが、金平の義理母が亡くなってからというもの、突然の激務や、季節の変動が激しいこともあり、3月〜2ヶ月ほど軽い体調不良となりました。今は季節も落ち着き、身体も楽になったと感じますが、猫目石一家、高齢であるため、疲れたら休むことを習慣にして進めております。

 

アルコールも抜き、夜更かしもできるだけせず、健康生活を保つように努力です。そのためペースがゆっくりしております。

 

今後は得意なこと中心に、しかも関わりたくない人族猫族には距離を置いて、暮らしていきます。毎晩、クラシック音楽三昧の日々ですので、その辺についても記事にしていこうと思っておりますよ。