天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

義理母の49日

昨年12月初旬に猫目石一家の義理母(金平の義理母=ばぁさんの母親)が死去した時から、7週間経ってしまいました。偶然ながら、義理父の月命日22日と同じなので、本日はわれわれ大忙しでした。

 

線香に火を灯し、お供えを吟味したり、般若心経をあげるために、姿勢を整えたりしました。また部屋がかたづいてなければ、故人に対して失礼に当たるとばぁさんに言われ、そそくさと布団をセッティングしておった金平。忙しながらもうまくできたようです。

 

般若心経は一人と一匹で、心が空白になるのを感じながらあげましたね。なぜか般若心経をあげると、心が空っぽになります。こーいうのを、マインドフルネスというのだな、と感じます。いちいち瞑想の時間を取らずとも、日々の暮らしの中で空になることがわかれば、それを続けるのも良いですね。それは人族猫族それぞれなのですわ。

 

亡き義理母には、われわれ大変なご恩を感じておりまする。われわれが困っておれば、自分の方から連絡をよこし、「困ってないのか?」と聞いてくれたこともありました。霊感があると言いましょうか、顔を見なくても状況がわかるようでした。

 

最後は右目を失明し、左目もあまり見えなくなりましたのに、金平とばぁさんの顔は見えると言ってくれました。心の目で見ていたのでしょうか?

 

大変病弱で、まさか94歳まで生きながらえるとは、思ってもいませんでした。胃がんの手術を66歳だったかにしておりました。しかし、初期中の初期であったため、その後再発もなく、がんというものからは一切解放されたようでした。

 

胃腸関係も弱かったです。10代終わりに腹膜炎をやっているせいもあったでしょう。亡き母の母が、医師に見せるのが手遅れになったからでしょう。医師にはこっぴどく怒られたようです。この腹膜炎のせいで、卵管が腸に癒着し、不妊症となったのですが、不妊症の治療は一ミリもしていないのに、なぜか??ばぁさんが結婚8年目にしぶとく生まれてきたんですね。

 

ばぁさんのしぶとさは、生まれる前から決まっておったのでしょうな。ばぁさんがいなければ、出会えませんでしたから、金平はその点は感謝しておりまする。

 

他にも、戦争中に京都の女学校に通っていた19歳の折、汽車の中でアメリカ軍の機銃掃射を受け、返り玉が足を貫いたのに、切断することなく治った。当時は薬もなかったのですが、免疫力でカバーしたのでしょうな。

 

年を食ってからも、病気が多かったです。その度に生き返ってきたのは、強運の持ち主でもあったと思います。

 

寿命と病とは別ものでありますね。身体の強い人族猫族が、長生きとは限りません。ただ、死ぬ時は自分で決めておるようでございます。

f:id:mizuki-shiro:20220123185638j:plain

 

われわれお通夜の日に、オーフィアス組曲の中の一曲「addictus〜手放す」を亡くなった義理母に聴かせました。チベット仏教では、亡くなったとしても耳は聞こえると言いますね。この楽曲は、幾度となく存命中の母にも聴いてもらっておりました。

 

ある方から、不眠症だったのに眠れるようになった」と嬉しいご感想をいただきました。この楽曲、youtubeにアップしてありますが、チャンネルの目的は「音楽が薬がわりとして利用されれば良い」というものでもあります。その目的が少しでも達せられたことは嬉しいね、と金平がぎゃうぎゃうと喜びの鳴き声でアピールしておりまする。

 

 

youtu.be

 

2022年は編曲ものはクラシックの楽曲を中心に据えようと考えておりまする。他人他猫に擦り寄る姿勢ではなく、猫目石一家の世界を表出するチャンネルにしようと決めました。

 

オリジナル曲も然り。義理母は、意識の世界に行ってしまいましたので、そちらにも通じ、こちら(現実世界)にも通ずる創作ができれば良いなと、希望的観測を描いておりまする。

 

 

HP記事追加

しばらく更新できておりませんでしたが、HPのマインドフルネスのページに記事を追加いたしました。↓ ↓

 

 

astro-music.link

 

今回は潜在意識との対話です。潜在意識なぞといえば、マニア向けと言われそうですが、そうでもないんです。例えば津波が後ろから迫ってくる中、大事な箪笥、いつもは持ち上がらないような重い箪笥が、ひょいと持ち上がり、かついだまま全速力で山の頂上に駆け上がった」というお話は小学校の先生に伺ったことがありましたね。

 

これも立派な潜在意識との対話の例です。危機的状況の時に、普段の自分からもう一つの自分に選手交代して、津波から逃れただけではなく、大切な箪笥までも守ることができたんですね。

 

このお話は猫目石ばぁさんが小学生の頃、担任の先生のお話の中では最も印象に残ったものの一つだったようです。>社会科のリアス式海岸の説明の中での余談的なものです。

 

ちなみに潜在意識とは、猫族であれば自分の中のもう一匹の猫、人族であればもう一つの自分というもので、脳のどこかしらんにあるらしいですよ。こちらを鍛えると人生猫生変わるんです。

 

でも習えば良いというもんではなく、みなさん独自の人族ですから、それぞれのやり方を見つけるのがいいのです。それによってご自身の道が見つかります。

 

時々思うんですがね〜節目に起きる出来事なんかを見渡しますと、人生猫生決まっておると感じます。あみだくじのようにいろんな道を行っても、最終地点は一つなんです。最も分かりやすい例は死ですね。必ず死に至る。先日の母(ばぁさんの母)の死においても、怖いものではなく、自然と一体化したんだなぁと思いましたね〜

 

金平は時々、自然と一つになること(自然に戻ること)が死ではないか?とぎゃうぎゃう言いますね。言いながら煮干しを食いちぎっております。

f:id:mizuki-shiro:20220113144443j:plain

 

われわれ自然の存在ですから、生まれる時に道を決めてきます。まっすぐな道だけではなく、あみだくじのように枝分かれしている道もある。現時点ではご自身の望まない世界に進み歯痒い思いをされている方も多々おられる。でもそれは通過地点であり、最終的には自分の決めた世界に行くことになっておるのです。

 

望まない世界にいるための苦しみ、葛藤はありますけれど、それが終わりではないと思いますね。自分の望みとは違う世界に行ったと思っていても、さまざまな理由で方針転換し、生まれる時に決めてきた本来の道を進んでいたと、思うこともあるでしょうな。

 

これって好きとか嫌いとか関係ないようにも思いますよ。

 

こうやればうまくいくとか、何々一家がこうやってるからといって作為的に真似しても、所詮自分の人生猫生ではないから、やめてしまったりする。で、悩むんだけど、その悩みは最終的には解決されると思う・・最終的に自分の決めた道に行くことになってるから。

 

猫目石一家、母の死を通してこのような考えに至りましたしね・・ばぁさんのここのところの仕事なぞみていても、悩んでバカみたいだったなぁと思うことばっかりなんです。苦しみ癖=悩み癖をとって、無目的に何かやってみるのも良いかもしれませんわ。

 

どこでどんな猫に会うかもわからないし・・・へへっ>金平

 

われわれはもう腹くくりました。思えば2019年の冬、潜在意識に「腹をくくれ」と通達を受け、なんのことやらわからなかったけど、このことだったのやもしれません。いつまでも理解が遅い、猫目石一家のお話でした。

 

 

母の1回目の月命日(IBS便秘型)

 

f:id:mizuki-shiro:20220103132239j:plain


早いもので、猫目石一家の義理母、1度目の月命日を迎えることとなりました。昨日は体調が悪いなどと落ち着きがなかったばぁさん、起き抜けにお湯と一緒に、漢方のケイシカシャクヤクトウを試しに飲んでみたところ、ものの5分もしないうちに、普通便に戻っており、「写真に撮りたいくらい」とつぶやきましたが、金平は制止。

 

本日も起き抜けに便意をもよおしたばぁさんでしたが、前日と変わらずコロコロのウサギさんの糞のような便が、申し訳程度に落ちるくらいで、またかと思ったそうでございます。このままいけば、近所の胃腸科の先生に診てもらおうかと思ったようでございますが・・・がっかりしたのも束の間でして、つきものが取れたように普通便に戻り、ここ6日間ほどの便秘は一体何だったのだろう?と話しております。

 

自律神経の乱れからくるものに違いありません!

 

昨日ふと、亡き義理父が残していったケイシカシャクヤクトウを思い出し、飲んでみたようです。過去に、漢方の先生のお世話になっていた頃に、ケイシカシャクヤクトウはIBSの便秘型に効くと聞いておりましたので、試しました。ばぁさんは普段は便秘はありません。IBS下痢型なので、以前は別の漢方薬を処方してもらっておりました。

 

保険診療の漢方ではありませんので、てきめんに効果が現れ、花粉症まで軽くなってしまいました。その頃は、作曲のストレスで相当ひどい目に遭ったと思い込んでいたのですが、先生は「こんなの全然大したことありません。だから気にしないように。」と言われました。しかし、その頃はお茶碗に軽く一杯のお粥を食べても下痢をしておりまして、お茶を飲んでもお腹が動く状態で、どうにもなりませんでしたが・・・

 

そういう時に限って仕事が重なっていたことを思い出しますが、このような状態でも曲は書けておりましたので、本格的な病気ではなかったのでしょうな。

 

いずれにしましても、約6日間続いた便秘から解放され、楽そうな顔をしておる猫目石ばぁさんでございます。

----

前置きはさておき、本日は一度めの猫目石義理母の月命日でございます。昨日からわれわれは、お供えをどうするか考え、祭壇がわりのピアノの上のホコリはらいをいつ頃やるか?とか、般若心経をあげないといけないなどと、話し合っておりました。

 

で、お供えにはっさくを追加し、義理母の好物であったお餅、お茶も供えました。最近はお茶を供えてあげたほうがいいように感じまして・・・

その後線香をあげ、般若心経を金平とともにあげました。これで今日のお勤めは終わりでございます。

 

ささやかでも供養をしますと、亡き者たちは力を授けてくれることを、身をもって体験しておりますので、今後も続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母逝去

f:id:mizuki-shiro:20211204215006j:plain

12月3日0時22分に金平の義理母=猫目石ばぁさんの母親 94歳が天に昇りました。

先週あたりから、施設から連絡が頻繁に入っており、金平&ばぁさん「義理父からの通達はもしかしたら??ホンモノなのかも」と話し込むことが多くなりました。

 

先週あたりからは

脈が途切れ途切れになり、食事も一口二口

薬さえも飲み込めない

痰が多くて昼間だけで5回ほど吸引している

医療用の吸引器を使う必要あり

日によっては7割ほどご飯を平らげたりすることもあり、不安定な日々だったようです。

 

慌ただしくなったのは、12/2の22時半頃からです。

痰がひどくて窒息しそう。

夜間なので看護師がおらず、訪問医の繋がりで連絡を取ったが、施設から1時間の距離にあり、間に合わないかもしれない。

このまま亡くなることも考えられる。

 

その後は外部の看護師さんから連絡あり。

施設に到着するには1時間ほどかかり、酸素量などから、到着する前に天寿を全うする可能性がある。この辺を納得してほしい。

 

 

猫目石ばぁさんは、突然のことなので焦りながらも「すでに先生とご相談しておりまして、延命治療はしないことにしておりますので」と話していましたさ。

 

その後また施設から連絡あり。

こちらにいらしてください。今から(23時前)か明朝かどちらにしますか?

ばぁさんは遠方であることと、疲れていたことなどが重なり明朝にしようとおもったようですが、意を決して

今から行きます。まだ終電の時間ではないので大丈夫だと思いますが、無理でも途中まで行きます。駅前でタクシーがスムーズに拾えればいいんですが・・・

と腹をくくりました。

その後、金平に「今日は泊まると思うから、冷蔵庫からローストビーフサラダを出して食べておきなさい。お水はポットにあるから、適当に飲むように。」と言い残して、寝巻きの上にコートを着て出ていきましたね。

 

ばぁさんは「こんな時に限って、地下鉄の中で騒動を起こす人族がおり、遅延したけど、乗り換えは走って間に合わせたよ。」と話しておりました。気を確かに持たなければ目的地にたどり着けないですからね。

 

その後、1時間半ほど経過して、施設にたどり着いたところ、玄関でケアマネさんと看護師さんが待っておられて「お母さんの呼吸はとまりました。」とお話くださいました。

 

亡き母の自室に入ると、苦しんだ気配は全くなく、静かに横たわっておりました。ケアマネさんのお話では、亡くなるその日までご飯を食べ、普通の生活をしていたとのこと。

看取りはケアマネさんにやってもらったのだと思いますが、痰をとる時も「大丈夫です」と言いつつ気丈な態度だったお聞きいたしました。痰をとってもらう途中、呼吸が途切れ途切れになっていき、自然に呼吸停止したということです。

 

死因は自然死(老衰)です。猫目石一家が望んだ通りの死にざまでございました。

 

われわれも義理母が施設入所をしてからというもの(約3年間)悔いのない世話ができたと思います。そのせいか?悲しみはなく、気持ちが乱れることもありません。加えて、2019年から始めたマインドフルネス瞑想が、猫目石一家に落ち着きと強さを与えてくれました。

 

マインドフルネスと言いましても、医療系やビジネス系ではなく、仏式です。医療系 ビジネス系はご利益中心です。それも悪くないと思いますが、非常時に陥った時には、仏式が強いかと思いました。人族猫族 生きていく上には、必ずトラブルや困難が発生します。それを呼吸を通して自分を見つめ、いかに乗り越えていくか?折り合いをつけるか?

 

他者多猫に頼るのではなく、自分で編み出すことができる、素晴らしい方法です。釈迦は天才であったと思うこと多し。

 

ところで・・・

マインドフル瞑想の折、潜在意識らしき者と対話することを書いてきましたが、猫目石一家にとっては、9割がた現実となり驚いております。

2020年からの通達通り、義理母の2022年はありませんでした。それだけではなく、他のこともほぼ現実化されており、感慨深いです。

 

100%ではないと思いますが、潜在意識との対話=自分の内側にあるものを知り、信じて進むことが、人生猫生に良き影響を与えてくれるのではないかと思っておりまする。

 

介護のカテゴリーで記事を書いてまいりましたが、母逝去いたしましたので、介護の記事は今回で終わりにいたします。長期間にわたりお読みいただきどうもありがとうございました。

 

 

 

 

ターミナルケア

f:id:mizuki-shiro:20211025133356j:plain

 

義理母、9月末よりターミナルケアプランとなりました。猫目石ばぁさんがコロナワクチン接種を2回しましたので、金平と連れ立って、少し前に面会してきました。8月初旬と比べると、痩せ方が激しく、しかも呼吸が苦しそうでした。

食べてはいるようですが、好きな時だけ。痰は吸引してもらっているようです。

意識はしっかりしており、金平との受け応えもきちんとできます。嚥下機能が弱く、声帯も衰えているのか、声はほとんど出ません。

 

医師の話では、今すぐに状態悪化にはならないと。しかしわれわれの感触では、月単位で衰えていくように如実に感じております。

義理母にとってこの先良くなるわけでもなく、美味しい物が食べられるわけでもなく、動けず、われわれの住まいに連れて帰れるわけでもありません。生きていても、なんの変化もなく、希望もない状態です。

 

せめて、われわれの住まいである大いちょうと近ければ、もう少し面会にも行けるのですが・・・そんなわけにもいきません。しかし、食べられるうちに美味しいものを食べてもらい、贅沢をしたことはよかったです。これはマインドフル瞑想中に、何者かが耳打ちしてくれましたので、半信半疑でしたが実行してみました。

 

結果的に成功したと思っております!しかも衰える時期まで的中しておりましたので、マインドフル瞑想に手を染めたことが利点となりました。義理母を見送るための難儀を乗り越えるために、われわれが選んだ方法だと思います。

 

義理母の治療をやめたのが5月中旬。その頃からは、電話の電源を切るなと言われておりました。何かあってもすぐに連絡できるようにとのことでしょう。猫目石一家の責任にかかっていますので、スマホの電源は今でもずっと切っておりません。

 

状況がどう変わるのかわからないことが、苦の種でした。でもターミナルケアに入ることを契約書にサインしてから、良くても悪くても状況が見えたことが、われわれの救いでもあります。今までは見舞いに行っても、外でお茶を飲んだり、外食したりなどという事はありませんでした。

 

外に出ても飲まず食わず。義理母の見舞いには往復で最低でも3時間はかかりますので、外食をすると時間的に無駄が出るという気持ちがあったのかもしれません。そのせいか、最近猫目石ばぁさん、疲れやすくなっておりました。先日は、数年ぶりに外で、サンドイッチとコーヒーを食べる気になったんですね。金平も久しぶりのことで、大変喜び背中に荷物をくくりつけても、怒りませんでした。

 

そんな気分になれることは、2018年秋、義理母が施設に入所してからありませんでした。義理母、その頃はお話もできましたし、食べることもできました。・・・また何度お願いしても、施設の水回りが汚れており、われわれが掃除する始末。そして義理母のお相手をして、戻っていくと往復で5時間は費やしていたでしょうか?

 

自分の時間というものは無くなりますね。体力も使いますし。コロナのおかげで施設に立ち入り禁止となり、遠方に出かける苦労は無くなったことは幸いしました。もしコロナが発生しなかったら、身体を痛めていたかもしれませんし、われわれの現在の道は見えなかったと思います。

 

今は義理母の最終地点までお見送りするだけです。迷いはありません。

 

現状のわれわれは、youtubeにアップする曲のアレンジ&別チャンネルを作る構想があります。別チャンネルは、禅やメディテーションのためのチャンネルにしようと思っております。マインドフルを続けて2年経ちましたが、今後も勉強を続けつつ、われわれが体験した情報をアップしていけたらと思っております。ただし、われわれのできることは音に関することですので、あくまでも動画は音中心です。専門家の先生の領域に立ち入ることはありません。

 

そして・・・義理母の先が見えたことで、われわれの心中に線が引かれました。以前よりもっと、創作中心の生活にすること。他にとある勉強もしていますが、そちらも含め。趣味ではなく、仕事への転換に、熱量を注ぎます。われわれにとってはあと数年がヤマ

 

ネットも動画制作中心にして、blogのような文章は最低限か、やめてしまうかどちらかに舵を切ります。アクセス数などを見ていても、時間がかかる割には、メリットもありません。時間の無駄ではないかと常々思っておりました。ここでキッパリとケリをつけるのが得策かと思っております。

 

 

 

 

義理母 発熱

一昨日、施設からご連絡をいただきました。義理母、9月から37度台の熱が出たり、平熱に戻ったりしているとのこと。原因は不明だそうです。

 

経験豊富な責任者の方のお話では、「このように、微熱が出る状態が続いて、やがては全く熱も出なくなっていく。」とのことでした。発熱は体力がある証拠なんですね。調べたところ、不要なものを発熱によって、出している状態だそうです。

 

枯れていく過程の一つなのでしょう。

 

2020年の11月ごろだったでしょうか?下記のような非公開記事を書いておりました。

 

ここのところ、介護施設の義理母への見舞いが増えておる、猫目石一家でございます。義理母は、日毎に弱ってきていると感じます。寝たきりになって、2年以上も経ちますと、筋肉が作用しなくなるのは当然です。おまけに93歳。本日は、ケアマネさんから、「顎を引くことができず、スタッフが支えても背中ごと下に向いてしまいます。今の段階ではミキサー食で対応できていますが、いずれかは食べることができなくなってしまいます。そのときにどうするか・・・先日医師に往診してもらいましたが、今後のことを相談したいというお話でした。時間を作れますか?」とのお話をいただきました。

実は、施設入所前に、義理妹から義理母は念書をとられておりました。それは「延命治療をしない」というもの。本日も、「食べられなくなった時に胃瘻の処置はいたしますか?」と言われましたが、われわれは「NO」と答えました。93歳でまた手術をするのは酷です。たとえ命が伸びても、それは自然に生きていることではありません。

われわれ、マインドフルネス(仏教を土台としたもの ビジネスだけに特化したものではありません)の勉強に加え、制作を前に進めておるオーフィアス組曲のテーマ「生きることに意味づけしない」ということ、これらを踏まえて考えれば、自然死が良いと感じるのです。

もちろん、義理母の思いも大切です。本日の話では「ここにいるのはいやだけど、仕方がない」と何度もつぶやいておりました。「仕方がない」というのは最後はうちに戻りたいという思いもあるようです。もしうちに戻った場合は必然的に、胃瘻なぞは選ばないことになりますね。

楽に生きて楽に死ぬという立場をとらせてやりたいと思っておりまする。

 

 

2020年冬からこんな状態ですので、今まで何とか持ち堪えてきたのが、不思議なくらいです。2ヶ月くらい前までは、歌を口ずさむこともできていたとは!生命力が強いのでしょうな・・・

 

生き物に限らず、形あるものは必ずなくなってしまう運命にあります。また、なくなる時も一種のチャンスであるので、チャンスを逃せばうまくいかないように感じます。

f:id:mizuki-shiro:20210906124620j:plain

ところで・・昨年から今年にかけて、「8月がヤマである。義理母の2022年はない。義理母に音楽を聴かせてやってほしい。」とマインドフル瞑想中に通達があったこと。(今までも記事にしております)

 

また一昨年くらいには、「食べられるうちに好きなものを食べさせてやってほしい。」との通達も承っておりました。承ったといっても、一体何者が通達をしてきたかは、はっきりしません。潜在意識と決めつけることもできないようです。調べてみると、スピ系の先生が書かれるような、潜在意識の特徴とは全く違うような感覚ですね。

 

しかし、あまり深く考えず、通達めいたことは忘れないうちに、記録しております。(面倒なので、潜在意識なと決めつけて書いております・・・)加えて、せっかくの通達なのだから、ダメでもよくても一応受け入れ、実践いたしました。

 

結果的に現実になり、正しい道筋となっているようなので、受け入れてよかったと思っています。

 

約3ヶ月ぶりの面会

mizuki-shiro.hatenablog.com

↑にも書きましたように、5月中旬より一切の薬を断ち、治療を受けておりません。

 

施設を訪れましたのは、8/4。   緊急事態宣言中でもあり、しかも新宿を通るので緊張して行動いたしました。金平は猫族ですので、安心して荷物持ちに連れてくることができました。猫族にはコロナは無縁のようです。今後はわかりませんが・・・

 

5月中旬に延命措置をしないという書類を提出いたしまして、約3ヶ月弱すぎました。義理母は小さくはなりつつありますが、シミも消え、肌がきれいになっておりました。意思の疎通もきちんとできました。ただし、喉が弱っております。5月よりも一段と声が出なくなり、咳が多い。

 

嚥下機能がより弱っているように見受けられました。

 

目ばりは良いです。薬をもらっていたときは、ずっと目を閉じていましたのに、今はちゃんと見開いておりますね。耳は以前から良く、変化しておりません。

 

老衰の認知症ですが、昔の家の近所の人のこと、昔の家は楽しかったこと、この家にあったピアノのことを覚えていたり・・・今の猫目石一家の住まいに来たかったことなどを話しておりました。金平にも話しかけてくれましたよ。

 

義理母は緑内障によりほぼ目が見えません。それでも娘である猫目石ばぁさんの顔は「見える」と言っておりました。眼ではなく、脳のどこかでみているのでしょう。声だけで自分の娘だと判断することができているようです。

 

「身体が楽になった」とも申しておりました。薬を使ったり、いろんな処置をすることは、身体に負担がかかるのだなぁと思いました。われわれ自然死の選択をしたことは良かったと思いましたね。

 

音楽も聞かせました。どちらかといえば、普通の曲より、ガツンとした曲が好みになってきたようです。(われわれがyoutubeアップしている曲目は、一般的な曲と、誰もが聴かなさそうな難解な曲、個性的な曲を織り交ぜつつやっているのです。数多くアップはできないのが悩みのタネです。)

f:id:mizuki-shiro:20210806184701j:plain

 

義理母黙ってじっと聴いておりました。

 

最後に出ない声を振り絞って「また来て欲しい」と玄関でわれわれを見おくりつつ言っておりました。このような比較的元気な状態で面会できるのは、最後になるやもしれんと金平と話しつつ、帰り道をトボトボと歩きました。

 

また下旬にでも行ければと考えていたのですが・・・翌日施設から通達が参りまして「緊急事態宣言のためしばらく施設を閉鎖する」とのこと。タイミングが良かったようです。今回を逃せば車椅子に乗ってでも移動できる状態の義理母と会うことはなかったやもしれんと推測しておりまする。

 

もしかしたら、われわれのやるべきことは少なくなってきつつあるのやもと思っております。時に応じた役割が、皆に与えられているのですね。