天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

シフォンケーキの店

 

f:id:mizuki-shiro:20190112181207j:plain

ボンムー シフォンケーキ


以前は母が京王八王子駅前に住んでおりました。その時からのご縁のお店がございます。私は甘いものはあまり好まないのですが、こちらのケーキは好みに合います。

 

bon-mu.com

 

シフォンケーキがメインで、他にサバラン、プリン、焼き菓子としてチョコレートケーキ、アップルケーキ、フィナンシェ、クッキーなどがあります。

サバランはお酒の量が多く、お酒に弱い人なら寝込んでしまうかもしれませんが、私は全く大丈夫です。お酒が何種類かバターに混ぜてあるのでしょう。このケーキならば、酒飲みが飲んだ後でもいただけます。ただし、サバランは金曜、土曜しかないのが残念です。

焼き菓子のおすすめは、フィナンシェです。クオリティ高し。都内の有名店でもこの味は出せないと思います。

シフォンケーキで私が好きなのは、コーヒー(ちょっとほろ苦い味がきいている)、ラム(ラム酒の量が多い)、黒ごま、プレーン、アーモンドなど。素材の良さがわかる人には、値打ちのあるケーキだと思います。

子どもさんたちにも人気はあると思いますが、全体的に大人の味ではないでしょうか?

最近は、人さまへのプレゼントはこちらのお菓子になってしまいました。ただ、やはり味には好みがありますので、油っぽい味が好きとか、添加物がはいってないと食べた気がしない人にはおすすめできません。

私の感覚では、お酒を嗜まれる方に差し上げるのが良いかと思います。

 

最近は母の見舞いも週末にしております。時間を効率的に使うために、見舞い+買い物を1日で済ませることにしました。買い物は六本木明治屋さんと決まっているので、八王子から戻ってきて、やれやれといった気持ちで予約の品などを受け取りにいっております。

明治屋さんは魚介類など予約できるんです。予約の魚は店頭に置いてあるものとは違って、クオリティが高いです。外食がバカバカしくなります。私も昔は外食が多かったのですが、今は自宅派です。味を知ってしまうと、わざわざ外に出向いて行って不味かったらどうしよう・・・と思うわけです。

元々一人が好きでして、お店の音楽がやかましかったり、騒々しい人が集まっているところは苦手なのです。ホスピタリティっていうのでしょうか?このホスピタリティが行き届いている店といいますと、あまりないです。

音なんて、どうでも良いと思っておられる方がほとんどでしょうが、私は聴いてしまいますので、疲れるのです。このようなことを言ってもわかりませんから、行かないことにしておけば、良いのです。

ところで、本日は「あるかどうかわからない」と言われて期待していなかったのですが、ホウボウを手に入れることができて、満足してます。アラもいただいてきたので、冷凍しておいて煮物にしようと思います。

 

 

ほうじ番茶

f:id:mizuki-shiro:20190106124318j:plain

京 ほうじ番茶 田和園

最近、下記のリンク先にある、「京ほうじ番茶」を飲み始めました。

www.yusaido.com

よくあるほうじ茶、番茶ではなく、葉っぱがそのまま入っています。

昨年末、インフルエンザにかかりまして、1週間寝込みました。胃にもウイルスが回ったらしく食欲もないため、空っぽの胃に煎茶はきつい。番茶がいいのではないかと、六本木明治屋さんで何気なく手に取ったのが、このお茶でした。手に取ったときから、ガサガサしていたので、不思議に思っていたのですが、袋を開けてみてさらにびっくり。

燻された黒い葉がそのまま入ってました。煮出さなければ飲めないということで、このお茶のために鉄瓶をおろす(以前にもらった)ことも考えました。しかし、最近うちはガスは使っていないため、この鉄瓶がIHに対応しているかどうか調べるのもめんどうくさい。で、鍋で煮出すことにしました。

煮出しているときから、燻された葉っぱの匂いが漂います。炭焼き小屋の煙の匂いがしてなんとも不思議な感覚です。私はこの匂いが大好きです。

このお茶は和菓子や漬物などにもよく合いますし、チョコレートなどにも嫌味なく合います。私、冬でもぬか漬けを手がけておりまして、蕪の葉っぱとは特に合うような気がいたします。よくある番茶やほうじ茶の渋みがありません。ほぼ毎日煮出して、ポットに入れて飲んでいます。

施設の母にも持っていっております。母が「施設のお茶がまずくて飲めない」とか「水差しにも水道水がそのまま入っている」と言うものですから、このお茶を差し入れております。自宅にいるときは、おいしい水を飲んでおりましたので、ギャップについていけないようです。

施設では老人が健康でいられるよう、徹底管理されております。それが施設の役割でしょうが、大しておいしいものも食べられず、好きなこともできないで、ただただ横たわっているだけでは、生きている甲斐がありません。

また、それぞれのたどってきた過去がありますので、興味の対象もそれぞれです。興味のない行事的なものに参加させられるのは、疲れるだけで面白くないでしょう。年寄りの多くは施設を出て、自宅に戻りたいということですが、その気持ちもわかります。

母の施設でも、昨年は46人中、17人が退所したとか?結構な人数です。母も将来は、別の施設に移るかもしれません・・・

それはともかくとして、外に持ち歩くのに軽くて使い勝手の良いポットを買いました。軽くてもちやすくて、重宝しております。

 

 

 

 

モクモクから配達してもらいました

f:id:mizuki-shiro:20181129200200j:plain

モクモクの地ビール「バーレーワイン」ビール

伊賀の里モクモク手づくりファーム

↑ ↑ ↑

私、こちらの会員になっております。月に一度はパン、ソーセージ、果物、ビールなどを注文して送ってもらっています。私は特にビール派というわけではないのですが、モクモクのアンテナショップで飲んでからというもの、どうしても飲まなければ気が済まなくなってしまいました。ついでに他の食べ物も一緒に送ってもらっています。パンもおいしくて、冷凍にして保存してはいただいております。母が施設に入所するまではこちらのパンを食べさせておりました。

地ビール | 直販 - モクモクショップ

↑ ↑ ↑

このビールの飲めるショップは東京都内ではこちらにあります。

www.tokyo-midtown.com

気軽に飲み食いできるお店なんで、私よく行ってます。以前リフォームで買い食いが続いて気分が悪くなったとき、最終日にこちらでお弁当をいただいて生き返ったような心地になったことを思い出します。

ただし・・・濃い味付けや添加物入りの味が好きな方には、物足らないでしょうね。ミッドタウン内も色々見ましたけど、こちらか平田牧場虎屋さんか、鈴波という名古屋の粕漬け屋さんに落ち着いてます。しょっちゅう外に出るわけではないから、もう少しバラエティに富んだお店に行けば良いのでしょうけど、ガッカリするのがいやなのです。自宅で良い材料を使って料理していますと、外の材料には敏感になります。大根おろしやサラダなど、つけあわせまで気を配っている店は良いとは思いますが・・・長持ちしませんね。(撤退することが多い)

昨日は、モクモクから鍋料理のだし(尾鷲の青唐辛子を使ってぴりっとしたスープ)と白菜入り生ソーセージとビールとラーメンとパンを配達してもらいました。他に、おせち料理も予約。こちらは施設の母に食べさせるつもりです。

それはともかくとして・・・本日、思いがけない人の訃報連絡がございました。私がかつてO社で長いことお世話になっていた校正の方、1週間ほど前に孤独死されていたとのこと。お嬢様は20分ほど離れたところに住んでおられて、近所の方が発見されたということでした。

このようなお話をきくと、施設で至れり尽くせりの世話をしてもらっている母は運が良いと思いました。お子さん方は、ご実家には一ヶ月に一度程度の訪問だったとのこと。74歳といえばまだまだ生きると思われたのでしょうけれど、老人を放っておくとこのようなことも起きるんだなぁと実感いたしました。