天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

音楽を仕事にするための無料セミナー

f:id:mizuki-shiro:20181208203755j:plain

六本木ミッドタウンの公園

私、11月から一ヶ月間かけて、アマチュアのミュージシャンが組織に所属せず、音楽のみで生活していくための(プロになるための)無料セミナーを拝聴させていただきました。アマチュアとタイトルがついておりますが、プロでもセミプロでも、ネットさえあればお話を聞くことができます。

ひところのように、音楽が時代の中心ではなくなってきているために、企業もミュージシャンを育てることができにくくなってきているようです。そのため、かつてのような方法、例えばコンテストに出れば、誰かがみつけて育ててくれるようなことは期待しない方が良いとのお話でした。

またメジャーアーティストでも生活していきにくくなっていること。たとえメジャーな会社からお声がかかっても、CD1枚で終わりというお話は多いこと。

私はマーケティングの基本を知りたくて、全てのお話を拝聴させていただきましたが、非常に良い勉強になりました。個人事業主として音楽活動をやっていくほうがメリットが大きいとお話しいただきました。人に(会社に)頼んで何かをやってもらうことはやめた方が良い。確かに人のことまで親身になって面倒を見てくださる方はほとんどいませんね。会社となれば、自分の都合は通りません。これはもう、過去にたくさん経験してきました。

自立することが肝心であること、よくわかりました。わかっていても動けないのは、具体的方法がわからないからなのです。私もその一人でした。しかし、今回の無料セミナーだけではなく、他の先生の無料講義を拝見させていただいて、芸術でも商業的作品でも一般ビジネスと同じく、マーケティングの知識や技術が必要であることを知りました。

アマチュアミュージシャンの多くが手がけていること。プロも似たようなことをされているようですが・・・高い機材を買ったり、CDを作ったり、ライブをチケットノルマをもたされてやったり、レッスンを受け続けていたりなど・・・これらが利益を生むならば良いのですが、先が見えないのならば、一旦中止することが良いと。

私は大学卒業後、上記のようなことは一度も手がけたことがありませんが、周囲にはこれに似たことをやっておられるプロもいます。ライブをやるたびに電話がかかってきてチケットを勧めたり、自主制作のCDを作っておられたり、どこかでライブをやるので編曲や音録りの依頼を¥3000程度の低料金で突然お願いしてこられたりなどなど。最近はこのような方々とはおつきあいを断絶してしまいましたので、なんの連絡もありませんが・・・

ご自身で道楽として音楽活動をやるならなんの問題もありません。しかし、道楽だと気づいておられない方とつながりをもつこと自体、似た者同士であるのです。全く違う者同士が引き合うことなどありません。かつての私は同じタイプの人間だったのかもしれません。

セミナーでは、商品開発は後回し(曲作りなど)と言われました。しばらくは力の入れどころを変える必要があるのです。仕事を回していくための太い動脈を作るまでは、商品開発は少しにすることです。商品は関心をもってくださる方がいてこそ、売れるのです。この関心を持ってくださる人を開拓することが先である。誰に商品を売るか?これがわかっていなければ、うまくいくはずはない。それには独自の世界観をもつこと、哲学が根底にあることが必須です。

それから・・・

労働と仕事とは違うこと。よくライフワークといいますが、食うための仕事もライフワークも統一しなければ、いつまでたっても労働に勤しむことになり、忙しいだけで終わってしまう。私も無駄な努力から足を洗うために、ある程度楽をすることに決定しましたよ。もう少しで2019年。今から方法を変えていくことにしました。

セミナーは無料の枠で聞いてみて、あとは書籍を買ったり、自分なりにアレンジしてみるのがよいと感じました。具体的にどうするかは、自分の力にかかっていると思います。