天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

音楽活動の傍ら

音楽活動だけで生活していくのは至難の技ですよね?1990年代ならば、音楽のみでやっていける方もたくさんいたと思います。しかし、現在は昔ほど、音楽が切望されない時代になってしまいました。加えて、音楽は無料という感覚も生まれつつあります。全部ではありませんが・・・(youtubeなどは、無料にみえて無料ではありません。)

どんどん、音楽活動はやりにくくなっていると思います。それでも好きだから続けたいと思う方はたくさんおられることでしょう。過去に、blogで音楽活動での収支報告をされているのを拝見したことがあります。

しかし・・・どう頑張っても先はなく、年老いたときに、どうやって生活していくのだろう?と見ず知らずの私が心配したほどです。音楽は趣味にしておいて、本業でやっていくほうが、良いのにと思ったんですよね。

それはともかくとして、音楽活動の傍ら、副業をするには何がよいか?私自身の経験から、真実の一部をお伝えできればと思い、記事にしてみました。

アフィリエイト

これは私も経験があります。私がサイトを立ち上げたのではなく、あるエンジニアの依頼で外注として文章を書いておりました。エンジニアの方は、本業の補助としてアフィリエイトサイトを立ち上げたと、後になって知りました。

専門家の仕事ですから、数万円からのスタートでした。その時身につけたこと。アフィリエイト文章の長さではなく、質であること。1300文字くらいからで良いので、内容が濃く、相手が読みたくなるような文章を書けと言われておりました。長いだけで、同じことをだらだらと繰り返しているような文章はグーグルから評価を受けず、検索順位が上がらないと言われ、最初のうちは添削をしてもらいながら、文章を書きました。

他には、ジャンルを選ぶこと。このエンジニアの方は、西洋占術を選んでました。電話占いのランキングを最後にくっつけたのは、収益率が高かったからでしょうね。

また、ネットに出す時期が大切。いつでも新しい情報を出せばよいものではないらしいです。そのあたり分析をして、慎重にやっておられました。

他にはSNSで広げたり、hatenaブックマーク、掲示板での宣伝など、ありとあらゆることをやっておられました。

3ヶ月ほどでグーグルの検索順位1位を何度もとれるほどになり、収益も上がってきました。しかし、収益を維持することが難しく、こちらの取り分も一定しなかったです。そうこうしているうちに、私も時間がなくなり、撤退してしまいましたが・・・

結論として、素人がやるには難しいです。また全力でかからなくてはならず、音楽活動のための体力をもぎとられます。音楽の場合、体力一本勝負のところがありますので、他でエネルギーをむしりとられていては、何のための副業なのかわかりません。特に音楽blogは収益化が難しそうですので、欲を出さずにのんびりやることが良いでしょう。

FX

FXを副業にあげておられる方が多いので、一言書いておきます。絶対にやめた方が良いです!私の父は個人投資家で、かなり成功した部類だと思いますが、FXには手を出しておりませんでした。

私は自分の目で確かめたいと思い、デモをやってみましたが、デモの段階でやめました。もし挑戦したいならば、一度デモアプリを落としてやってみてください。オススメは「デモトレ」です。

音楽活動をするための副業が、副業でなくなってしまいます。投資ではなく、投機だと書いている方もいます。下記の本を熟読してください。経済だけではなく、その他の世界にも共通項があり、大いに勉強になります!

 

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

 

 副業として多少は安定しているのは、ご自分の得意な音楽を教えることでしょう。教えることを専門にする方、演奏や創作を専門にする方では、やり方が違うと思います。この件については、次回に回します。