天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

鯛のカルパッチョ ゆずバージョン

f:id:mizuki-shiro:20190310193457j:plain

久しぶりに昨日、鯛のカルパッチョを作りました。今までは桜花の塩漬けを使った、桜の花のカルパッチョを作っていましたが、ゆずも良いのではないかと思い、初挑戦。これが非常においしかったんです。

夕方以降はまだまだ冷えますが、春が近いということで、ウドも食べました。ウドの本体はワカメと酢の物にして、皮や穂先はきんぴらにしました。こちらも非常においしかったです。

おいしかったとしか書けないところが悔しいですが、食べ物は音楽とは違って、単なる楽しみの領域なんで、お許しくださいませ。ちなみに、音楽の記事は相当考え込んで、言葉を選んでいます。また、アップした後も修正を加えています。おとといあたりにアップした、スピリチュアル的楽曲分析は、3回くらい修正しました。これでやっと、人が読んでも納得できるかな?ということころです。

音楽の記事でも分析を含むものは、譜面の切り抜きやPDFへの書き込みもありますし、1記事書くのに1週間くらいかかることが多いですね。記事書きだけに専念していればいいのですが、他の仕事もあるので、1日に1記事なんて無理。音源だって耳をそばだてて聴いていますので、時間がかかるのは当たり前です。

でも、やっているうちに面白くなってきています。こういうものは、ピアノや作曲をやっておられる方や、愛好家筋が読者のほとんどで、ニッチな分野ですが、思うところあって手がけているのです。

猫目石にとっては、料理も音楽もお酒も同じ位置付けにありまして、金平(猫目石の名前)はこういう感覚の持ち主だよというのを知って欲しくて書いているのです。

 

前置き長くてすみません・・・

カルパッチョのこと。大概カルパッチョというのは、オリーブオイルを回しかけますよね?このオイルですが、私はレモンオリーブオイルを使っています。レモンの香りがついたオイルではなく、本物のレモンが絞ってあるオイルを使うと、おいしさが違います。

私は↓↓ こちらのオイルを使っています。

www.abura-ya.jp

 

 今年は特にカルパッチョに凝ってみようと思うので、追加注文する予定。

昨日作ったカルパッチョは、ゆずの絞り汁と、ゆずの皮を刻んだものをかけただけではなく、フルーツトマトを小さく切ったものとディル(ハーブ)も散らしました。これが何とも良き味わいで、後をひきます。魚料理には、ディルが合いますね。

胡椒は黒胡椒、塩はピンクソルトを使いました。今度は赤い胡椒も散らしたいと思いました。ここに書いておくと、買い物の時に、忘れませんのでね、備忘録的使い方もしております。