天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

E-tax 還付金の戻り

前回3/2に、↓の記事を書きました。その後のことを書きます。

mizuki-shiro.hatenablog.com

 

還付金に関しては、税務署から個別にメールがきます。このメールにしたがって、ウエブ上のメッセージボックスを開き、還付金が振り込まれる日にちを確認できます。

確定申告が終わってしまうと、メッセージボックスが一時的に開かなくなるようです。しかし、税務署からのメールが来た時には、期間外であってもボックス内を確認できます。(先日、ふと思いついてメッセージボックスを確認したのですが、マイナンバーカードがエラーを起こしてしまいました。次の日、税務署からのメールがきましたので、再度、メッセージボックスにアクセス。今度は開くことができました。)

下記の赤枠で囲んだ部分がメッセージボックスです。

f:id:mizuki-shiro:20190321193925p:plain

国税庁確定申告書作成コーナー(E-Tax)のメッセージボックス

 

私の場合は、22日に振り込まれることが決まっていますので、確定申告してから、20日間、約3週間で還付金を受け取れるということになります。(本日確認したところ、振り込まれていました。)

税務署に出向いて、紙の確定申告をした場合は、還付金受け取りに、1ヶ月+@ほど時間がかかっていたような覚えがあります。

私は電子証明書つきのマイナンバーカード(ICチップのついたもの)での申告ですが、申告やコンビニでの証明書発行だけではなく他にもメリットがあることを新たに発見しました。

www.jpki.go.jp

E-taxだけではなく、役所の手続きをパソコン上で行うことができることを知りました。今までは、コンビニで住民票や戸籍謄本をとることにしか、使っていなかったのですが、今後は使用頻度が上がりそうです。

ただし、電子証明書は期限つきです。発行日の後、5回目の誕生日まででした。その後は再申請です。役所の書類を確認しましたら、このように書いてありましたので、今回のE-taxによって、理解度が深まったと思います。>大げさですが・・・

いずれにしても、フリーランスで仕事をしている人にとって、マイナンバーカードはおすすめです。昔、マイナンバーカードができたとき、個人情報が抜き取られるなど、騒いでおられる方がおられました。おそらくこのような方々は、フリーで仕事をした経験がないと思います。

フリー=後ろ盾がない(看板がない)=信用がない の一言につきます。サラリーマンの方々は窮屈でしょうけれど、この看板というものに守られています。フリーは何もありません。

だいぶ前に(私が30代くらいのとき)定年退職をしたおじさんたちが起業して、営業をかけているところがテレビに映りました。おじさんたちは「筆記用具も全て自分もちなんだ!・・・」とか「営業も全て自分でやらなければならないから、大変だよ。」などと話しておられて驚いたことを思い出します。

フリーならば、なんでも自分でやらなければ回っていかないし、金銭には結びつきません。雇われている人と個人事業主とは全く立場が違うんです。そのためにも、マイナンバーカードを所持することは、将来的に何かと役立つ場面も多くなると思われます。