天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

好きなことをして生きていくにはリスクが伴うんですよね

少し前に、アメブロで読ませていただいていた脱スピリチュアルに関する記事。久しぶりに訪れてみたら、hatenaに引っ越されていたようで、親近感を覚えました。早速hatenaで読者登録いたしました。

 

猫目石家では亡き父のささやきの記述スピリチュアル的楽曲分析(これは作曲者の内面にまでも入り込むという意味で、精神世界に触れることはありません。)と銘打った音楽記事を書いておりますので、その筋の一家だと思われているやもしれませんな〜 われわれはいわゆる不思議な実体験がありますので、よくわからない、理屈で説明できない世界もあるとは思うんです。

しかし、こういう小市民的な体験ではなく、アセンションがどうの、ビリーフがどうの、●●セラピーなど聞いたこともない資格をアピールなどして、難しい小理屈をふりかざして皆さんを煙に巻くのは嫌いなんですわ。しかも庶民にとっては、非常に高額なセミナー(例として2h=¥56000などなど)を催している。

クソ度胸があるといいましょうか、よほどご自信がおありなのでしょうな・・・・上記のようなセミナーだけではなく、ご丁寧にコンサートまで催し、youtubeアップ。われわれも通りすがり2名として、ちらっと拝聴させていただきましたが、お金をとるのが恥ずかしいような歌でした。なんでこんなに恥ずかしいことができてしまうのか、わかりませんでしたね。

f:id:mizuki-shiro:20190704172218j:plain

フォルテピアノ

ひっそりとyoutubeで、ショパン天と地の対話にそっと耳を傾けているくらいがわれわれにとっては居心地が良いのですがね。昨日も、フォルテピアノショパンの時代のピアノ)でショパンピアノコンチェルトf-mollを聴いてみまして、オーケストラの音の薄さの理由がわかった気がしました。

フォルテピアノ(われわれにはホンキートンクピアノのようにも聞こえた時あり)がぼそぼそとお話をしているようにも聞こえたんです。思わず聞き入ってにんまりしましたね。

 

それはともかくとして・・・

猫目石家では、「心のビジネス」(カウンセリングなど)ってすっごく儲かるんだなぁと話しております。われわれは、心だけを取り出して、うんちくを語られるのが大嫌いなんです。よくblogで心ビジネスの教祖の方が、よくわからないことを、ねじくりまわして書いておられますが、一体何を言いたいのかもわかりませんね。

まぁ、よくわからないからこそ、共感を覚える人々もおられるのでしょう。同じ穴の狢っていいましょうかね、全く違うものは心のビジネスの教祖の元へは、足を運びません。たとえ、無料でも、何かプレゼントをくださるといってもいきません。時間の無駄ですから。

 

本日は下記のリンク先をみて、ばぁさんとすごく良いこと書いてあるね、と顔を見合わせまして、なんだか元気が出てきましたよ。みなさんも読んでくださいませ。

 

re-bra.hatenablog.com

 「好きなことをやって生きていこう」に騙されてはいけません。経済学の本には「好きなことで生きていくには、お金のリスクが伴う」とあります。お金の土台がなければ、何一つ先には進みませんね。そこのところ、スピ系教祖は教えてくれるんでしょうかね?

下記のリンク先でご紹介しました社長、お金は天から降ってくる的書籍を出しておられたのに、一文無しになってしまわれて、ご主宰のセミナーは偽物だと、証明したようなものです。

恥ずかしくないのかなあ?(ばぁさん、株の雑誌を斜めよみしつつつぶやいております。)

mizuki-shiro.hatenablog.com