天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

あけましておめでとうございます

f:id:mizuki-shiro:20200103191134j:plain

猫目石一家を今年もよろしくお願い申し上げまする。

 

現実重視

昨年末に義理母が体調を崩しました。どういうわけか、気管支炎になり、ゴホゴホと咳き込み、微熱が続いている状態でしたが・・・元旦に訪れたときは、だいぶ咳も少なくなり、落ち着いておりました。

義理母の体調は今ひとつでしたが、お約束のおせち料理と手作り味噌汁を元旦に届けました。92歳の高齢にもなりますと咀嚼力が弱っておりますので、柔らかいものだけをピックアップしつつ、器におさめ、味噌汁については一人分の手作り味噌玉に茅乃舎のだしをまぜあわせ、細かく刻んだ水菜などの具にゆずの皮を刻み入れ、まとめました。(こちらにお湯を注げば、インスタント味噌汁の出来上がりです。)

晦日は、猫目石家のごはんの準備、ちょっとした掃除もあり、やらなくてもいいのにばぁさんが突然曲の続きを書き始め、時間がなくなってしまいました。ばぁさんはやらなくてもいいときに限って、曲を進める悪い癖があります。そのせいで、普通のおうちのようなゆったりした大晦日ではありませんでした。

介護をされている方の多くは、年末年始などはないと思います。うちも2017年から介護がはじまっております。本当に落ち着けるのは義理母を見送ってからでございましょうね。寝たきりになりますと、長生きする方が多いようです。安静状態が続くものですから、体力的な衰えが少ないのです。ただ・・・われわれがみていて、義理母は咀嚼力の衰え+言葉がはっきりしない状態が目立ってきております。

それほど長くは生きないと思います。今しかないと感じ、3日にあげず施設を訪れ、咀嚼しやすいものを与えております。マインドフルネスでは「今 ここ」といいますね。マインドフルネスだけではなく、の世界も同じです。

現実重視!!それは介護だけでなく、全てにおいて言えることです。今の自分を良い面、悪い面どちらも受け入れて、現状やるべきことに力を注ぐ。この現実重視が仏教の根底にあると思われます。考えてやるのではなく、無意識にやることが良いのですね。

創作のお披露目〜poco a poco〜

昨年、試験的にiphone一本で自作曲を録音をしてupしました。upのために、暗譜できてしまい、同じ曲を録るにも(長い曲なので)楽になったと思います。

年末tascamのハンディレコーダーを購入いたしましたので、今後はこれで簡易的に録音していきます。パソコンも使いますが、生楽器を気軽に録るにはハンディレコーダーかマイクがあると便利です。どの機種にするか非常に迷いましたが、評判の悪い機種が猫目石一家のお気に入りとなり、買い求めました。

 

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-44WL VER2-J

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-44WL VER2-J

  • 発売日: 2017/06/10
  • メディア: エレクトロニクス
 

楽曲分析 音楽の基礎講座マガジン

スピリチュアル的楽曲分析、最近更新しておりませんでした。こちらも続けますが、多少方法を変えることになるでしょう。われわれがどのように、他人さま 他猫様の曲を参考にしているか?ということで、原曲と自作曲を並べて分析することも加える予定です。

それから・・・

曲を読み解くための基本をnoteのマガジンとしてupします。これは有料記事とさせていただこうと思います。楽典の基礎・・たとえば✖︎(ダブルシャープ)のような、読譜についてもやりますよ。伺ったところ、有名音大生でもダブルシャープの意味がわからない方もいるとか・・

これは、おそらく読譜が重視されていないことに原因があるやもしれません。猫目石一家は古い教育を受けておりますので、譜面から入ることが当たり前だと思っておりましたが・・・昨今は音源重視のようです。新曲は、音源がないと演奏できにくいと伺ったことがあります。ですから、ダブルシャープなど知らなくても音にはなるんですね。

初心者向けでも同様のようです。音を取るためのCDがあって、耳で覚えて形にするのが一般的なのだそうです。今は、マインドフルネスのおかげか、次元の一言で片付けられるようになりました。

次元が違うとどんなに丁寧に教え込んでも、相手方には通じません。これは、曹洞宗の内山老師のお話から学びました。スピ系ではこれをステージなどといっておるのでしょうな・・・

過去の事象からも、納得できることが多々ありました。専門外の別のものに目を向ければ、気づきが深くなります。同時に、学ぶことの大切さを知りました。お堅いことを書いておりますが、本音でございます。

マインドフルピアノ●●●

他には・・・↓の記事に書きましたように、日本のメロディをアレンジしてピアノ&その他でやってみようかと思っております。名付けて、マインドフル ピアノ●●●です。●はこのシリーズを始めてから発表しますわ!

われわれ、マインドフルネスを勉強しまして、瞑想には止と観の2種類があることを知りました。音楽を聴くこと(聞き流すのとは違う)止の瞑想になります。(テーラワーダ教だと、サマタ瞑想と呼ぶものです。)

この止の瞑想をやってから、観の瞑想に入るのが良いとわれわれは思っております。

 

mizuki-shiro.hatenablog.com

 音楽ならなんでもいいわけではないです。歌ものや世俗的な音楽は向いていないと思います。(歌ものでも、ヴォカリーゼは良し。)聴き込むことによって、現実の世界にも良きことが巡ってくると思いますよ。

 

長くなりましたが、2020年の予定を書かせていただきました。