天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

春雪の日の夜ごはん

f:id:mizuki-shiro:20200315001430j:plain

14日は都内では大粒の雪が降りました。猫目石一家は雪をものともせず、買い物にいきました。ばぁさんは、長靴が重く疲れた&前日に電話がかかってきて、仕方なく2時間半も話すことになってしまった&日頃の疲れが出たせいか?口内炎ができ、機嫌が悪いのです。

上の写真は14日の食べる瞑想の材料でございます。簡単に言えば、よく味わって食べる。食べ物を観察しながら味わうのが良いようですよ。

たとえば・・・

このうどは関東ローム層の土の香りがするわ。

鯛、養殖ながら良いごはんをもらっていたようだね。お上品な味わいだ。

ほたるいかは、目をとると食べやすいし、美味しさが違うね。

などと、食べ物に語りかけるのです。

今後も続けましょう。

 

ところで・・・現在猫目石一家は、HPに手を加えております。新しいHPを作ろうかとも考えましたが、まだ早いと思った次第です。2016年に作ったHPも十分に活用されていないのに、追加で作ってはもったいない!プラグインを追加し、コンテンツを少しづつ煮詰めております。

新たなコンテンツは、マインドフルネスとマインドフルな生活(創作 演奏はもちろん食に関しても・・・これらは全てマインドフルネスの一環なのです。茶道 華道 書道などの芸術、掃除や日常の食事作りなども含まれると思います。)そして健康に関することです。

健康に関しては、猫目石一家がマインドフルネス実践を通して体験したこと。これを理屈も交えて記していきたいと思います。

マインドフルネスにしても座禅にしても奥深く、一生をかけて追求していくものではないかと感じられます。芸術やお稽古ごとなども同じですね。追求していくうちに、多くの出来事がつなぎあわさり、完成に向かっていくことは素晴らしいです。われわれ釈迦の偉大さに、打たれております。

noteは、マインドフルネスの経過報告とサウンドをアップする場にします。youtubeと連動できますので、使い勝手よろしいです。youtubeについては、時間をかけて作り込む必要があると考え、練習中です。中途半端なものをアップする時代ではなくなりつつあるな、と思っておりまする。

義理母のこと。施設が伝染病の影響で面会禁止となっておりますので、ここしばらく会っておりません。それでもわれわれ、差し入れだけは週一で届けておりますよ。われわれの顔が見えないと、義理母も寂しいでしょう。差し入れだけでも届けば、われわれが来たことがわかりますから、元気が出るやもしれません。本日16日も行ってまいりました。

金平は血のつながった親子ではありませんが、義理母の顔を見られないのは寂しいと言います。良い猫さんでございますね。

 

noteにも書きましたが、潜在意識の伝言どおり、3月に入ってから人の出入りが激しくなってまいりました。今まではひっそりとしておりましたのにね〜

人生 猫生 何がどう転ぶかわかりません。思い煩うことはやめましょうや。