天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

マインドフルネスを継続し、1年2ヶ月後(note)

note.com

 

(マインドフルネスの記事は上記のリンク先にあります。)

昨年10月末から継続してきたマインドフルネス瞑想。最近は多忙であったりして、できないこともあるのですが、そんな時は寝る前に呼吸を整えています。あっという間に寝付いて、いつの間にか朝になっています。人族猫族に限らず、自律神経を整えるには、呼吸が大切と思いますね。>金平

f:id:mizuki-shiro:20201230164812j:plain

 

ただ座ること、気を満たしていくこと、慈悲の瞑想を組み合わせることがマインドフルネス瞑想なのですが、継続によって自分に今何が必要なのか?と気づくことができます。人に指摘されるわけではありませんので、100%正しいです。たとえば、「この猫には近寄らない方が良いのでは?」との警告がひらめいた時には、受け入れるべきです。このような勘ともいえる何かが、危険を遠ざけていきます。

 

それだけではありません!専門としている分野、昔理解できなかったことがわかるようになります。われわれであれば、音楽なのですが・・・先日もカルロス=クライバー氏のベートーベンのシンフォニー6番をなんとなく聴いていまして、閃きました。あちこちで批判されている演奏ですが、今のわれわれにとっては「自然との対峙」であると気づきました。天と地をいくつかの階層に分け、音楽になぞらえて、演奏しているのやもしれません。

 

さて、マインドフルネス瞑想ではなくて、座禅のこと。youtubeをみておりましたら、ピアニストのカツァリスさんが、メディテーションの音楽として何曲かまとめて録音されておりました。この方、座禅や瞑想を行なっておられるかもしれませんが、すごく呼吸のことをわかって、音楽を組み合わせておられます。よくあるメディテーションの音楽(シンセ中心)ではなく、理にかなった音楽集になっておりました。われわれ、ダウンロードすることに決めましたよ。>もちろん購入です。 おすすめです!

 


Cyprien Katsaris - In the Mood for Meditation & Zen, Vol. 1 (Classical Piano Hits)