天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

あけましておめでとうございます

猫目石一家はここのところ、スライドショーの制作に勤しんでおります。これは、来月から発信いたします、マインドフルピアノ歳時記の準備でございます。いろいろ考えて、チャンネル(マインドフルピアノ歳時記)の紹介も必要かな・・と思いつき、編集の勉強がてら、作っておりまする。

 

なにしろ、写真や絵なんてとんとご縁がなく、ましてや動画など作れるわけもありません。特にわれわれは、写真をとることが大の苦手。苦手以前に興味がありません。そのため、今回は著作権フリーの写真や、製作者に許可をとったものを使わせてもらうことにしました。

 

こういうものって、何が中心か?ということが大切だと思うのです。われわれは音楽中心ですから、静止画のほうが良いのではないか?と思った次第ですが・・・音楽にあわせて写真を並べていても、単に貼り付けるだけではひどくぎごちないので、そこにアクセント的な要素を放り込むわけです。いろんな手法があるんですね?ここ数日の作業で、素人なりに理解できました。

f:id:mizuki-shiro:20210107220142j:plain

 

現状では、チャンネル紹介のビデオ、半分くらいできました。簡易的なものなので、録音もiPhone一本。今回はエフェクターもつけておりません。つけようと思いましたが、ちょっと、われわれの感覚とは違っていたので、素の状態のピアノです。ピアノはきちんと調律しましたので、以前のようなボロボロの音になっていないですが・・・来週は修理いたしますので、もっと良い音になるでしょう。(今やっているのは、雨水の曲ですから、もう少し後で発表ですね。)

 

ちなみに2月初頭 立春の曲は、オーフィアス組曲中の一曲、オリジナルでいきます。このように24節気ごとに、周知のメロディのアレンジ、オリジナル曲を織り交ぜて、画像とともに発表します。コロナ騒動の折、ほっとするような音楽生きる勇気が湧いてくるようなエネルギッシュな音楽を中心に提供します。

 

曲もメロディに伴奏がついているとか、楽譜を見て弾くだけではありませんので、相当忙しい。毎日最低8時間くらいは制作に費やさないといけません。

 

じゃあ、「昨年言ってた勉強はどうするの?」と金平が横槍をいれましたが・・・すでに死ぬほどやっておりました。今年に入ってから、サンプラーのことで相当苦労しましただけではなく、面白さにも目覚めました。正月から、サンプリングの面白さという名の沼にはまりつつあり、抜け出せるかどうかもわからないほどです。

 

もっと早くやればよかったのに・・・またもや金平がいらんことをつぶやきます。kontakt5はもっておったのですが、MacBook Proではスタンドアローンでは起動しないとのこと。早急に6にバージョンアップすることにしました。今はkontaktプレーヤーで実験しています。まぁ、DAW音源として使えば問題ありませんので、良いのですが・・・

 

すごくためになったのは、文化庁の事業計画書です。あの計画がなければ、これほど制作に時間を費やすことはなかったでしょう。お金もすごく役立ちました。動画制作ソフトも買えましたしね。ピアノの修理代などもいただけたし、midiキーボードも時代にあったものを新調できたし・・コンピュータも買い換えたりなどなど・・新規の仕事には必要なお金をいただけて、本当に感謝しております。おかげさまで創作一筋になり、1日の大半を作ることだけに集中できつつもあります。

音楽の個人レッスンも手がけてはおりますが、猫目石一家は、教室ではありませんので、多数の方を教えることはありえません。少数精鋭。本当に音楽をやりたい方、または、若い頃音大に進みたかったのに、諸般の事情で断念したような方を対象としています。また、マインドフルピアノ歳時記の関連事業の一つとして、レッスンを考えており・・・詳細は少しづつ書いていきます。

 

音楽以外のこと。93歳の義理母が心配です。そうは長くはない状態になってきておりますが、最後の親孝行が出来れば良いなと考えております。ただ・・・コロナがね。コロナのために移動が自由にできず、施設内での演奏も難しい状態です。演奏が提供できれば、喜んでくれるでしょうな・・・義理母、最後に面会できたのが11月でしたね。演奏の話をしましたら、ひどく喜んでおりました。脳が衰えても、楽しみだけは忘れないようです。

 

今年は、さまざまなジャンルで正念場となりそうですね。われわれは、与えられた道を踏みしめて進んでまいります。よろしくお願いいたしまする。

 

下記のリンク、現在スライドショー編集中、未完成の音楽(すみれの花咲く頃)です。これに画像をつけて、動画サイトにアップし、チャンネルのご案内とします。

 

www.dropbox.com