天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

大人のピアノ再開

最近は夜ごはんを食べず、朝に回すことが多くなっておる猫目石一家でございます。理由は、創ることに時間をとられて、ごはんを作るのに疲れてしまっていること、疲れて食欲がないことが原因なのでしょうね。ほんとに年寄りになりますと、食欲は減りますね〜

 

それはともかくとして・・

大人になってからピアノを再開されている方々は多いですね。人によっては音大受験を志し、そのためにグランドピアノをローンで買い求め、このピアノを入れる部屋を確保するために、引っ越しまでしておられる方のお話を拝見しました。なんでも、ついておられる先生が、「音大受験にはグランドピアノは必須だから」とおっしゃったことが原因のようです。

私学の音大入学後は(正確には入学前も含めると)、医学部に行くのと同じほどのお金が必要になることも承知の上だったことが驚きです。(最低1000万円+レッスン代や様々な雑費)お金をご自身で用意できれば何の問題もありませんが、定職もなく、しかも猫目石のばぁさんとそれほど年も違わない方が、志すのは危険度が高い行為です。猫目石一家は、全くもっておすすめいたしません。>高齢者の音大受験や、グランドピアノ購入

 

経済という土台がしっかりしていないのに、借金をしてまで高いピアノを買う必要はありません。ピアノの値段が高いから、良い演奏ができるわけではありません。アップライトでも良い演奏はできると、われわれは考えます。趣味でピアノを始めたとしても続くかどうかはわかりませんから、われわれなら中古のアップライトピアノを手始めにお勧めいたします。必要であるならば、グランドピアノが置いてあるピアノスタジオを借りて練習すれば良いと思います。

また、アップライトピアノであっても、指と耳を鍛えることによって、良い演奏はできるようになります。

 

上記にご紹介した極端な例かもしれませんが、似たような方は、多く存在すると思います。このような方は一度、自分を見つめ直す必要がありますね。損をするのは自分か、その周辺の人物です。時期がくれば、ご自身に必要なモノ(楽器や機材)は手に入ります。人生、猫生、望んでも得られない時もあり、人事を尽くして天命を待つほどの努力を重ね諦めたとき、勝手に望むものがやってきます。これは猫目石一家の体験から書いております。

 

さて・・・今の自分の力を知るためには、ピアノをむやみにかき鳴らすだけではなく、音楽の基礎も並行して勉強すると良いと思っております。(独学では難しいです。)何ヶ月かすれば、ご自身の能力、今の立場がどのレベルであるか、少しづつわかってきます。最初のうち、大概の方々は夢を追うあまり、手に合わない難しい曲を弾きたいとおっしゃられます。しかし、そのような曲は人を選びます。今のあなたは選ばれていないやもしれません。

 

この「選ばれし人」であるかどうか、理解できるようになったらしめたもの。よく猫目石一家が書いておる、「道」ができたという暗示であり、かなり大きな進歩であると考えます。

 

音楽そのものの基本を積み上げていくうちに、自分が見えるのでしょう。積み上げによって、技術の上達だけではなく、音楽を通して自分の核心にも触れ、生活態度も変わってまいります。

 

レッスンを続けることに迷っている方、行き詰まっている方、疑問を感じている方、方向転換のための立ち止まりも一考かと思います。そのために当記事が何らかのとっかかりになれば幸いと存じます。

f:id:mizuki-shiro:20210324135104j:plain

 

 

astro-music.link