天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

初級の楽典「音程」

 

楽典の記事をアップすることにしました。指導者とのコミュニケーションをスムーズにするためにも、楽典の知識は必要です。

 

対象としては以下のとおりです。

 

  • 書籍を読んで理解することが不得意な方。
  • 習ってもすぐに忘れてしまう。
  • 楽器のレッスンを受けてはいるが、楽典については教わっていない。
  • 中学校、高校などの内申点をアップしたい。
  • 音大、音高受験のための基礎対策。
  • 独学の方。

最初は「音程」から。なぜ音程を知らなければならないか?疑問に思われる方もいることでしょう。和音調性の関係和声chord nameなどを知る上で、必要不可欠なことであるからです。

 

音程とは

音と音(2音間)の隔たりのことです。2度 5度 7度という呼び方、完全5度 長2度 増4度といった呼び方があります。

 譜例1

f:id:mizuki-shiro:20210821125436j:plain

譜例1


 上記譜例1をごらんください。幹音とは、シャープもフラットもつかない音を指します。派生音とはシャープやフラットのつく音を指します。度数には変わりはなくとも、派生音がつくことにより、さまざまな質の音程が生まれます。

 

このような音程の性質を表し、区別するために、長 短 減 増etc.を度数の前につけて表します。当記事では幹音の単音程(1オクターブ以内)について記します。

 

2度(全音と半音)

 まず半音全音の違いを知ることからスタートします。下記譜例2をごらんください。

 

譜例2 

 

f:id:mizuki-shiro:20210825160612j:plain

全音と半音

半音の位置は2箇所(miとfa siとdo)です。赤丸のついた鍵盤が半音の位置です。鍵盤の数は2個。こちらを覚えてください。

そして、全音全音の位置は5箇所(doとre reとmi faとso soとla laとsi)

です。鍵盤の数は3個。(半音の位置以外は全音ということになります。)

 

加えて、半音は短2度全音長2度とも呼ばれます。

 

3度

譜例3

f:id:mizuki-shiro:20210825162219j:plain

3度

3度は長3度 短3度に分けられます。譜例3をごらんください。長3度には半音が0、短3度には、半音(siと do)が1個含まれています。

 6度

譜例4

f:id:mizuki-shiro:20210825181336j:plain

6度

6度は長6度 短6度に分けられます。譜例4をごらんください。長6度には半音が1個(miとfa)短6度には半音が2個(miとfa  siとdo)が含まれています。

 

7度

譜例5

f:id:mizuki-shiro:20210825181515j:plain

7度

6度と同じです。長7度(半音1個) 短7度(半音2個)です。

 

3度 6度 7度とみてきました。全て半音の数で音程を決めることを覚えてください。

最初はピアノの鍵盤を目の前にし、(ない方は紙鍵盤でもOK)半音の位置を確かめましょう。

 

 4度 5度 1度 8度

譜例5

f:id:mizuki-shiro:20210825182313j:plain

完全系

譜例5をみれば一目瞭然ですね。4度も5度も完全系です。例として・・doとfa、完全4度と呼びます。ただし、faとsiだけは増4度と呼びます。

5度はsiとfaのみが減5度。残りは全て完全5度と呼びます。

 

そして、1度と8度。これらは全て完全1度 完全8度と呼びます。

 

まとめ

長短系 2 3 6 7度

 

完全系 1 8 4 5 度 

 

次回は派生音(♯や♭など)を含む音程です。

 

オンラインレッスン継続中

astro-music.link