天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

YouTubeでのレッスン動画

何気なくyoutubeで和声のレッスン動画を見つけました。ポピュラー系の先生が楽典的なことを教えておられるのはよく見るのですが、クラシック系は2回目です。1度目は一般和声ではなく、8声以上の課題だったと思います。しかも回答がシーケンサーできれいに打ち込まれており、響きも良くわかりやすかったです。

 

2回目は通りすがりに見たもの。和声の初級 中級 上級とあったので、このレベルの差を見たかったということもあります。われわれは今のところ、和声の入口に到達しておる生徒さんをレッスンしているので、参考にしたいと思ったのです。

 

ピアノで音を出しながら、生徒さんの誤りを指摘していく方法。全くもって普通なのですけれど、よく聴いていると、先生が譜面とは違う音を弾きつつ、説明を終えられました。われわれの耳も節穴ではございませんので、「違う」ことはわかります。それは受け流して、今度は中級の課題を見てみました。

 

「どこかで聴いたことあるぞ」金平が耳をそばだてます。

そうでしょう。この課題は和声の3巻に掲載されていたもの。ちなみにこの本は、下記リンク先にあります。

 

 

そうは言っても遥か彼方にやったこと。大いちょうの自宅で、再度課題を確認しました。youtubeの動画も確認しつつ。すると途中で、先生が内声の導音を3度下げるように指摘されておりました。これは基本的な音の流れをマスターする中では、あり得ないと思います。内声であっても2度上行させるように、教えるべきでしょうね。たとえ、拍点の位置がずれても。

 

続きで上級の和声の動画も確認しました。

 

これもどこかで聴いたことのある課題。上記書籍の10章の階梯導入の課題でした。

課題4小節程度を下記譜面に、示します。赤い和音記号youtube動画で実施されていた和声です。黒の和音記号は、猫目石が実施した和声です。

f:id:mizuki-shiro:20211010174230p:plain

バス課題〜階梯導入課題の頭

で、youtube動画のようにIV→IIIならば、内声をうまく動かせないし、大いなる違和感がありますね?このような違和感を理屈抜きに感じることができるようになるための勉強が和声なのです。

四角四面、理詰めではなく、自然な感覚を得ていくことが大切。勉強を重ねていくうちに、人の演奏や曲への的確な耳を得ることができる!このようにわれわれは考えておりますし、指導者にも教わりました。

 

ちなみに上の4小節に和声づけしたのが、下記譜面です。

f:id:mizuki-shiro:20211010175524p:plain

課題実施

赤で囲んだモティーを音域を変えて積み重ねていき、曲にしていくというもの。対位法的な方法の入り口ですね。2小節目がIVであれば、テノールも変わってくるし、3小節目がIIIであれば、アルトも変わる。あり得ない和声の置き方です。加えて曲調にも違和感が出てきます。

 

この和声の本をマスターしたからと言って、作曲できるわけではありませんが、基本を固めるには効率的だと思います。まず基本の一冊を完璧にマスターし、その後は他のやり方も検証したり、過去の名曲などから教えを乞い、創作に生かす。無知識なのに、雲を掴むような状態から入るのは、あまりにも非効率です。

 

そのためには、確かな腕を持つ指導者につくのが良いでしょうね。それが難しいのですけれどね・・・特に業者が絡んでいる動画には気をつけるべき。(指導者が雇われている場合ですね。)

また、あまりにも料金が安いのも、考えもの。お仕事を、破格の料金でやれと言われて、やる気が起きるか?ということです。安ければ何も言いたくなくなります。¥100ショップと同じで、安ければ文句は言えないということですね。

 

人からの紹介が一番だと思います。教える方も、ご紹介でこられるのが一番嬉しいです。ネットにはそれがありませんので、がっかりすることが多くなるのでしょう。

 

われわれ以前の記事で、教える仕事を積極的には広げないと書きましたが、上記のような理由もあったのです。全く知らない方は、考えもよくわかりませんから、トラブルが起きやすく、お互いに嫌な思いをしますね。

 

そんなわけでわれわれに最も向いた道へと、早足で歩んでいきたいと思います。他猫様、他人様の振りを見て、我が振り直せでございました。

 

astro-music.link