天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

マインドフルネスを始めて約2年5ヶ月

われわれにとっては、マインドフルネスは必需品となってきておりまする。頭の整理整頓には欠かせません。特に他猫族、他人族との軋轢というと大袈裟ですが、われわれにないものをお持ちの方々と接する場合には、多大なるストレスが押し寄せます。そんなおり、大抵体調が崩れます。

 

マインドフルネス瞑想はまず、身体なんですね。身体(呼吸を観察し、呼吸を通して内面を観察する)を正しく使うことにより、精神も安定する。その結果、頭が整理整頓されて、悩み苦しみに上手に対処できるというものです。生き抜く術を自分で体得するのですね。

 

呼吸を観るといえば、いかにも簡単そうですが、奥が深いものです。しかし、継続していけば、悩みから抜け出す知恵を体得できます。

 

mizuki-shiro.hatenablog.com

↑に書きましたように、レッスンの形態を変えることにしました。我慢して今までのやり方を続ける必要もないと悟りました。対面でやられている先生方は多いでしょうが、われわれは独自のやり方で実践していくことにしました。

 

このような知恵を授かったのも、マインドフルネス瞑想のおかげだと思います。

 

ところで、3/22は猫目石一家義理父の命日でございました。昨日は雪で窓が開けにくいため、急遽予定を変更し、本日23日にいたしました。窓を開けて線香をあげ、般若心経を唱えました。般若心経は意外と息が続きません。

 

どこまでを一息で続けるかが、難しい。で、金平と共に、いつもマインドフルネス瞑想をするときの姿勢、腰を意識して声を出してみました。腰に声を響かせるのです。すると、声が透き通ってまいります。声を出すにも姿勢が大切なんだなぁと改めて思いました。

 

あちこちのお寺で、坊さんがお経をあげておられますが、苦しそうではないですね。しかし、元吹奏楽部の坊さんのお話によれば「管楽器の息の使い方が、お経にも役立っています」と言うことでした。楽器と同じ息遣いが良いようです。

f:id:mizuki-shiro:20220323161427j:plain

 

猫目石一家の現状。

ネットを最低限にし、曲を進めたいと思うようになりました。考えてみれば、時間の無駄です。TVと変わりません。youtubeを見ていても、プロの話し方とは違い、その道の専門家の話し方は内容は良くても、大変聞きづらいものです。その結果イライラして、気分が悪くなる。

 

また、音楽にしても素人人族猫族、素人に近い族が間違ったことを教えているのはよく見ます。音楽だけではなく、投資に関しても断片的知識を提供している族が多いので、本気にしない方がいいです。それなら考えに近い、アナリストの書籍を購入した方がいいです。

 

われわれは、とある猫族アナリストの書籍とメルマガ、日経(全て正しいわけではなく、間違ったことも書いてある)を勉強の道具として使っておりまして、大変役立っておりまする。1年ほど前までは、裁定取引のことも全く知らず、ましてや裁定買い残りなど知る由もありませんでした。その前に、短期金利長期金利があって、どちらを中央猫銀行が動かせるのかもわかりませんでした。

 

そのくらいの初心猫族人族でしたが、やっと本腰入れてポートフォリオを組んでみようかと思えるようになってきました。猫族なのに生意気やもしれませんが、やる気十分なのです。

 

マインドフルな生活とは自分を見失わないこと(依存からの脱却)でもありますので、われわれは少しづつそちらの方向に動いてきたと思っています。

 

曲は昨年書いた部分に手を入れ、シンプルに且つ感性重視にいたしました。編曲といっても、色々ありまして、原曲に自分の考えを盛り込む方法がありますね。われわれはこちらに近いでしょうか?おそらく聴き手を選ぶでしょう。

 

音楽体験の少ない人族猫族は敬遠なさるでしょう。多くの他人族、他猫族さまに気に入ってもらうのではなく、一部の共感を得られる猫族人族と新たな出会いが得られれば、嬉しいです。