天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

相互リンクは歓迎いたします!

f:id:mizuki-shiro:20190216173753p:plain

過去に

FBからリンクを張っている方がおられました。解析より、楽曲分析の記事にのみ、リンクを貼っていると判明。楽曲分析もさまざまですが、私の記事は独自の考え方で行っております。収益化を目指して、拡散しようと思って書いているわけではありません。こちらの意図とは違っておりましたので、リンク削除をお願いいたしました。現在私はFBの会員ではなく、今後も会員になるつもりはありません。この意味でもお引き取り願いました。

 

しかし、相互リンクについては歓迎です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

過去の話になりますが、他人の本名を掲示板に書きこむなど(友人の連絡から発覚)迷惑な行為をされている方がおりました。該当者についてはだいたい見えてきております。ご自身は良かれと思ってやっていることでも、こちらにとっては鬱陶しいと感じることがありますので、よくお考えくださいませ。

お互いに気持ちの負担にならない範囲で、楽しみましょう。

 

カニご飯と心理学

最近カニご飯に感動している猫目石一家でございます。カニご飯なんて、大したことないと思っておりました。でもその思いは、打ち砕かれました。

うちでは缶詰のカニは使いません。いつでもあるわけではないのですが、兵庫県の香住地方の浜でゆでたカニを混ぜ込んで、炊き上げるのです。材料も至ってシンプルで、油揚げ1枚とカニ100g前後、だし汁と酒少々。うちは何事もシンプルなのでこんなもんです。だしは、下記のだし取り職人(味がついているので調味料を足す必要なし)と茅乃舎のだしパックの残り(インスタント味噌汁を作るときにパックを破って作った残り)を放り込みました。

先日もカニご飯を炊き、あまりのおいしさに、普段は食べないほどの量を、年寄りと一匹で、一気に食べてしまいました。残りは義理母の施設訪問の際、お弁当にしてもっていくことにしたのです。市販のお弁当などまずくて〜うちで作った料理が一番です!なんて、決して自慢ではなく、本当にそのように思えるようになってきたのです。

あの日はおでんも仕込みました。施設訪問帰宅後のご飯のためです。ばぁさんは、猫にも食べられるように、いわしのつみれやハモのあげかま、あなごだんごなどなど、金平の好物も放り込んでおりました。

そんなわけで、ご飯作りと掃除で1日が終わり、他になにもしない日でございました。無理に時間に詰め込まなくなったのは、心理学の河合隼雄先生の本に、感化されたところがあります。脳は休ませなければ、クリエイティブなひらめきは得られないとのこと。

 

ものごとは努力によって解決しない by クリスナムルティ

良き言葉でございますね!なにもしないことに全力投球=受け身、防御が最大の攻撃となる。これはさまざまなことに応用できるとは感じるものの、何もしないことは難しい。金平はせっせと毛づくろいをしておりますけど、それも禁止。猫にとっては大変ストレスが溜まることのようです。

しかし、何もしないことも修行の一つであり、駆け引きの胆力となるといいます。金平には毛づくろいの代わりにお風呂に入ってもらいましょう。猫目石一家にとっては、重要な修行の一つになることでしょう。

 

なんだか、カニご飯から心理学の話に発展してしまいました。河合隼雄先生の本は、以前から読ませてもらっておりましたが、マインドフルネス瞑想をしてからというもの、理解が深まったと感じます。猫目石の猫学校時代、必修の心理学は、芸術心理学というご大層なものでした。(わからんが、音楽療法のようなものらしいですな・・・)これが、われわれの脳には受け入れられず、苦痛で苦痛で・・たまりませんでした。椅子に仕方なく座り、おやつをこっそり食べながら居眠りしておるだけでした。当然のことながら、猫教授には目をつけられこっぴどく怒られました。それでもお情けで単位を受け取って、捨て台詞をはいて、逃げ去った経緯をもっております。

この体験により、心理学のみならず、心を分析して雲をつかむような話をされることは、嫌悪感をもっておりましたが・・マインドフルネスは受け入れられました。これは土台にお釈迦さまの教えがあるからでしょう。また、同じ心理学でも河合先生のご本は、どれを読んでも共感できます。しかし、猫教授の本は、何がいいたいのかわかりませんでした。おそらく、猫教授は机上の理論に長けておったのでしょう。これ、われわれには合いませんのでね!!!われわれは、実践の一家なんです。

 

料理においては、食べる瞑想の一つとして捉えております。マインドフルな生活を3ヶ月も続けておりますと、「今 猫目石にとって最も必要なもの 行動しなければならないことは何か」はっきり見えてまいりまして・・・曲作りとHPの整備、義理母見舞いに特化する日々が続いております。

義理母、随分衰えました。先日はおやつの時間に訪れましたが、猫目石ばぁさんが話しかけても、気づきません。トントンと腕を叩いても気づかず・・・周囲のご老人方が、顔を見合わせるほどでした。少し経ってから気づきました。施設入所時の2018年秋には、われわれが訪れると、愛想よく答えておりました。今後は・・・そんなに長く良い状態は続かないと思います。仕方がないことですけれど、残念でございます。

義理母にも、マインドフルな行動で、対処したいと思いますね。マインドフルを意識することによって、義理母亡き後もわれわれはしっかり前を向いて歩んでいけるような気がしてきました。

マインドフルネス3ヶ月後の経過(note)

f:id:mizuki-shiro:20200201013438j:plain

マインドフルネスを始めて、約3ヶ月が経過しました。人生 猫生が以前にも増して、大きく変容しつつあります。

まず、諦めていたアトピーのかゆみがなくなったこと。以前は薬を受け付けず、塗っても塗ってもかゆかった、しつこい奴。最近は薬を忘れるようになりました。約三ヶ月で薬が効くようになり、今は朝のみ、ステロイドホルモンを薄く塗っています。

他にも様々な進展があり、マインドフルな生活をおくれるようになっています。猫目石ばぁさん、60代になってやっと、自分の人生を歩めるようになったようでございますよ。

まず、自分と向き合うことが出発点のようですよ。その上で自己分析していくのが良いです。その結果、好きなことがないとおっしゃられている方、ご自身の幸せに気づいていないやもしれませんぞ。あまりに幸せすぎて、幸せが空気のような存在なものだから、気づかない。で・・・幸せすぎて暇なものだから、他人の動向を気にしたくなる。

結果的に、幸せじゃないなぁということになるんですね。(本当は幸せなんです。)

何もやることがないのは、贅沢の極みです。これほど素晴らしいことはありません。何かをやるとなれば、必ずしんどいことがあります。努力の積み上げなどね。そういうことが面倒な方はやる必要もないと思います。皆が皆、努力努力であれば、堅苦しくてたまりません。いろんな猫がいるから、良いのだと思います。

さて・・・

人生 猫生が変わるということは、健康も大きな要因となります。以前漢方治療を受けていたとき、体質改善は大きなことだと言われました。漢方は免疫力をあげることに、役立ちます。マインドフルネスは漢方と似た効果があると実感しております。健康になれば、自信が湧いてくるようで、話題の新型肺炎についても、気にならずどこ吹く風です。

下記記事、お暇であれば読んでみてください。

 

note.com

 

 

好きなことを仕事にする

f:id:mizuki-shiro:20200119212435j:plain

好きなことを仕事にする  

数年前からはやっている言葉です。否定的にも肯定的にも捉えられていますね?

 

猫目石家では、これと思った、起業に関するメルマガを拝読させてもらっておりますが、あまり役に立たないことが多いですね。しかし、先月あたりから拝読しておるメルマガは、なかなか良いのです。

このメルマガは、50代60代向けの一線を退いた猫さんたちへのもの。一族へのお勤めから足を洗い(退職し)、好きなことを飯のたねにしたいと思うフリーな猫 人のための指南書です。シニア向けではありますが、若猫 若者にも役立つと、ばぁさんが言い張りましたので、一部ご紹介させていただきますね。

 

以下、O氏のメルマガから一部を引用しております。

せっかく起業したとしても、残るのはほんの一握り。それはご自身の思い込みだけで、他猫さん 他人さまに寄り添うことができていないことが多いからです。たとえば、干物屋さんを始めたとします。「こんなにおいしい干物なのだから、猫さんや飼い主さんたちが喜ばないはずはない。」と思い込みが強くなり、お客様のことに目が向かなくなってしまう・・・

これって、干物屋だけではなく、他の職種にも言えることです。音楽などでも同じではないでしょうか?自己の主張だけを、前に前に押し出していったとしても、聴いてくれる方はあまりいないでしょう。ただ、本物の芸術と言われている現代作品のように、ご自身の主張が第一と言えるものは、除外です。本物の芸術を創作することで、経済的な成功につなげようと考えている方は、少ないでしょう。芸術家の皆様は、他に仕事をもっているか、もしくはスポンサーを得て何らかの経済的支援を受けているのでしょうな・・・

それはともかくとして、好きなものが干物だったとしまして、干物の店舗をもつことだけが、お仕事の選択肢ではないのです。

たとえば・・・干物作りを教える教室を開く おいしい干物作りや素敵な干物屋さんを開くためのアドバイザーコンサルタントになる 日本各地、海外にまで足を運び、干物を置いてあるお店の紹介や干物レストラン巡りの感想を書く などなど多くの選択肢があることに気づきましょう。

好きなことを仕事にするには、ご自身の好きなことを、動詞と名詞にわけて考える必要があります。名詞=干物 蕎麦 パン マッサージ 音楽 絵etc  動詞=お店を経営する 書く 教える 売る プロデュースする コンサルティングするetc

自分の好きなモノをどうやって世に出すか、それには自分の得意な方法(好きな行動=やりたいこと)でなければ無理なのです。

 

一例としまして、猫目石のばぁさん。ばぁさんは人と話すことが嫌いです。ですから、教える仕事は向いていないのです。特に、初心者に向けて、懇切丁寧に親しみやすく教えるには、まず人とお話することが得意でなければいけません。この選択肢はとっくの昔に除外しております。ちなみに猫目石家(ばぁさん 金平)は、分析、駆け引きが好きであり、得意技であるのです。

ですから、音楽教室や個人レッスンが世間で良いと言われても、全くお仕事にはならないでしょう。現状の猫目石家は、一般の音楽の仕事には背を向けつつ、新たな仕事を構築するための準備をしております。準備中にこのメルマガを受け取りまして、なかなか良いなと思った次第で、こちらをみてくださる皆様におすそわけいたしました。

多少なりとも、参考にしていただければ幸いでございます。

 

柚子鍋

f:id:mizuki-shiro:20200116000214j:plain

花柚子 

正月料金なのか、あまりに柚子が高くて、ネット販売を利用しつつある、猫目石家でございます。柚子一個が399円だったり、220円だったりしてます。仕方なく220円のを買いましたが、袋を開けてみたらカビが生えてました。売れないのでしょうか?

このスーパーは、以前から3個のうち1個が悪くなっていたり、柚子胡椒にカビが生えていたり、魚もおいしくなく、敬遠しておりましたが・・・一度あることは二度あるのですね?金平とばぁさん、顔を見合わせました。(ネットの口コミでは、お魚が高いけどおいしいとか、明治屋さんと同じような品揃えだとありました。←これ嘘も良いところです。ネットの口コミ、情報はアテにならないことも多いですね。)

今回、初めて花柚子なるものをいただきました。本柚子と違って香りが弱いとネットにありました。でも、宅配便の箱の外側からも、良い香りが漂っておりました。これは、送るその日に収穫されていることにも理由があると思います。お店だと、すごい日数が経っているのではないでしょうか?ちなみに、いちごはお店に並んでいる時点で、2日が経っているようです。

そうだったのか〜

われわれ、ため息をつきました。

この花柚子を使って、柚子鍋なるものを初体験いたしました。感動しました!大した材料ではありませんけれど、柚子が全てを引き立ててくれました。

 

今回は「ホウボウのあらを使った柚子鍋」を作りました。

ホウボウでなくてもよろしいのですが、うちは最近ホウボウのお刺身をいただくことが多くなりまして、余ったアラは冷凍しておいて集めて、スープにしておるのです。もちろん、ダシもとりますけれど、アラが入ることで200%ほどのおいしさになりますね。

花柚子は2〜3個たっぷり使います。材料をぶちこみ、煮上がったら、輪切りにしておいた花柚子を鍋いっぱいに浮かべます。そして、蓋をしてむらします。薬味として柚子の絞り汁も1個分、贅沢に使います。ネギと一味とんがらしも添えて、ポン酢でいただきます。

市販の本柚子は、あまり絞り汁が出ません。でも今回いただいた花柚子は絞り汁が多く出て、しかも柔らかい味がします。鍋に入れた花柚子も、材料の味を柔らかくしてくれております。猫目石家では、いつも和風の鍋では、酒粕を入れておりますが、花柚子とあいまって素晴らしい味になっておりました。

今日は、残っただしに、玉ねぎの残りを入れまして、味噌汁にいたしました。自家製味噌をお椀に入れて、その上にに煮た玉ねぎとだし汁を注ぎます。感動いたしました!!これほどのおいしいものは、うちでなければ味わえないです。しかも、ほとんどお金はかけておりません。アラは無料ですしね。花柚子は宅急便コンパクト一箱分で¥700でした。

今話題のゴーン 一家、焼き鳥がお好きなようですね?行きつけのお店を拝見しましたが、われわれは足を踏み入れることはないと思います。ゴーン一家は、コスト重視だと感じました。量が多いことが第一ではないでしょうか?味は白か黒を良しとする、中間の微妙な味わい=わびさびなどは理解し難いのでしょうな・・・

到底、日本の本心は理解できないでしょう。外国のやり方をそのまま日本にもってくるのは無理です!たとえ話したとしても平行線でしょう。また、育った環境も違います。これ、大きいのですわ!

人、猫、生き物すべては、環境と遺伝によって決まるのです!そういうものは指紋などにも現れるそうですね?

ちょっとしたこと、店の選び方や味、言葉などからも、人 猫のセンスや考え方はわかりますね。金持ちはケチなんですな。ゴーン 一家は本当の金持ちではなく、単なる銭ゲバの成金だと、思っております。自分の金はほぼほぼ出さないのではないでしょうか?他にもたくさんおられますね。堀江氏もそうじゃないでしょうか?まともなことも多少言っておられますが、言葉どおりに受け取らない方が良いと思います。

 

われわれ、柚子鍋をいただいて幸せに浸っております。手作り味噌、よそのご自宅に生えていた花柚子、これらが嬉しい時間を運んでくれました。幸せは、自分の中にあると、断言できるようになりました。人と比較することではありません。猫生 人生から不安がほぼほぼなくなり、なぜか?創作の完成度まで上がってきつつあります。おいしいものも、たくさん作れそう。今後も猫目石一家の創作料理を、気まぐれにアップしていきます。