天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

相互リンクは歓迎いたします!

f:id:mizuki-shiro:20190216173753p:plain

過去に

FBからリンクを張っている方がおられました。解析より、楽曲分析の記事にのみ、リンクを貼っていると判明。楽曲分析もさまざまですが、私の記事は独自の考え方で行っております。収益化を目指して、拡散しようと思って書いているわけではありません。こちらの意図とは違っておりましたので、リンク削除をお願いいたしました。現在私はFBの会員ではなく、今後も会員になるつもりはありません。この意味でもお引き取り願いました。

 

しかし、相互リンクについては歓迎です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

過去の話になりますが、他人の本名を掲示板に書きこむなど(友人の連絡から発覚)迷惑な行為をされている方がおりました。該当者についてはだいたい見えてきております。ご自身は良かれと思ってやっていることでも、こちらにとっては鬱陶しいと感じることがありますので、よくお考えくださいませ。

お互いに気持ちの負担にならない範囲で、楽しみましょう。

 

好きなことを仕事にする

f:id:mizuki-shiro:20200119212435j:plain

好きなことを仕事にする  

数年前からはやっている言葉です。否定的にも肯定的にも捉えられていますね?

 

猫目石家では、これと思った、起業に関するメルマガを拝読させてもらっておりますが、あまり役に立たないことが多いですね。しかし、先月あたりから拝読しておるメルマガは、なかなか良いのです。

このメルマガは、50代60代向けの一線を退いた猫さんたちへのもの。一族へのお勤めから足を洗い(退職し)、好きなことを飯のたねにしたいと思うフリーな猫 人のための指南書です。シニア向けではありますが、若猫 若者にも役立つと、ばぁさんが言い張りましたので、一部ご紹介させていただきますね。

 

以下、O氏のメルマガから一部を引用しております。

せっかく起業したとしても、残るのはほんの一握り。それはご自身の思い込みだけで、他猫さん 他人さまに寄り添うことができていないことが多いからです。たとえば、干物屋さんを始めたとします。「こんなにおいしい干物なのだから、猫さんや飼い主さんたちが喜ばないはずはない。」と思い込みが強くなり、お客様のことに目が向かなくなってしまう・・・

これって、干物屋だけではなく、他の職種にも言えることです。音楽などでも同じではないでしょうか?自己の主張だけを、前に前に押し出していったとしても、聴いてくれる方はあまりいないでしょう。ただ、本物の芸術と言われている現代作品のように、ご自身の主張が第一と言えるものは、除外です。本物の芸術を創作することで、経済的な成功につなげようと考えている方は、少ないでしょう。芸術家の皆様は、他に仕事をもっているか、もしくはスポンサーを得て何らかの経済的支援を受けているのでしょうな・・・

それはともかくとして、好きなものが干物だったとしまして、干物の店舗をもつことだけが、お仕事の選択肢ではないのです。

たとえば・・・干物作りを教える教室を開く おいしい干物作りや素敵な干物屋さんを開くためのアドバイザーコンサルタントになる 日本各地、海外にまで足を運び、干物を置いてあるお店の紹介や干物レストラン巡りの感想を書く などなど多くの選択肢があることに気づきましょう。

好きなことを仕事にするには、ご自身の好きなことを、動詞と名詞にわけて考える必要があります。名詞=干物 蕎麦 パン マッサージ 音楽 絵etc  動詞=お店を経営する 書く 教える 売る プロデュースする コンサルティングするetc

自分の好きなモノをどうやって世に出すか、それには自分の得意な方法(好きな行動=やりたいこと)でなければ無理なのです。

 

一例としまして、猫目石のばぁさん。ばぁさんは人と話すことが嫌いです。ですから、教える仕事は向いていないのです。特に、初心者に向けて、懇切丁寧に親しみやすく教えるには、まず人とお話することが得意でなければいけません。この選択肢はとっくの昔に除外しております。ちなみに猫目石家(ばぁさん 金平)は、分析、駆け引きが好きであり、得意技であるのです。

ですから、音楽教室や個人レッスンが世間で良いと言われても、全くお仕事にはならないでしょう。現状の猫目石家は、一般の音楽の仕事には背を向けつつ、新たな仕事を構築するための準備をしております。準備中にこのメルマガを受け取りまして、なかなか良いなと思った次第で、こちらをみてくださる皆様におすそわけいたしました。

多少なりとも、参考にしていただければ幸いでございます。

 

柚子鍋

f:id:mizuki-shiro:20200116000214j:plain

花柚子 

正月料金なのか、あまりに柚子が高くて、ネット販売を利用しつつある、猫目石家でございます。柚子一個が399円だったり、220円だったりしてます。仕方なく220円のを買いましたが、袋を開けてみたらカビが生えてました。売れないのでしょうか?

このスーパーは、以前から3個のうち1個が悪くなっていたり、柚子胡椒にカビが生えていたり、魚もおいしくなく、敬遠しておりましたが・・・一度あることは二度あるのですね?金平とばぁさん、顔を見合わせました。(ネットの口コミでは、お魚が高いけどおいしいとか、明治屋さんと同じような品揃えだとありました。←これ嘘も良いところです。ネットの口コミ、情報はアテにならないことも多いですね。)

今回、初めて花柚子なるものをいただきました。本柚子と違って香りが弱いとネットにありました。でも、宅配便の箱の外側からも、良い香りが漂っておりました。これは、送るその日に収穫されていることにも理由があると思います。お店だと、すごい日数が経っているのではないでしょうか?ちなみに、いちごはお店に並んでいる時点で、2日が経っているようです。

そうだったのか〜

われわれ、ため息をつきました。

この花柚子を使って、柚子鍋なるものを初体験いたしました。感動しました!大した材料ではありませんけれど、柚子が全てを引き立ててくれました。

 

今回は「ホウボウのあらを使った柚子鍋」を作りました。

ホウボウでなくてもよろしいのですが、うちは最近ホウボウのお刺身をいただくことが多くなりまして、余ったアラは冷凍しておいて集めて、スープにしておるのです。もちろん、ダシもとりますけれど、アラが入ることで200%ほどのおいしさになりますね。

花柚子は2〜3個たっぷり使います。材料をぶちこみ、煮上がったら、輪切りにしておいた花柚子を鍋いっぱいに浮かべます。そして、蓋をしてむらします。薬味として柚子の絞り汁も1個分、贅沢に使います。ネギと一味とんがらしも添えて、ポン酢でいただきます。

市販の本柚子は、あまり絞り汁が出ません。でも今回いただいた花柚子は絞り汁が多く出て、しかも柔らかい味がします。鍋に入れた花柚子も、材料の味を柔らかくしてくれております。猫目石家では、いつも和風の鍋では、酒粕を入れておりますが、花柚子とあいまって素晴らしい味になっておりました。

今日は、残っただしに、玉ねぎの残りを入れまして、味噌汁にいたしました。自家製味噌をお椀に入れて、その上にに煮た玉ねぎとだし汁を注ぎます。感動いたしました!!これほどのおいしいものは、うちでなければ味わえないです。しかも、ほとんどお金はかけておりません。アラは無料ですしね。花柚子は宅急便コンパクト一箱分で¥700でした。

今話題のゴーン 一家、焼き鳥がお好きなようですね?行きつけのお店を拝見しましたが、われわれは足を踏み入れることはないと思います。ゴーン一家は、コスト重視だと感じました。量が多いことが第一ではないでしょうか?味は白か黒を良しとする、中間の微妙な味わい=わびさびなどは理解し難いのでしょうな・・・

到底、日本の本心は理解できないでしょう。外国のやり方をそのまま日本にもってくるのは無理です!たとえ話したとしても平行線でしょう。また、育った環境も違います。これ、大きいのですわ!

人、猫、生き物すべては、環境と遺伝によって決まるのです!そういうものは指紋などにも現れるそうですね?

ちょっとしたこと、店の選び方や味、言葉などからも、人 猫のセンスや考え方はわかりますね。金持ちはケチなんですな。ゴーン 一家は本当の金持ちではなく、単なる銭ゲバの成金だと、思っております。自分の金はほぼほぼ出さないのではないでしょうか?他にもたくさんおられますね。堀江氏もそうじゃないでしょうか?まともなことも多少言っておられますが、言葉どおりに受け取らない方が良いと思います。

 

われわれ、柚子鍋をいただいて幸せに浸っております。手作り味噌、よそのご自宅に生えていた花柚子、これらが嬉しい時間を運んでくれました。幸せは、自分の中にあると、断言できるようになりました。人と比較することではありません。猫生 人生から不安がほぼほぼなくなり、なぜか?創作の完成度まで上がってきつつあります。おいしいものも、たくさん作れそう。今後も猫目石一家の創作料理を、気まぐれにアップしていきます。

 

マインドフルネスを始めて約2ヶ月後(note)

f:id:mizuki-shiro:20200105164937j:plain

こちらと重複する事柄も多いのですが、改めてマインドフルネス二ヶ月後の経過をnoteに記してみました。

 

猫目石一家、時間への認識が変化しました。時間はゆっくり使うべきです。時間の流れを味わうことによって、物事がはかどります。考え方も整理整頓され、同じところをぐるぐる回らなくなります。

 

他にも気づいたことを書きましたので、暇なときにでも目を通してくださればと思っております。

note.com

あけましておめでとうございます

f:id:mizuki-shiro:20200103191134j:plain

猫目石一家を今年もよろしくお願い申し上げまする。

 

現実重視

昨年末に義理母が体調を崩しました。どういうわけか、気管支炎になり、ゴホゴホと咳き込み、微熱が続いている状態でしたが・・・元旦に訪れたときは、だいぶ咳も少なくなり、落ち着いておりました。

義理母の体調は今ひとつでしたが、お約束のおせち料理と手作り味噌汁を元旦に届けました。92歳の高齢にもなりますと咀嚼力が弱っておりますので、柔らかいものだけをピックアップしつつ、器におさめ、味噌汁については一人分の手作り味噌玉に茅乃舎のだしをまぜあわせ、細かく刻んだ水菜などの具にゆずの皮を刻み入れ、まとめました。(こちらにお湯を注げば、インスタント味噌汁の出来上がりです。)

晦日は、猫目石家のごはんの準備、ちょっとした掃除もあり、やらなくてもいいのにばぁさんが突然曲の続きを書き始め、時間がなくなってしまいました。ばぁさんはやらなくてもいいときに限って、曲を進める悪い癖があります。そのせいで、普通のおうちのようなゆったりした大晦日ではありませんでした。

介護をされている方の多くは、年末年始などはないと思います。うちも2017年から介護がはじまっております。本当に落ち着けるのは義理母を見送ってからでございましょうね。寝たきりになりますと、長生きする方が多いようです。安静状態が続くものですから、体力的な衰えが少ないのです。ただ・・・われわれがみていて、義理母は咀嚼力の衰え+言葉がはっきりしない状態が目立ってきております。

それほど長くは生きないと思います。今しかないと感じ、3日にあげず施設を訪れ、咀嚼しやすいものを与えております。マインドフルネスでは「今 ここ」といいますね。マインドフルネスだけではなく、の世界も同じです。

現実重視!!それは介護だけでなく、全てにおいて言えることです。今の自分を良い面、悪い面どちらも受け入れて、現状やるべきことに力を注ぐ。この現実重視が仏教の根底にあると思われます。考えてやるのではなく、無意識にやることが良いのですね。

創作のお披露目〜poco a poco〜

昨年、試験的にiphone一本で自作曲を録音をしてupしました。upのために、暗譜できてしまい、同じ曲を録るにも(長い曲なので)楽になったと思います。

年末tascamのハンディレコーダーを購入いたしましたので、今後はこれで簡易的に録音していきます。パソコンも使いますが、生楽器を気軽に録るにはハンディレコーダーかマイクがあると便利です。どの機種にするか非常に迷いましたが、評判の悪い機種が猫目石一家のお気に入りとなり、買い求めました。

 

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-44WL VER2-J

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-44WL VER2-J

  • 発売日: 2017/06/10
  • メディア: エレクトロニクス
 

楽曲分析 音楽の基礎講座マガジン

スピリチュアル的楽曲分析、最近更新しておりませんでした。こちらも続けますが、多少方法を変えることになるでしょう。われわれがどのように、他人さま 他猫様の曲を参考にしているか?ということで、原曲と自作曲を並べて分析することも加える予定です。

それから・・・

曲を読み解くための基本をnoteのマガジンとしてupします。これは有料記事とさせていただこうと思います。楽典の基礎・・たとえば✖︎(ダブルシャープ)のような、読譜についてもやりますよ。伺ったところ、有名音大生でもダブルシャープの意味がわからない方もいるとか・・

これは、おそらく読譜が重視されていないことに原因があるやもしれません。猫目石一家は古い教育を受けておりますので、譜面から入ることが当たり前だと思っておりましたが・・・昨今は音源重視のようです。新曲は、音源がないと演奏できにくいと伺ったことがあります。ですから、ダブルシャープなど知らなくても音にはなるんですね。

初心者向けでも同様のようです。音を取るためのCDがあって、耳で覚えて形にするのが一般的なのだそうです。今は、マインドフルネスのおかげか、次元の一言で片付けられるようになりました。

次元が違うとどんなに丁寧に教え込んでも、相手方には通じません。これは、曹洞宗の内山老師のお話から学びました。スピ系ではこれをステージなどといっておるのでしょうな・・・

過去の事象からも、納得できることが多々ありました。専門外の別のものに目を向ければ、気づきが深くなります。同時に、学ぶことの大切さを知りました。お堅いことを書いておりますが、本音でございます。

マインドフルピアノ●●●

他には・・・↓の記事に書きましたように、日本のメロディをアレンジしてピアノ&その他でやってみようかと思っております。名付けて、マインドフル ピアノ●●●です。●はこのシリーズを始めてから発表しますわ!

われわれ、マインドフルネスを勉強しまして、瞑想には止と観の2種類があることを知りました。音楽を聴くこと(聞き流すのとは違う)止の瞑想になります。(テーラワーダ教だと、サマタ瞑想と呼ぶものです。)

この止の瞑想をやってから、観の瞑想に入るのが良いとわれわれは思っております。

 

mizuki-shiro.hatenablog.com

 音楽ならなんでもいいわけではないです。歌ものや世俗的な音楽は向いていないと思います。(歌ものでも、ヴォカリーゼは良し。)聴き込むことによって、現実の世界にも良きことが巡ってくると思いますよ。

 

長くなりましたが、2020年の予定を書かせていただきました。