天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

相互リンクは歓迎いたします!

f:id:mizuki-shiro:20190216173753p:plain

過去に

FBからリンクを張っている方がおられました。解析より、楽曲分析の記事にのみ、リンクを貼っていると判明。楽曲分析もさまざまですが、私の記事は独自の考え方で行っております。収益化を目指して、拡散しようと思って書いているわけではありません。こちらの意図とは違っておりましたので、リンク削除をお願いいたしました。現在私はFBの会員ではなく、今後も会員になるつもりはありません。この意味でもお引き取り願いました。

 

しかし、相互リンクについては歓迎です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

過去の話になりますが、他人の本名を掲示板に書きこむなど(友人の連絡から発覚)迷惑な行為をされている方がおりました。該当者についてはだいたい見えてきております。ご自身は良かれと思ってやっていることでも、こちらにとっては鬱陶しいと感じることがありますので、よくお考えくださいませ。

お互いに気持ちの負担にならない範囲で、楽しみましょう。

 

マインドフルネス3年3ヶ月経過

note記事を更新いたしました。

note.com

 

マインドフルネス継続の効果が、目に見えて現れ、継続の大切さを感じております。続けるのはめんどうだけど結果って出るんだねと金平と顔を見合わせてはほくそ笑んでおります。

 

猫目石一家、非常に落ち着いていると思います。不安なく、根底に自信めいたものがあります。これは身体から来ているのだと思います。人間は身体が基本で、これがなければ何も進まないという、簡単なことに気づくのに時間がかかるのですね。

猫族人族、脳みそと身体はつながっておるのです。

 

釈迦の教え(マインドフルネス瞑想)を現実化するには、最低でも3年はかかると思いました。偉そうに書いておりますが、前に一歩でも進むことは嬉しいものです。

 

ところで・・・

よくあることですが。。他族のようにどうしてうまくいかないんだろうと、思う方。他猫の芝生をみては指を加えておる。

 

我を忘れて、他族の他猫他人しかみておらない。考え方の癖なんでしょうが、それは身体の癖でもあるのでしょう。(脳みそと身体はつながっておる)どうして自分はこうなんだろうと、分析できておるならば、身体を見つめてみてはいかがでしょうか?

それには姿勢や呼吸なんです。こんな簡単なことで変わるわけはないぞ!と普通は思われるでしょうね?でもわれわれは実体験しておるので、書いています。

 

姿勢と呼吸を変えるだけで、人生猫性別方向に進みます。うつっぽいと言われている猫族人族をみていると「決まり」っていうか「こうしなければならない」と、別に誰に言われているわけでもないのに、自分で勝手に決め込んでおられるのです。こーいうの思い込みっていうんですね。

 

それを変えれば今日からでも新たな猫生人生に進まれると思っておりますよ。

 

昨年からアップする予定で何度も手直ししていた曲「会議は踊る」連弾版が昨日、やっと完成。遅すぎるのには理由あり。動画のため、絵のことを考えて曲を書いていたからです。この考えを捨て去り、音楽重視にしました。何かを捨てなければ、うまくいかないことは周知の事実。ぼーーっとしていたわれわれ、大切なことを忘れに忘れて首を絞めておりました。

 

今から浄書にかかり、アコースティックピアノでの録音、譜面販売の許可をとり、youtubeアップします。

 

それからサブチャンネルのほうでは、ニーノロータの「ロメオとジュリエッタを即興的に弾きます。最終的には「マインドフルピアノ歳時記」のほうでかっちりとしたピアノソロ版をアップ、譜面にするのですけれど、頭の整理整頓のためにぱらぱらと弾きとばしてみます。

弦楽五重奏版なども良いかと考えております。それは後々の仕事ですね。今はピアノだけですが、近々他の楽器の編曲ものの、譜面も出していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

息抜き 眠る前の呼吸

最近は、猫目石一家としては早寝早起きになりつつあります。習慣化には、3ヶ月はかかるようですが、今のところ2週間続いていますね。夜ふかしやめますと、体調よろしいし、お昼に眠くなりません。自律神経の不調から少しづつ改善されつつあります。

 

加えて夜、横になってからの呼吸法が功を奏しています。これは大きかったです。

  1. 10秒ほどゆっくりと息を吸う。そのときに胸から上で花が開くようにイメージして。
  2. 吸い終わったら1.2秒息をとめる。
  3. 次に自分が大きな風船になり、ゆっくり空気が抜けていく場面をイメージして、12〜15秒ほどかけて、息を吐く。
  4. 吐き終わったら1.2秒息を止める。

 

この繰り返しで、10分間くらいできるとよろしいでしょう。

 

われわれは1.2回やったところで、あくびが出て、眠りこけてしまいます。

眠るためのマインドフルネスとでもいうのでしょうか?効果絶大です。薬をもらって寝るより、ずっと良い。ちなみにばぁさんは、睡眠薬というものは必要なく、体調悪化の時以外は、いつの間にか眠り、6時間ほどするとトイレに行き、また1時間ほど寝るといった習慣が根付いています。

 

そして最近は、息抜きとして去年から再開しはじめた、ウールのクッション作り(棒針編み)をしています。だいぶ前に買った毛糸が余っているので、消費のためもあります。生命の木という図案を借りてきて、生命力をいただければとの神頼み的な意味合いもありますね。

寝るときの枕の下に置くものがほしいこと、昼寝に寝やすいクッションがあればとの思いもありまして・・・息抜きに編んでいるので、1日に1段も進まない日も多くあり、なかなか進みません。

クッション(生命の木の部分)

相当大きなものになりそうです。小さなクッションは使いにくいので。

ちなみに義理母は、残り毛糸を使って、さっとマフラーを作ってくれました。

マフラー(義理母製作)

これは義理母が70代の時に作ったもの。なかなか良きデザインではないでしょうか?

 

2023年は肩の力を抜いて、編曲と自作曲のアップに時間を当てています。現在も着々とすすめていて、昨年まで難航した「会議は踊る」のアレンジも終わりの段階に入っています。とりあえず譜面の販売は10曲を目指して。少ないですが、単に手癖で書きとばしているわけではないので。

 

自作曲に関しては、youtubeではほぼ需要がないことはわかっているのですが、一応アップ。デモデータの位置付けですね。最終的にはきちんと録音する目的があるので・・・そのためのデモと考えています。

 

 

 

新年のご挨拶とお知らせ

 

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします

今年は久しぶりにゆったりした年を迎えられて、自由を満喫しておる猫目石一家です。昨年は今の時期、突然の仕事の疲れや、亡き母の後始末で体力的に相当消耗しておりまして・・・大変でした。今年の猫目石一家は、穏やかで何の苦の種もない状況です。おおいちょうの洞穴でリラックスして過ごせております。

 

昨年末は気温の上下変動が激しかったことに加え、突発的な出来事(今は解決いたしましたが・・・)も起こり、小さな悩み事も頭をもたげてきて(こちらも解決!)猫目石ばぁさんの持病、アトピーIBSなど、自律神経にまつわる病が暴れ回りました!

 

これも今は嘘のように治っておりまする。この小さな悩みというものは、誰でも悩むことではなく、神経質ゆえ起きることなのです。この悩み=歯医者の月1定期検診が億劫なので(電車で30分かかる距離)近所の歯医者に変わるべきか?というもの。ああでもないこうでもないと悩みぬき、結局近隣の先生にみていただくことに決めました。

 

以下、猫目石ばぁさんの思考の経路です。

コロナも蔓延の折、虫歯でもないのに通ってうつったらどうする!

歯科医の先生が電車であちこちに出歩き、しかも外食も多い。もし、先生が無症状でうつっていてこちらに伝染したら困る!

月一回の予約は、前の月の定期検診後に予約のため、ストレスマックスになる。(行けないときに断るのが辛い!)

3ヶ月に一度にしてほしいが、言っても多分却下されそう。

 

普通なら先生に提案してみると思うのですが、ばぁさんは提案の前に悩み抜くんですね。金平には「すっとやめて別のところにいってればわからないよ」と言われまして、結局猫族金平の指図に従うことになりました。

 

このような性格(体質)ゆえ、マインドフルネス瞑想ヨガ(やってませんが)アロマ(勉強する予定です)創作活動(自分と向き合う)クラシック鑑賞(本当に具合の悪いときに治る)は必需となっています。

 

2023年は音楽だけではなく、アロマや食(漫然と食べているだけではなく、体質にあう食を追求)を勉強し、五感をいかした大局的な創作に向かいたいと思います。

 

腸は脳とつながっているので、腸と脳の休息や鍛えは全てにつながっていくような気がしています。そういう意味でも、大局的な創作を進めることはわれわれの活力になるかもしれません。今は手探りの状況ですが、挑戦します。

 

さて、HPを更新いたしました。マインドフルピアノ歳時記のコミュニティについても触れています。よろしければみてくださいね。

 

astro-music.link

 

 

 

 

 

 

 

note記事更新(マインドフルネス経過)

noteを更新いたしました。

note.com

読んでいただければ幸いでございます。

 

前の記事にも書きましたが・・youtube「日常のBackstage」というサブチャンネルを作りました。こちらの演奏は内蔵マイクのみでラフに録音しております。音質は悪いですが、裏舞台ですので・・・あまり完璧にやってもチャンネルタイトルと違ってくるかと思っています。

 

数日前にこのチャンネルに【練習記録】というジャンルを設けました。60代の猫目石ばぁさんが気楽にピアノ練習を楽しんでいるところ、右手は1octをつかむのがぎりぎりいっぱいという小さな手をもつ年寄りが、四苦八苦しながら筋力を鍛えている場面もそのうちご紹介すると思います。

 

小さな手ですが、工夫次第でまともに弾いているように聞こえるから不思議です。オクターブの連続なんかも要領があるんですね。その前に体力をつけることも重要です。

 

少し前に、気温の変動に耐えきれず、体調不良(自律神経不良)となりました。今は元にもどってきてます。年寄りはいつなんどきおかしくなるかわかりませんから、金平ともども夜ふかしから足を洗ってます。早寝早起きすると時間も効率的に使えてよいですね!

 

「小春日和は釣り日和」

 

www.youtube.com

 

 

 

 

母一回忌

 

12/3は義理母の一回忌でした。本日は13日ですので、すでに1年以上も過ぎてしまいました。仕事や雑事に追われ、義理母に執着する余裕もなく、われわれは別の方向へと歩んでおります。

 

ただ、義理両親へ毎日お茶とお供物だけは欠かしておりません。金平も「じぃさんもばぁさんもにぎやかな暮らしが好きだったから、お供物が地味だと喜ばないよ。」というふうな顔をしてます。

 

亡き義理父には冬になれば必ず金柑、秋にはぶどう、そして好んでいたキリン一番搾り、義理母にはみかんかきもちりんご、たまには赤かぶの糠漬けなどをあげております。昨年は、乾燥していたせいか?お供えのみかんの皮だけ、歯形がついたように破れていたことがあり、「ネズミが食べたあとだ」と勘違いした金平が騒ぎました。ばぁさんは、亡き母が意識の存在になったことをアピールしたのではないかと、考えることにしたようです。(普通に考えれば、部屋が乾燥しきっていたからでしょう。)

 

われわれ毎日、義理両親のお供物のお下がりをいただいて、暮らしておるのですが、食欲増進効果といいましょうか?何でもおいしくなるような気がします。

 

ところで・・・

亡くなった人族猫族が夢に現れるなぞと言いますね。猫目石の一家のところにも、それに近いことが数回ありました。亡き母は、存命中から夢にはでてきました。

 

「治療終了の話し合いをするから施設まできてほしい」との連絡が入った2021年4月のとある日。この連絡の前日、猫目石のばぁさんが義理両親の印象的な夢をみたそうでございます。昔の実家で、若くなった義理母が立っており、見たこともないような柔らかな顔で、「にこにこ」と笑っておったということです。義理父は姿は見えないものの声だけで、夢に出演してきたということでした。

 

笑っていた=薬に頼りたくないと伝えたかったのかも、とばぁさんは今でもよく猫友と話をしております。

 

その後、薬をやめたことからどんどんと正気に戻り、しかも若返ったようにみえました。肌のシミも消えました。(施設でyoutube鑑賞をしておる存命中の義理母の写真があるのですが、薬をやめて1週間ほどしか経っていないのに、良い顔に戻っておりました。薬の効果ってすごいものだと、思います。)

 

亡くなってからは、夢の中で2度電話をかけてきたようです。2度ともはつらつとした明るい声で、義理母が夢電話で話したことは現実となっております。

 

さて、一回忌の日、われわれにとっては気合を入れなければとの思いがあり、何かとご縁がありました京都の、「みくらや」さんの和菓子をとりよせました。

 

mikuraya.jp

このお菓子、和菓子の概念が覆されるというか、現代的な和菓子と感じました。甘さも控えめで、且つあずきも高品質で、しかも食感が柔らかく、猫族人族へのご贈答として、どこに出しても恥ずかしくない品と思っております。

 

われわれが感心しましたのは、「美久良かん」という羊羹と「夕ばえ」というもの。羊羹は、酒飲みが最後まで食べ切るのが辛いようなものではなく、いつの間にかさくさくと食べきっておるような、軽い食感です。お菓子ではありますが、野菜感覚でしょうか?

 

夕ばえは、白餡が固められ、少し亀裂がはいっております。そこに焼き色がつけられ、ウイスキーモルトの香りに似ていると思いました。口の中でほろほろとほどけていく感覚は他では味わったこともありません。

 

元々猫目石一家は甘いものは食わないのです。たまにはたべますが、沖縄の黒糖がまぶしてあるかりんとうや、野菜チップス、カカオ90%くらい含有したチョコレートくらいですね。どちらかといえば辛党一族猫目石でも、苦なく食べられる和菓子はすごいものです。

 

亡き義理母は甘党でしたので、頼んでみました。またこの地は義理母にはご縁のある土地でして、一時住んでいたこともあるようでした。>戸籍より お友達もこの和菓子屋さんの近所におられるようでして、未だご存命かどうかはわかりませんが・・・

 

なんだか食べもんの話ばかりになってしまいましたが、われわれの義理両親は食べることが大好きでしたので、このような一回忌も良いかと勝手にばぁさんが決めつけました。