天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

相互リンクは歓迎いたします!

f:id:mizuki-shiro:20190216173753p:plain

過去に

FBからリンクを張っている方がおられました。解析より、楽曲分析の記事にのみ、リンクを貼っていると判明。楽曲分析もさまざまですが、私の記事は独自の考え方で行っております。収益化を目指して、拡散しようと思って書いているわけではありません。こちらの意図とは違っておりましたので、リンク削除をお願いいたしました。現在私はFBの会員ではなく、今後も会員になるつもりはありません。この意味でもお引き取り願いました。

 

しかし、相互リンクについては歓迎です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

過去の話になりますが、他人の本名を掲示板に書きこむなど(友人の連絡から発覚)迷惑な行為をされている方がおりました。該当者についてはだいたい見えてきております。ご自身は良かれと思ってやっていることでも、こちらにとっては鬱陶しいと感じることがありますので、よくお考えくださいませ。

お互いに気持ちの負担にならない範囲で、楽しみましょう。

 

マインドフルネスを始めて1年5ヶ月過ぎ(note)

マインドフルネスを始めて1年と5ヶ月以上過ぎました。下記にその成果を書きましたので、お暇なときにでもお読みくださいませ。

note.com

 

現在の猫目石一家は、youtubeの配信の準備があまりにも大変でしたので、休憩中です。明日あたりからぼつぼつ、ピアノの練習と譜面浄書の続きに入ります。

 

画像や動画の扱いですが、最初は右も左もわからず(動画編集ソフトの使い方も試行錯誤)非常に大変でした。それでも一度やるとコツがつかめてきます。最初は、youtube枠に入るかどうか?きちんと再生されるのか?わからないことだらけで不安の連続でしたが、やってみれば下手ながらも動いているのでよかったと思っております。

 

われわれが使っておりまするのは、フィモーラ 10のmacです。ど素人でもなんとか形にしてくれるソフトでおすすめです。

 

静止画にしても動画にしても編集作業が大変です。しかし、最初にきちんとしたものを作ることが長く続けていく秘訣のようです。収益化といってもいろいろあり、広告収入だけではなく、アフィリエイトや自分の表現活動に関するものの売り上げにつなげたりといろいろあります。結果を出すには日々たゆまぬ努力なのでしょうね。

 

ちなみに猫目石一家は、広告収入なんて全く考えておりません。登録人数も全然期待しておりません・・・最近インスタを始めまして、インスタにもyoutubeと同じファイルを貼っております。こちらのほうは、最初からリピートしてくださる方もおりまして、驚いております。オリジナル曲なのでリピートどころか、誰も聴かないのではないかとタカをくくっておりましたが、違うんですね。毎日聴いてくださっており、感激しております。

 

いちお、インスタのリンク先も貼っておきます。あまり更新できませんが、気が向いたらどうぞ。

https://www.instagram.com/kotokoshiro/

 

youtube 2回目の配信をいたしました

f:id:mizuki-shiro:20210401223014j:plain

 

3月初旬より作業しておりました、「オーフィアス組曲」よりaddictus〜手放す〜のスライドショー編、昨日完成いたしまして、本日の深夜youtubeにアップいたしました。われわれにとっては絵や動画を扱うことは全くの初めてです。ど素人の立場で、なんとか音楽と絵とポエムを連動させることができました。ただやはり素人 素猫ですのでうまくいってない部分も多々あると思います。そのへんは大目にみてください。

 

今後も継続的にアップしていきます。できるだけ質の高いものをと考えておりますので、多少時間はかかると思います。今後は譜面を手直しし、一般に向けて提供いたします。

 

 

下記は「マインドフルピアノ歳時記」チャンネルurlです。よろしくお願いします。

www.youtube.com

大人のピアノ再開

最近は夜ごはんを食べず、朝に回すことが多くなっておる猫目石一家でございます。理由は、創ることに時間をとられて、ごはんを作るのに疲れてしまっていること、疲れて食欲がないことが原因なのでしょうね。ほんとに年寄りになりますと、食欲は減りますね〜

 

それはともかくとして・・

大人になってからピアノを再開されている方々は多いですね。人によっては音大受験を志し、そのためにグランドピアノをローンで買い求め、このピアノを入れる部屋を確保するために、引っ越しまでしておられる方のお話を拝見しました。なんでも、ついておられる先生が、「音大受験にはグランドピアノは必須だから」とおっしゃったことが原因のようです。

私学の音大入学後は(正確には入学前も含めると)、医学部に行くのと同じほどのお金が必要になることも承知の上だったことが驚きです。(最低1000万円+レッスン代や様々な雑費)お金をご自身で用意できれば何の問題もありませんが、定職もなく、しかも猫目石のばぁさんとそれほど年も違わない方が、志すのは危険度が高い行為です。猫目石一家は、全くもっておすすめいたしません。>高齢者の音大受験や、グランドピアノ購入

 

経済という土台がしっかりしていないのに、借金をしてまで高いピアノを買う必要はありません。ピアノの値段が高いから、良い演奏ができるわけではありません。アップライトでも良い演奏はできると、われわれは考えます。趣味でピアノを始めたとしても続くかどうかはわかりませんから、われわれなら中古のアップライトピアノを手始めにお勧めいたします。必要であるならば、グランドピアノが置いてあるピアノスタジオを借りて練習すれば良いと思います。

また、アップライトピアノであっても、指と耳を鍛えることによって、良い演奏はできるようになります。

 

上記にご紹介した極端な例かもしれませんが、似たような方は、多く存在すると思います。このような方は一度、自分を見つめ直す必要がありますね。損をするのは自分か、その周辺の人物です。時期がくれば、ご自身に必要なモノ(楽器や機材)は手に入ります。人生、猫生、望んでも得られない時もあり、人事を尽くして天命を待つほどの努力を重ね諦めたとき、勝手に望むものがやってきます。これは猫目石一家の体験から書いております。

 

さて・・・今の自分の力を知るためには、ピアノをむやみにかき鳴らすだけではなく、音楽の基礎も並行して勉強すると良いと思っております。(独学では難しいです。)何ヶ月かすれば、ご自身の能力、今の立場がどのレベルであるか、少しづつわかってきます。最初のうち、大概の方々は夢を追うあまり、手に合わない難しい曲を弾きたいとおっしゃられます。しかし、そのような曲は人を選びます。今のあなたは選ばれていないやもしれません。

 

この「選ばれし人」であるかどうか、理解できるようになったらしめたもの。よく猫目石一家が書いておる、「道」ができたという暗示であり、かなり大きな進歩であると考えます。

 

音楽そのものの基本を積み上げていくうちに、自分が見えるのでしょう。積み上げによって、技術の上達だけではなく、音楽を通して自分の核心にも触れ、生活態度も変わってまいります。

 

レッスンを続けることに迷っている方、行き詰まっている方、疑問を感じている方、方向転換のための立ち止まりも一考かと思います。そのために当記事が何らかのとっかかりになれば幸いと存じます。

f:id:mizuki-shiro:20210324135104j:plain

 

 

astro-music.link

義理父5回忌

f:id:mizuki-shiro:20210322163147j:plain

猫目石一家の父(金平にとっては義理父)がこの世から姿を消して、4年。5回忌を迎える本日でございます。いまだにわれわれは、義理父の好物であったキリン一番搾りと金柑などは欠かさず供えております。

本日は、線香をあげ、般若心経を金平とばぁさんとであげました。ピタッと息を合わせるのは難しいですので、だいぶ練習しましたよ。お経をあげますと、われわれの気持ちが空になっていくのを感じます。背筋も伸ばしませんと、息も続きませんし、健康には良いのでしょうな。

 

義理父、4年前の今日、誰にも知られず、ひっそりと亡くなっておりました。亡くなる前の晩に、介護をしてもらった義理妹の手を握り「ありがとう」と言ったと、今なんとか生きながらえておる93歳の義理母から、金平が聞いたのだそうです。前の晩から、この世の中から抜け出ていくことを予測していたのだと、われわれは思います。義理父、霊的な部分がありましたのでね。

 

そういえば、義理母もわれわれが施設を訪れると、「ありがとう ありがとう」と言っております。昔はこのようなことは一言も言いませんでした。義理母、すでに治療をしても治る見込みがない状態となっております。寝たきりで人の手を借りなければ、何一つできません。食べるときもむせたりして、うまくいきません。それでもわれわれが行くと、声で覚えておりましてね・・・われわれが作った音楽を持っていっても、「この曲は知っている」とか「これは金平ちゃんが作った曲?」と反応しておりまする。

 

猫目石一家はおそらく、義理両親とご縁が深いのでしょうな・・・彼らを通して歩むべき道や無意識の力を授かり、真実を教えられております。

 

亡き義理父との潜在意識下での対話は続けております。最近、最も印象に残っているのが「白い道を行け。迷いはないっ!」と言われたことです。白い道なんて見たこともありませんので、調べました。

www.otani.ac.jp

 

仏教用語だったのですね。宮沢賢治銀河鉄道の夜を元にして、説明されていますが、素晴らしい。白い道にたどりつくには、七転八倒抜きにはありえないということでしょうか?義理父のアドバイスは、ようやく白い道にたどりついたのだから、まっすぐに進めということだと考えております。他にも色々とアドバイスをもらっておるのですが、書ききれません。

 

潜在意識との対話については、前にもお約束しましたように、近々HPの別記事にしてアップします。できるようになれば、相当な力がつくと思います。よく占いやカウンセリングなどに頼り、高額料金を落としている方がおられますが、そのような必要はなくなります。自分が一番正確であること、信頼できることを確信できるでしょう。他者や他猫に頼っている時点で、間違った方向に進んでいることが、よく理解できるようになります。

 

「誰でもできるようになるのがいいね!へへへっ」>金平

 

なんだか義理父の命日とは関係のないことを書いてしまいました。すみません。