天空の縁側

天空の縁側

作曲家の目を通して、アートや日々の出来事などをあるがままに綴っていきます。

鶴の一声 googleの威力

猫目石の義理母が施設に入ってから、1年以上経過しました。義理母、噛む力が弱くなりつつも、甘いものは好んで食べております。

われわれが何度伝えても改善してもらえないことがあり、数日前に施設本社の窓口に電話いたしました。

「利用者の家族、猫目石と申します。洗面所に食べかすがついたままになっていて(義理母が口をゆすぐため)気持ちが悪いです。われわれが、行ってすぐにアルコール消毒をしつつ、掃除してます。こちらの施設では、洗面所は掃除をしないという決まりでもありますか? 何度か掃除をお願いしたのですが、全く直りません。ケアマネさんにも言いましたところ、『掃除するんですか?』という感じで埒があきません。」

「いいえ、週一で掃除しなければならないという決まりがございますが・・・」

「冷蔵庫の中の食品を勝手に捨てたり、移動させたりされます。前にも冷蔵庫を勝手に開けないようにお願いしました。しかし、全く直りません。賞味期限を気にされているようですけれど、お菓子などは多少切れていても腐りません。利用者の大好物もいつのまにかなくなっておりました。で、冷蔵庫に張り紙をしてまいりました。『冷蔵庫を開けないでください』と」

「OKです。全員に伝わっていないのだから、張り紙が一番ですね!」

「利用者の爪が伸びたままになっています。ノロウイルスの危険もありますので、こちらで勝手に切りました。爪切りはどなたのお仕事なんでしょうか?家族が勝手に切ってもよろしいですか?待っているといつまでたっても、切ってもらえないようです。」

「爪切りは巻き爪など以外は、介護士の仕事です。」

本社の方は、直接施設に伝えるといってくださいました。実は今年初めにも相談した際、ご指導されたようですが、全く改善されておりませんでしたのでお断りいたしました。

 

f:id:mizuki-shiro:20191218224022p:plain

代わりにわれわれはGoogle検索のトップに、口コミ投稿をいたしました。本日施設に伺いましたところ、読まれたのか?本社から通達がいったのか?施設長直々にお話がありました。上記のことは全て改善するとのこと。今月からは掃除スタッフも入るので、ご心配なくということでしたね。

しかし・・・遅すぎやしませんか?

猫目石一家は少ないながらも決められた料金は支払っております。客の立場が理解されておりません。遠方からきて、すぐに掃除をしつつ、義理母の見舞いをするというのは、体力的にも消耗するのです。

前々から言い訳の多い方々だと思っておりました。また、言われた時はやるが、その時だけ。喉もとを過ぎると熱さを忘れてしまうんですね。暖簾に腕押し的人材が多いと感じます!

このようなことを体験しますと、猫目石のばぁさんは、絶対に施設には入りたくないと思うようでございますよ。そのためにもマインドフルネス瞑想を続けて、免疫力アップ、ストレス解消を心がけ、頭脳を鍛えようとしております。

先ほども、「頭脳を鍛えるだけではなく、頭で稼ぎ続けるのだ」と強く言っておりましたよ。

今回、改めてGoogleの力の強さを意識しました。匿名でこそこそと書いていてもなんの効果もありませんが、検索トップの実名口コミ投稿は、大通りの看板のようなもので、影響力が大きいのだと思いました。多くの方が目にするところに、事実を記す。これが最も効果的なのです。何度言っても修正されなかったことが、鶴の一声 googleの一筆で対処されつつあります。同じ人間のやることですし、ましてや人間は不完全なものですから、諦める必要もあるのやもしれません。しかし、金をとっておるのですから、その辺の意識をしっかりしてほしいものですな・・・

いずれにしましても、プロ意識の欠如。雇われている人たちの感覚は自営猫業者とは違います・・・今後の対処の仕方、今回のことでヒントを得たと思います。